SCP-1689-JP
rating: +53+x
blank.png
icecream.jpg

SCP-1689-JP

アイテム番号: SCP-1689-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1689-JPの収容は、その自然消滅性および膨大な質量により無期限に見送られています。

SCP-1689-JPの出現が観測された場合、付近74.08km(40海里)圏内を飛行する航空機は、直近の航空管制設備を有する財団施設によって監視されます。航空機の針路からSCP-1689-JPとの接触が予想される場合、カバーストーリー「乱気流の発生」または「非公開軍事演習」を適用し、当該機を安全圏へ誘導してください。

SCP-1689-JPへの着陸・接触は、サンプル採取の目的に限り許可されます。SCP-1689-JP研究チームには、SCP-1689-JPに対するレベルⅤ精密観測が許可されています。観測により得られた出現-消滅プロセスに関する全データは、研究主任の許可を受けた全職員に対して開示され、精査されるようにしてください。

説明: SCP-1689-JPは、後述する異常性を保持した積乱雲です。通常の積乱雲と同様、SCP-1689-JPは不定な地域の上空に、主に夏季の晴天時など、気温の高い気象条件下で出現します。外見上の異常性は保持しておらず、周囲に与える影響も通常の積乱雲と相違ありません。

SCP-1689-JPの異常性は、通常の雲と同様のふるまいを見せるにも関わらず、その全てが密度の高い氷粒と脂質の混合物から構成されていることです。この混合物には多量の糖分が含まれており、一般的なソフトクリームと同一であることが確認されています。これらの膨大な密度/質量から予想される物理的振る舞いに反し、SCP-1689-JPは常に未知の力により浮遊し、落下や溶解等の事象を経ることなく、安定的に大気中に滞留します。一方、接触および採取は問題なく行うことができ、SCP-1689-JPを通常のソフトクリームと同様に摂食することが可能です1

SCP-1689-JPの出現は不定期かつ突発的です。典型的には、SCP-1689-JPは通常の積乱雲の発生圏である高度5~16kmより上空、高度30km程度の領域に突如出現します。出現後、SCP-1689-JPは地上に向け降下し、通常の積乱雲の発生圏にて押し付けられるような形で静止します。この出現は、当該地域の気温が高いほど発生しやすい傾向が確認されています。

SCP-1689-JPには自然消滅性があり、出現からおよそ30分以内に自発的に消滅します。消滅過程は[編集済み]。この性質により、SCP-1689-JPの存在は容易に秘匿可能です。


補遺: 以下には未確定な情報・仮説が含まれています。これらは研究途上のため、閲覧はSCP-1689-JP研究チーム所属者または3/1689-JPクリアランス保有者に限られます。

職員コード
パスワード
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。