SCP-1693
rating: +8+x
572px-PET_Alzheimer.jpg

初期収容プロトコルが確立される以前の、D-10302のPETスキャン。

アイテム番号: SCP-1693

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1693に感染したDクラス職員、総称してSCP-1693-1の5個体から成る安定した集団を、文書SCP-1693-HCUS-Aに記載されている仕様に従って改良したセクター-25の標準的ヒト型生物収容ユニットに維持します。

財団職員および/または民間人が、確証されたSCP-1693-1個体、またはSCP-1693-1個体と疑われる人物の発声やその記録に曝露する事態は許容されません。“発声の記録”には、物理的な転写やデジタル音声の可視化映像などの音声に依らない手段も含まれます。収容の維持に必要とされる域を超えたSCP-1693やSCP-1693-1個体の実験・観察は、現時点では全て却下され、そのような試みは収容違反であると見做されます。

SCP-1693-1個体の補充が必要になった場合のみ、Dクラス職員をSCP-1693、SCP-1693-1個体、またはその発声に曝露させます。

SCP-1693-HCUS-Aは、要約すると、FAV分類レベル15の防音設備を含むように改良されたヒト型生物収容ユニットを定義します。収容ユニットの内部や周囲に音声・映像監視機器は設置されません。収容されているSCP-1693-1個体の健康状態を監視するため、ミリ波を用いた遠隔バイオメトリック監視機器が維持されます。防音対策を講じた前室を各収容ユニットの入口に設けます。各収容ユニットとの消耗品配達/廃棄物回収は自動化されたシステムを介して実行されます。収容ユニット内への立ち入りが必要な点検の際には、まず最初に収容されているSCP-1693-1個体の移送/終了を行う必要があります。

SCP-1693-1個体になる割当のDクラス職員は、既存のSCP-1693-1個体がいる収容ユニットの前室に入場させられた後、遠隔操作を介して、文書SCP-1693-D-A1のハードコピーまたは合成音声(Dクラス職員の識字能力レベルに準ずる)を提供されます。SCP-1693-1個体の補充に関する具体的なプロセスの詳細は、文書SCP-1693-HCUS-Aに記載されています。

文書SCP-1693-D-A1は、SCP-1693-1個体になる割当のDクラス職員以外には、如何なる人物にも閲覧されるべきではありません。これらの状況以外で起きた文書SCP-1693-D-A1への曝露は収容違反と見做されます。

収容違反が発生した場合、影響を受けた全てのSCP-1693-1個体と、曝露した疑いがある全ての財団職員および/または民間人が終了されます。

説明: SCP-1693は聴覚を介して感染するアルツハイマー病です。感染の物理的な性質は現在不明です。非言語コミュニケーションなどの他の感染媒介が存在する可能性は現在不明です。予防接種や治療法として記憶処理が有効かは不明です。潜伏期間は不明ですが、最初の曝露から3~5分程度と仮定されています。

文書SCP-1693-D-A1の内容は不明であり、感染媒介物の可能性があると見做されています。

SCP-1693の初期収容と現在の収容プロトコルの確立に関する情報は、19██年のSCP-████収容違反と、その後のデータベース情報破損およびハードコピー破壊によって失われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。