SCP-1699-JP
rating: +141+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1699-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1699-JPはサイト-81██の標準収容ロッカー内で保管されます。SCP-1699-JPの異常性により昏睡状態にある人間はサイト-81██の収容室に収容し、脳波のモニタリングを行ってください。

SCP-1699-JP

発見当時のSCP-1699-JP。

説明: SCP-1699-JPは一般的な卒業証書用丸筒と同外見を有する円筒です。SCP-1699-JPの蓋は接着されていますが、一部の人間が開封することができることが明らかとなっています。開封可能な人物の条件としては、仕事や活動の停止を考えていることが現在有力視されています。

SCP-1699-JPの蓋を外すと内部から砂が噴出し床に散乱します。放出された砂は石英砂や珪砂などの一般的な海砂の成分と一致しているとみられますが、後述の異常性から詳細な分析は未だ未実施です。散乱した砂は床上で自律行動を行い、結果として複数個の砂絵が連続して形成されます。砂絵の特徴として、SCP-1699-JPの開封者 (以降対象) のこれまでの仕事や活動において対象が活躍した場面や評価を受けた場面が描き出される傾向にあります。砂絵の形成が終了すると噴出された砂は全てSCP-1699-JP内部に吸い込まれ、全て回収されたと同時にSCP-1699-JPの蓋が接着されます。

砂の回収の終了と同時に、対象は昏睡状態に陥ります。昏睡状態の対象は栄養の摂取や運動を行わないにも関わらず生理機能が正常に作用しており、体重の増減や加齢が観測されます。また脳波検査から、対象は絶えず夢を見ていることが示唆されています。対象の約7割は昏睡状態から覚醒することなく死亡しますが、残り3割の対象は一定期間後覚醒します。覚醒までの時間は個人差があり、現在確認されている中では最短で2日、最長で12年8ヶ月です。

対象は覚醒後、対象が停止しようと考えていた仕事や活動に対して意欲的な態度を見せる傾向があります。また対象は昏睡中の夢に対する明確な記憶を保持しています。多少の差異はあるものの、対象が見る夢は、対象が停止しようと考えていた仕事や活動を対象が行っていない世界におり仕事や活動を再開しようとしたときに覚醒した、という内容です。

発見経緯: SCP-1699-JPは、要注意団体「Are We Cool Yet?」のメンバーである PoI-201 ("ヨルク・ザンケッタ") の自宅への突入調査時に発見されました。PoI-201はオブジェクトの影響を受けた昏睡状態で発見され、サイト-81██の収容室に護送されました。また、SCP-1699-JPの付近にはオブジェクトの製作者によって書かれたとみられるPoI-201宛の手紙が発見されています。

補遺: 20██/██/██、PoI-201が覚醒しました。昏睡期間は約5年間です。PoI-201は覚醒後、大きな混乱もなく状況を把握し、引き続きサイト-81██での収容指示に従っています。以下は覚醒翌日のPoI-201に対するインタビューです。

補遺2: インタビューの5日後である20██/██/██、PoI-201が収容されているサイト-81██内の壁面に、バラやアヤメに類似した花に頭部が置換された鳥を模した絵が8箇所に突如として出現しました。後の検査により、絵はPoI-201のDNAに一致する血によって描かれていることが明らかとなっています。鳥の絵は出現後成人男性が泣き叫ぶような音を発し、その際周囲5 m以内にいた██名の職員は腸内にニワトリ (Gallus gallus domesticus) のタマゴが出現し重傷を負いました。

このインシデントと同時に、要注意団体「Are We Cool Yet?」の一グループである、PoI-900 (コードネーム: アリ) を中心とする集団がサイト-81██を襲撃しました。両インシデントの混乱に乗じてPoI-201は脱走し、未だ行方は掴めていません。彼の収容房の壁には血液を用いて「Somehow I am cool yet.」と書き残されていました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。