SCP-1707
rating: +8+x

アイテム番号: SCP-1707

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1707の各コロニーは、バイオセーフティーレベル3の条件下で監視付き収容室に保管します。家畜の豚(Sus domesticus)を宿主とする成熟し安定したコロニーを、最低2つ常時保持してください。また、実験用に最低1つのコロニーを維持してください。上級研究員とサイト管理者の承認無しに、人間をSCP-1707コロニーの宿主として使用することはできません。

宿主のいないコロニーの収容違反が発生した場合、生物脅威再収容担当チームを除く全ての人員はその地域から避難してください。担当チームはコロニーを収容室内に誘い込むため、適切な宿主生物を使用します。寄生しているコロニーの収容違反が発生した場合、宿主種に対する標準プロトコルが適用されます。

いかなる場合においても、上級研究員の明確な書面による承認なしにSCP-1707コロニーを終了させることはできません。

説明: SCP-1707は、SCP-1707-Aと呼ばれる様々な環系動物および寄生蠕虫に似た多数の生物からなる一種の集団生物です。具体的に、SCP-1707-Aの標本はすべて長さが5〜30mmで、特徴的な口器を有します(添付画像参照)1

SCP-1707は、分離すると厚さ約4〜5cmの平らな塊を形成します。この状態のコロニーは、適切な宿主を発見するまで動かず、宿主が見つかると標的に向かって最大0.5mm/秒で移動を開始します2SCP-1707コロニーは、常に知能の高い標的を好みます。これらのメカニズムを解明するための研究は、現在進行中です。

SCP-1707-Aは、宿主の表皮に接触した最初の数匹が口器から速効性の麻痺薬を投与します3SCP-1707-Aは表皮組織を探し出して食い破り、その後宿主の真皮層に定着します。残りのコロニーもこれに続き、標的の表皮層全体が密集したSCP-1707に置き換えられるまで、毎秒約20平方センチメートルの皮膚を消費し続けます。このプロセスはコロニーが付着していない部分を破壊することでのみ中断されます。

SCP-1707は宿主に定着すると異常な副次的効果を示すことはありません。宿主にとって、栄養必要量の増加および経皮感染の可能性が上昇するといった副次的な身体的影響は予想通りに現れます。これらの要因によって、宿主の寿命が比較的短くなる傾向があります。しかし、寄生したSCP-1707コロニーは、管理された環境下において長期間にわたって健康な状態を維持することが可能です。

宿主が死亡するとSCP-1707は生殖期に入り、死体の軟部組織を急速に消費します。この段階で、SCP-1707-Aの個体は、非常に速いスピードではあるものの、類似する既知の種と同様の方法で繁殖します。この過程でコロニーのおよそ3倍の大きさになります。したがって、次の世代はより大きな宿主生物に寄生することが可能となります。

記録の時点で数例の寄生状態が維持されています:

SCP-1707-0およびSCP-1707-1: 家畜豚 2匹
SCP-1707-2: オジロジカ 1頭
SCP-1707-3: ケープバッファロー 1頭
SCP-1707-4: ノルウェーラット 1匹
SCP-1707-5: 人間 1人、元エージェント ████ █████、SCP-1707初期発見時の収容の際に感染
SCP-1707-6-xxiv: 人間 1人、Dクラス、収容後に感染

SCP-1707による感染を治療または緩和する方法は発見されていません。強制的に除去しようとすると、医療処置をしても5時間以内に宿主が死亡します。その理由は現在も研究中です4

注記: 人間の宿主に対してSCP-1707による心理的影響が認められる場合、未承認の終了を行う事態にならないよう、宿主を継続的に監視してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。