SCP-1715-JP
評価: +29+x
blank.png
アイテム番号: SCP-1715-JP Level 4/SITRA ACHRA
オブジェクトクラス: Thaumiel Classified

Engine

SCP-1715-JP機関部建造中の監視カメラ映像。


特別収容プロトコル: 現在建造中のSCP-1715-JP-11、12はサイト-J81の第一から第二工房に直接保管し、既に建造が完了したSCP-1715-JPはキティラ協定に基づき、壊れた神の教会1(GoI-004)と共同でG301サイト群に保管されます。SCP-1715-JPは壊れた神の教会技術者主導の下、2日毎にメンテナンスを行ってください。また、イベント・エラ発生時までギリシャ支部の主要な海洋監視資産をG301サイト群防衛に割り当て、他の海洋オブジェクトには予備海洋監視資産を動員してください。

説明: SCP-1715-JPは全長190m・重量約1800tのオートマトンです。SCP-1715-JPの大半が未知の合金で構成されており、古代メカニトの使用した装甲材といくつかの類似した点を持つ配合がなされています。また、壊れた神の教会の主要な宗派のシンボルが刻印されており、それぞれ肩部・胴体部前面:壊れたる教会 使用されている部品:歯車仕掛正教 頭部:マクスウェリズム教会 です。
SCP-1715-JPの肢体は歯車仕掛け・蒸気圧パイプ及び電子回路によって制御されており、その質量にも関わらず正常に稼働します。また、動力炉にはSCP-882の大部品を利用した蒸気機関が使用されています。

SCP-1715-JPには軸の異なる腕部が3対接続されており、それぞれが個別のオペレーターによって操作されます。個々の機能については別紙を参照してください。

SCP-1715-JP胴体内部にはスタジオ理論2によって拡張された、2km2の空間が存在します。内部はシトラ=アキュラ3-壊れた神の教会合同で使用される居住区、格納庫、動力炉等で区分けされています。背部付近格納庫にはSCP-24064を復元したオートマトン5を複数機配備し、即座の展開が可能です。一部の駆動部品にSCP-882の構成部品が使用されているため、居住区・格納庫区画の壁面には厚さ1mの防音壁材が使用されています。また、SCP-1715-JPは現時点で10機が収容されており、1番機にはシトラ=アキュラ合同臨時司令部が設置されています。

腹部格納庫には「鎚」と呼ばれる、指向した方向へ約120Hmの現実性を放射する装置6が格納されており、使用の際は第二腕部で照準を固定します。暴発や事故による周囲の現実崩壊を防ぐため、使用許可が下りるまで現実歪曲装置への回路は遮断されます。

SCP-1715-JPに搭載される詳細な人員・設備・通常/超常兵器群については各SCP-1715-JPの資料を参照してください。

SCP-1715-JPは後述するイベント・エラによるHKクラス-神的征服シナリオを阻止するために、シトラ=アキュラ合同司令部と壊れた神の教会の協力の下開発・建造されました。


経緯: 2013年、シトラ=アキュラ合同司令部が複数のサーキック・カルトに関連するオブジェクトの前例に無い異常な変動を感知しました。いくつかの例を下に抜き出します。

オブジェクト名 変動内容及び対応
SCP-6107 バイカル湖付近に収容されている610実体群の数が異常な増加を示し、収容線を突破。直後に壊れた神の教会構成員が出現し、突破した610実体群を撃滅。収容状態は回復されました。当該インシデント後、610実体封じ込め区域の戦力を増加しました。
SCP-10328 データが削除された状態であったSCP-1032-17の情報が公開される。内容は「アディトゥム9の帰還」
SCP-209510 死亡個体を収容しており、最近になって発見された生存個体の収容作戦が計画されていましたが、生存個体周辺に少なくとも3のカルキストと1000を超えるその他サーカイトが集結しており、収容作戦は一時中断されました。
SCP-213311 SCP-2133-2個体の転生サイクルが不規則なものになり、一日のほとんどを教会内で消費するようになりました。また、転生サイクル直後にSCP-2133-2個体への3度目のインタビューに成功しました。詳細は下記のインタビュー記録を参照してください。

これに加え、サーキック・カルト13に関連すると思われる未知のオブジェクトの発見報告が相次ぎました。一連のインシデントから、"崇高なるカルキスト・イオン"14によるHKクラス-神的征服シナリオが予見され、シトラ=アキュラの予算及び人材の追加要請が許可されました。これに伴い当該プロジェクトのセキュリティクリアランスはレベル4から5へ引き上げられました。また、"崇高なるカルキスト・イオン"の顕現及びそれに伴って発生する副次的な災害はイベント・エラと命名されました。詳細はイベント・エラを参照してください。


イベント・エラ


本イベントの定義は"崇高なるカルキスト・イオン"及びそれに付随すると予想されるSK-BIO実体に加え、神格もしくは神格に準ずると考えられているアルコーンの顕現によるHKクラス-神的征服シナリオの発生です。
本イベントは作成時点では"崇高なるカルキスト・イオン"及びSK-BIO実体の顕現のみと定義されていました。しかし、後述のインシデントによりアルコーンの存在が示唆された為、再定義されました。

2013年2月3日、SCP-1302-JP15の15番ゴンドラが開放されました。監視していたサイトより近隣サイトに通報され、即応部隊が出動しました。下記のインシデント記録を参照してください。

当該インシデントで出現した実体は現在も捜索中です。

上記のインシデント記録に於いて出現した神性を保持する実体をサーキック・カルト内の信仰対象である悪性の神格実体アルコーンであると仮定。また、当該インシデントの前後にサーキック・カルトに関連する変動が確認されていた事から、正式に定義されました。しかし、SCP-1302-JPにサーキック・カルトに関連する経歴は確認されていなかった事から調査チームが組織され、現在も調査中です。

アルコーンの顕現によりHK-クラス神的征服シナリオの発生が確実視されました。本イベント改定後、プロトコル・ポテーリオンが計画されました。また、日本列島に於けるサーキック・カルトに関連したオブジェクトの活動が増加すると予想され、直ちに対策班が組織されました。対策班の活動等に関しては別紙を参照してください。

2014年、壊れた神の教会により一時的な共同措置が提案され、三頭政治16=壊れた神の教会間で臨時協定が締結されました。締結後、シトラ=アキュラ合同司令部=壊れた神の教会間で正式にキティラ協定が締結され、イベント・エラに対処する計画が立案されました。詳細はプロトコル・ポテーリオンを参照してください。


プロトコル・ポテーリオン


本プロトコルは2014年から発動され、2019年現在も進行中です。

本プロトコルは出現する実体がサーキック・カルト資料に於ける"崇高なるカルキスト・イオン"と同等またはこれを上回る能力を保持しているものと仮定し、これに随伴して発生すると考えられるSK-BIO群、既に存在が確認されているアルコーン、前哨基地となると予想される異常都市"アディトゥム"の対処(以降、これらをイベント・エラと呼称)を最終目的として策定されました。

本プロトコルはGoI-004が保管している"肉の大戦"と称される大規模軍事衝突の記録を元にした、SK-BIO実体に有効と思われる兵器の再現及びそれらを用いた兵器(当該機体はAPA-00417と呼称されます)の開発から開始されました。以下の資料は開発過程に関わる使用オブジェクト選定会議の概略です。AAA-004開発会議録-3

SCP-1715-JPは5年に渡る開発の最終試験を通過し、シトラ=アキュラ構成組織の工学関連機関と多数のオートマトン設計に携わってきたGoI-004構成員の協力の下、着工されました。2019年現在、10機の建造が完了しており、建造中の2機もイベント・エラ発生時には竣工が見込まれています。

上記のAAA-004建造に並行して、三頭政治制御の下、一般社会に緩やかな異常の認知を促すプロジェクト・アンニュイが進行中であり、イベント・エラ発生時にオブジェクトやGoIによる一般人の避難活動を円滑にできると考えられています。また、連絡が可能なGoI・sGoIとの臨時協定も結ばれつつあり、GoI・sGoIとの臨時協定締結数が250を満たした場合、O5評議会よりイベント・エラ発生に備えた世界規模の異常組織による全球超常同盟の設立が提唱される予定です。更に、臨時協定を締結したGoI・sGoIに情報を共有し、サーキック・カルトに関連する物品の破壊や無力化を促しています。進行度については各地域の主要な超常新聞社で掲載される予定です。
2019/8/20現在のプロジェクト・アンニュイ進行率は68%であり、217のGoI・sGoIと臨時協定が締結されています。

以下はSCP-1715-JP竣工式でのロバート・ブマロの祝辞書き起こしです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。