SCP-1718
rating: +3+x

アイテム番号: SCP-1718

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 実験収容ユニット6852(以下ECU-6852)には収容違反防止の必要性から追加電源および冷却材が提供される予定です。2MWのECU-6852専用発電プラントが施設内に現在建設中で、今後10年間は不足しないと予測されています。

ECU-6852は、コア、ジャイロスコープ、水槽、そして上部構造の4つの要素から構成されています。

コアの中心部はアルミニウム-████████████合金製、厚さ12mm、半径1.63mの継ぎ目のない球状の殻です。この殻は、ロボット機材の周囲に遠心鋳造されました。機材は焼鈍および内部表面の反射率2017GLU1までの研磨を行った後、[データ編集済]により自己処分しました。機材はまた、内部気圧を0.5pPaまで減少させました。これは外気圧下におけるアルミニウム殻の収縮から間接的に計算されたものです。合金殻は各々が厚さ1原子分の同心のグラフェン殻654枚からなる緩衝材に囲まれています。この構造においては、現在製造されている物質のうち最も高い引張強度をもたらし、同時にジャイロスコープとは無関係に最奥の球体が静止し続ける、あるいは任意の軸、任意の速度で動作することを可能にする完璧な回転軸受として動作します。

コアはジャイロスコープの内部にあります。ジャイロスコープは厚さ2cm、重さ60.5kgの鏡面研磨された石英ガラス殻をもちます、これはふたつの半球からなり、内部表面を7nmのニオブで鍍金されています。ジャイロは1.95Kの超流動ヘリウム4水槽に流体力学的に浮遊し、地表との平行平面で回転しています2。この温度ではニオブは超伝導であり、回転させることで磁場が発生します。

水槽は、ジャイロの加減速用の███████マグネティックドライブ("マグドライブ")が付属した劣化ウラン製円筒型デュワー、独立した断熱貯水槽、配管、計器類、および2.5MLの冷却材全体を循環させるための制御装置からなる上部構造内に設置され循環をおこなっています。権限をもつ職員は文書ECU-6852S、2-4巻で完全な回路図を閲覧することができます。

説明: SCP-1718は収容科学の限界を探るためにECRG7によって実施されていたプロジェクトの間に発生したエネルギー異常です。

水槽が超流動になると、マグドライブが24時間にわたり150,000rpmを目標としたジャイロの加速に使用されました。このプロセスは予測より57分早く完了しましたが、それ以外に問題はありません。冷却材の温度は安全マージンを与えるために更に1.6Kまで下げられました。この回転速度において、相対論的効果がニオブ殻の反対点間に起こる動的カシミール効果8の特殊例を引き起こし、設計通りコアに[データ編集済]を照射することで収容プロトコルを完了します。電力、温度、およびジャイロスコープの安定性においてほとんどの計器の測定上限に近いか超過し、少なくとも設計公差より2桁大きいことが計測により実証されました。

2月1日に無関係の認識災害イベントが発生し、アンドリュース博士はやむを得ずクラスBの記憶処理を施されました。彼はプロジェクト6852のすべての知識を含む5年間の記憶の喪失を余儀なくされました。すぐにプロジェクトの考証への再専念と彼の部下による再教育がなされましたが、彼は彼が以前に開発した科学および工学技術についての特有の技能を取り戻すことができず、それどころか収容システムの設計に関する幾つかのキーコンポーネントの妥当性に対し深刻な疑義を呈しました。

本来のプロジェクト計画では、ECUは90日間のバーンイン9が予定されていました。研究チームが主要研究員両名を事実上失ったという事実に鑑み、収容実験は成功扱いとされ、35日間の通常運転のみでの早期(2月8日)のデバイスの機能停止が開始されました。計画では5日間かけて1.6Kの定温で0.3rpmへ減速することが求められ、その後4ヶ月で77Kへ上昇させたのち、コアが取り出されて負荷および破砕不良の検査が行われることになっていました。

マグドライブが反転して7時間後も、ジャイロに著しい減速は検出できませんでした。回転を監視するSQUID10の診断テストでキャリブレーションドリフトが発生していることが判明し、ジャイロが予想より遥かに速く回転している可能性があると示唆されました。

記憶処理後の最初の見解では、アンドリュース博士は元の設計解析では無視されていたコリオリ効果が無摩擦のジャイロを1ヶ月以上自由に加速していたと理論付けていました。しかしながら、これが基礎物理学を正しく適用したものなのかに関して研究助手たちの間で相当な意見の相違がありました。もし正しいならば、ジャイロの表面上の点は計算上0.1cに近い速度をもっていたことになります。O5研究小委員会の指示により、マグドライブの出力が回転を遅くするために最終的に100倍まで引き上げられました。減速を続けて55時間後、リキャリブレーションされたSQUIDは回転速度が352,000rpmを下回ったのを検知することができました。

17時間後、回転速度が153,000rpm(当初の設計速度に近い)まで低下した際に、不測かつ原因不明の4He水槽への熱の流入が検知されました。自動システムが目的通りに補填を行ったことで、総消費電力(マグドライブを除く)が13.74kWから14.15kWに増加し、一切の温度上昇を防いでいます。マグドライブの出力がただちに元の計画の水準に下げられました。次の1時間にかけて、マグドライブがジャイロスコープを本来の目標回転数をわずかに上回る152,000rpmまで減速させた際に、電力消費は14.89kWに上昇しました。小さいながら、1.15kWの消費電力の差はコア内部では理論上TNT換算で1キロトンを超える持続的爆発力に相当します。

収容違反のリスクなしにさらなる研究を可能にするために、十分な注意のうえでマグドライブは回転数を152,000rpmで安定し続けるよう調整されました。これ以来、安定化に必要な電力は一日あたり約500W増加し続けています。

設計理論が正しければ、消費電力の現在の水準はコア内部が0.7メガトンの連続爆発力に相当する力あるいは温度であることを意味します。

補遺A:

ECRG提案6987『1/10スケール ECU-6852 研究モデル』が追加されています。アンドリュース、スメンク両博士が主要研究員です。

補遺B:

これをもって提案6987は却下された。プロトタイプに関しては、財団は最善を尽くすつもりだ。すなわち、ECU-6852はこれをもってSCP-1718に指定される。では諸君、次の議題に移ろう。

- O5研究小委員会

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。