SCP-1733
rating: +119+x

アイテム番号: SCP-1733

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1733を記録したDVRは、サイト██の安全なビデオ保管庫に保存されています。研究目的以外でのSCP-1733の再生は禁止されています。SCP-1733の研究の際は、ゲーラ―博士に必ず許可を申請してください。

説明: SCP-1733は、2010年10月26日に、マサチューセッツ州ボストンにあるTDガーデンにて行われた、ボストン・セルティックスとマイアミ・ヒートのNBA2010-2011シーズン開幕戦のデジタル録画です。元々の放送においては存在しなかったはずの、レイ・アランとクリス・ボッシュの間に起きた第三クォーターのテクニカルファールについての不満を、ボストンの住民█████ ██████がフェイスブックのスレッドに10月27日に書き込んだ時、ソーシャルネットワークサイトを監視していたエージェントはSCP-1733の持つ異常な性質に注意を引かれました。この時、█████ ██████は自身の中傷によって起こった混乱に対し、録画中の関連する部分をアップロードしました。フェイスブックのモデレーターチームに潜伏していた財団のエージェントは、該当スレッドを削除するとともに、当時チャット上にいた者全員のIPアドレスを入手し、居住場所を特定してAクラス記憶処理を施しました。SCP-1733の記録媒体であるモトローラ製DVRは研究のため回収されました。

当該録画の調査によって、録画の異常な特性が明らかになりました。オリジナル放送とのずれは最初は微々たるもの(クォーター毎の得点合計やファールの状況など)ですが、SCP-1733は次第に以前の再生から著しく逸脱し始めます。録画中の実体は以前の再生の記憶を保持しており、このために以前の再生が現実のものであったことを急速に認識し始めました。再生はSCP-1733に存在する実体たちに定量化できない認識手段を与え、連続した再生により以前の再生中の出来事を彼らにより強く想起させているものと仮定されています。この効果は累積的で、またアリーナ内にいる全ての人に効果があります。解説のマイクとトミーが著しい既視感について発言したことにより、彼らは以前の再生に対して直観像記憶に近い記憶を持つに至りました。しかしながら、留意すべき点として、SCP-1733内の実体が視聴者に直接話しかけたことはなく、また彼ら自身がデジタル録画内の存在であることへの認識を示したこともありません。

録画中の個々人は、コート上の癖や振る舞い、才能などの点で、現実の彼らと事実上区別できません。観衆の中のファンたちもまた、あらゆる点で本物の人間であるように見えます。彼らの現在を財団は調査しましたが、特筆すべき点は一切見られませんでした。如何なる点を鑑みても、録画中の実体は、何らかの方法によりデジタル媒体にとどまっている事を除けば、実在の人物であるように見えます。TDガーデンの記録によれば、2010年10月26日の入場者数は██████人でした。

当初、SCP-1733の目的は、選手たち攻撃と防御の戦略を再生のたびに変更できることをもとに、無限の試合結果を表現することであると考えられていました。再生034では、選手とコーチは敵チームの戦略に機敏に対応した結果、第一クォーターの3分34秒まで0-0のスコアが続きました。まだ初期の反復段階だったため、以前の再生の記憶がまだ弱く、選手、ファンおよびチームスタッフ全員にとって曖昧な直観としてのみ感じられていたため、彼らが置かれた状況の全容を把握するには至りませんでした。

しかし再生045では、選手たちが試合を放棄し、その場の他の人々と共に脱出計画を練り始めるほどに、窮地に対する認識が深化しました。SCP-1733の住民は録画中に閉じ込められていて、如何なる方法をもってしても脱出できないというのが財団研究者の結論です。アリーナの外へとつながるドアは、推定█████Nを上回る力によっても開きませんでした。彼らはロッカールームやプレーヤー施設、スカイボックス1から出ることもできませんでした。また、第一クォーターの開始前に、毎回決まったタイミングで到着する後援者を待つ試みも成功しませんでした:彼らは後援者が入って来た所から逃げ出しますが、メイン・アリーナに隣接する通路から脱出できずに終わります。その後の脱出の試みは徐々に無謀なものとなっていき、間に合わせの爆薬製造の失敗、全面的暴動、三つの対立する派閥への分裂を経て、再生███では彼らを閉じ込めた何者かを宥めることを期待して、儀式殺人や選手たちへの腹裂きの刑を行うまでに至ります(部分的な時系列記録001参照)。しかし、新しい再生が始まると、即座に全ての人はゲーム開始前の無傷の状態に戻ります。

研究者たちはSCP-1733の効果を他のDVRに複製することができず、デバイスがSCP-1733の異常な性質の元ではないことを確認しました。SCP-1733内の実体が苦痛を受けていることを理由として、実験は無期限に停止されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。