SCP-1743
rating: +2+x

アイテム番号: SCP-1743

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: その性質上、SCP-1743は移動できないためサイト内での収容が必要です。SCP-1743への入口は一連の戸締用ボルトおよび電子ロックで封鎖してください。電子モジュールと戸締用ボルトは毎日点検し、損傷があれば直ちに修理してください。

職員はSCP-1743-1からディスクを取得するためおよびメンテナンスのため以外の理由でSCP-1743に立入らないでください。許可されていない人物がSCP-1743に入った場合は直ちに鎮圧し、クラスA記憶処理を施してください。職員が舞台に立入らないようにするために、舞台を囲む金網フェンスが設置されています。

いかなる人物でも舞台に上がってきた場合、警備員は無線で可能な限り早くサイト-██に警告する必要があります。SCP-1743が休止状態に戻った場合、SCP-1743-1内にあるディスクを回収し、調査のためサイト-██に送付してください。職員は舞台から対象を移動させようとはしないでください。(補遺1743-Aを参照)

説明: SCP-1743は██████スタジオセンターに存在する音響舞台です。いつ建設されたのか、誰が建設を許可したのかに関する記録はありません。██████スタジオセンターの従業員たちには舞台がどのようにして誕生したのかに関する記憶がありません。カバーストーリーの目的で、██████スタジオセンターの従業員たちには1987年の火災の後にこの建物が放棄されたと思わせています。

SCP-1743は人間の対象が舞台に上がると活性状態になります。舞台裏にはいかなる手段でも立入りおよび観察ができないため、観客席を経由してのみ舞台に立入ることができます。 舞台に立入った後、対象は客席に戻ることが完全に不可能となります。対象は自分の状況を知るどころか、舞台を越えたものは何もないと知覚するようになります。その代わり、自分たちが普通に日常生活を送っていると思い込んでしまいます。このような妄想に合わせて、舞台の背景や環境が変化していきます。

SCP-1743-1はSCP-1743が活性状態中連続で舞台を記録する標準的なテレビスタジオカメラです。注目すべき点として、SCP-1743は1枚のDVDにすべての情報を記録することができ、SCP-1743が休止状態に戻った後に取り出すことができます。SCP-1743がどこにDVDを保存しているのか、あるいはこれらのDVDがどのようにして多くの情報を記憶できるのかは、SCP-1743は通常、一度に数日間活性な状態にあるため不明です。

SCP-1743-2は活性状態で舞台上に登場する人型実体です。この人型実体は声や髪の毛、性格などの特徴を模倣して、対象者と面識のある様々な人物に似せています。しかし、最も特徴的な点として目や口などの顔の構造が全くないことです。しかし、SCP-1743-2は口がないにもかかわらず話すことが可能で、舞台上の対象は顔の特徴がないことに気づかないように見えます。時間が経つにつれ、SCP-1743-2は対象に対して残酷な行動をとるようになり、暴行を加えたり、罵声を浴びせたりするようになります。

SCP-1743-3は舞台上の対象が通常の生活とは異なるものとして認知する唯一の部分です。SCP-1743-3は事前に録音された笑いや拍手、およびその他の聞き取れる反応がスピーカー機構や特定の音源もなく観客席から発せられるイベントです。これらの反応は、しばしば対象が階段から落ちたり、失業通知を受け取ったり、愛する人物の死を知らされたりするといった、通常そうでなければ非常に不幸なことであろう出来事の多くの "ユーモラスな"部分で発生します。これはほとんどの場合、舞台上の対象の不満、怒り、および絶望といった感情の爆発につながり、多くの場合は自殺するという結果につながります。(映像記録1743-26を参照)

補遺1743-A:

██/██/██に、エージェント・██████が機械式ウインチと投げ縄を結んだロープを使用して、SCP-1743から████博士を回収し、████博士を舞台からから引きずり降ろそうとしました。しかし、機械が故障してエージェント・██████の足がワイヤーロープに引っ掛かり、舞台上に引き出されてしまいました。舞台上でエージェント・██████はSCP-1743の影響力を████博士に警告しようとしましたが、財団警備職員に似たSCP-1743-2の2実体によって阻止されました。エージェント・██████はその後舞台裏に連れて行かれ、それ以来回収されていません。

このインシデントより、SCP-1743から対象を移動させることは不可能であり、救助者自身が舞台上に引き出される結果になるだけであるということが推定されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。