SCP-1752
rating: +1+x

アイテム番号: SCP-1752

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1752-1は現在、イギリスのマンチェスターの████████ホテルの多目的室にあるマイクとスピーカーを備えた防音キャビネットに収容されています。SCP-1752-1はデルタイベントの場合を除いて移動しない状態を保つため、現在の収容の試みはこれらのイベントを防ぐことに焦点を当てています。サイト381には、SCP-1752-1の活動を監視および不正アクセスを防ぐために、最低4名のエージェントを配属させてください。これらのエージェントには17世紀のイングランドで行われていた伝統医学の初歩的な訓練を受けさせ(詳細については、文書1752-トレーニングを参照)、イブン・スィーナーの医学典範、ジョン・ジェラードの本草書または植物の話、およびハインリヒ・クラーマーの魔女に与える鉄槌のコピーをプロトコル1752-オラクルで使用するために提供してください。

SCP-1752-1はキャビネットに設置されたマイクを介して、起動イベントのために継続的に監視してください。起動時には、可能であればSCP-1752-3実体の身元を判別すべきです。すでに実体が把握されており、目録化されている場合、対応するエージェント側でそれ以上の対話は必要ありませんが、実体の行動を監視して異常な活動があればプロジェクト監督官に報告してください。SCP-1752-3実体が不明と思われる場合、その身元を特定する試みを行い、可能であれば目録化して数値的なサブ指定を割り当ててください。すべての新たなSCP-1752-3実体は週報でプロジェクト監督官に報告してください。実体がSCP-1752-3-Primeとして識別された場合、デルタイベントを防止するために、ロトコル1752-オラクルを直ちに実施しなければなりません。デルタイベントが発生した場合、エージェントは直ちにプロジェクト監督官に連絡してSCP-1752-1を再収容するためにプロトコル1752-コベナントを実施してください。

SCP-1752-3の挙動を記録した記録は、将来の収容のためにSCP-1752-2の性質および現在の位置を判断することを目的とした継続的な分析の対象となっています。

SCP-1752の新人職員による研究のためのプロトコル1752-オラクルおよびプロトコル1752-コベナントの詳細は文書1752-プロトコルに記載されています。

説明: SCP-1752-1は定期的(およそ1~5時間ごと)に声明が発現する空間の静止点です。これらの声明は発生地点において非異常手段によって発生した音と同一であるため、近くに立っている人であれば誰でも聞くことが可能であり、あらゆるタイプのオーディオ機器で検出可能です。SCP-1752-1によって生成された音を聞いた人物は、それらの音が完全に明瞭で理解可能であり、最も快適な言語や方言で話されていると表現します。これらの声明の声質は同一人物が繰り返し聞いても一貫しています。説明は聞き手によって異なりますが、一般的には明らかに男性でも女性でもなく、特定の特徴を持たないと述べています。

SCP-1752-2はオブジェクト、オブジェクトの集まり、あるいは人間がSCP-1752-1を通して音を伝えることを可能にするオブジェクトに関連する行為に与えられた暫定的な呼称です。その性質と位置を決定するための試みがそれを収容することを目的として進行中です。

SCP-1752-3はSCP-1752-1を通して話す実体の総称を指します。現在、明確に識別された14のSCP-1752-3実体と、どの SCP-1752-3実体とも明確に一致していない記録された████声明があります。実体ははすべて同一の声で話すので、識別は行動パターンを認識することによってのみ達成される場合があります。これらの実体との対話は、SCP-1752-1の近くに音声を伝えることによって可能となります。自然に生成された音(人の話し声など)およびスピーカーを通して再生された音の両方で効果があることが証明されています。

特筆すべきSCP-1752-3実体は以下のものがあります。

  • SCP-1752-3-D、自称ジョージ・ロックステッド、SCP-1752-2をある種の記録装置として扱っているようで、彼の一日の出来事を10分から15分かけて口述しています。恐らく19世紀後半のロンドンに住んでいると見られています。声明は通常19時から21時の間に発生します。
  • SCP-1752-3-G、60年代、70年代、80年代に人気のあった曲を定期的に歌っています。声明は最大20分で、通常は6時30分から10時の間に発生します。
  • SCP-1752-3-K、財団関係者からの連絡がないにもかかわらず、SCP-1752-2に自分に返答すると信じていることを示す方法で話をします。
  • SCP-1752-3-Prime、自称デムダイク。財団によりSCP-1752-2の最初の所有者であると考えられており、デルタイベントを引き起こすことができる[データ削除済]です。これらの発生を防ぐためには、SCP-1752-3-Primeが特定され次第プロトコル1752-オラクルを実行する必要があります。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。