SCP-1758
rating: +2+x

アイテム番号: SCP-1758

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1758はサイト-118にある標準Anomalousアイテム収容ロッカーに収容してください。毎月、SCP-1758に損傷や経年劣化がないか検査してください。修理が必要と判断された場合、メンテナンス担当職員はSCP-1758監督者に連絡してください。

SCP-1758を使用したすべての実験は防音室で実施してください。音声監視を含むいかなる音声記録機器もSCP-1758に使用しないでください。

通常のカーボンファイバー製の弓の支給品を実験のためにいつでも利用できるようにしてください。

説明: SCP-1758は1920年代後半にイタリアのフィレンツェで弦楽器職人██████ ███████████によって製作されたバイオリンです。SCP-1758は修復を行った痕跡があり、財団が入手する以前は大きく損傷していました。

SCP-1758 の主な異常性は人間の男性が演奏した場合に発現します。SCP-1758が演奏されると、その音を聞くことができるすべての人間は即座にすべての行動を止め、演奏が終えるまでSCP-1758を演奏している対象に注意を向け始めます。

対象がSCP-1758の演奏を止めた後、その音楽を聴いたすべての人物は対象の実際の技量や演奏曲にかかわらず、対象を大声で祝福し始め、被験者は歴代最高のバイオリン奏者の1人であることを断言します。この効果は対象が演奏を停止した後、30分間持続します。

SCP-1758の効果は演奏する音楽や使用する弓に関係なく発現します。SCP-1758の構成要素を交換した実験では、SCP-1758から取り外された要素ではSCP-1758の効果が発生しなくなるという結論が出ています。

SCP-1758の効果は対象者の自信に影響されます。SCP-1758によって生み出された音楽は、対象が疑心暗鬼になったり、不幸になったりするほど音質が低下します。実験の結果、SCP-1758は自分の能力に自信があり、幸せでストレスを感じないと自己申告した対象から最適な音質が得られることが示されました。

補遺: 以下の手紙の写しはSCP-1758の最後の持ち主とされる、22歳で首を吊ったバイオリン奏者の自宅から発見されました。これらは原文のイタリア語から英語に翻訳されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。