SCP-1769
rating: +3+x

アイテム番号: SCP-1769

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1769の性質上、現時点では完全な収容は不可能です。そのため、財団の試みは発生した個々のアウトブレイクを無力化することに注力してください。SCP-1769およびSCP-1769-Aの収容プロトコルは別々のサイトで実施してください。サイト-59はSCP-1769の検出および無力化のための人員と機器を収容してください。エリア-56は非公開の場所で管理し、SCP-1769-Aの感染者を収容してください。

当該現象の原因となっているスクリプトを対象とした継続的な検索アルゴリズムが導入されており、感染率を最小限に抑えるために、最も一般的にアクセスされる脆弱性のあるウェブサイト(下記参照)を直接監視することが求められています。SCP-1769に感染したウェブサイトは、財団の職員がそのホストサーバーを押収した後に原因となるテキストの行をコピーして(変種1が発生した場合)削除します。テキストのすべてのバリエーションは、サイト-59のフラッシュドライブ上の1つのテキストファイルに保存されるものとします。このファイルへのアクセスは収容に関与する職員に限定され、新たな変種の追加または検索アルゴリズムの更新のためにのみ許可されます。

SCP-1769-A実体はすべてエリア-56に隔離してください。この施設はインターネット接続なしで動作するように改造されており、他サイトとの通信方法は電信のみとなっています。各対象はファラデーケージ2を備えた改造人型実体収容セルに保持してください。第2層のファラデーケージは収容セクターの周囲に、第3層のファラデーケージは施設全体の周囲に整備してください。いかなる状況下であっても、コンピュータ、電話、その他のインターネット接続が可能な機器をサイト内へ持ち込まないでください。各セルと格納容器の周囲の壁は防音構造にし、職員はいかなる場合も耳を保護しないでセクター内に立入らないでください。対象に対して殺傷能力のある武器を使用しないでください。エリア-56で感染者が死亡した場合、直ちにサイト-59に通知してください。

説明: SCP-1769は特定のウェブサイト、特に無料ユーザーアカウントとユーザー間の無料コミュニケーションが可能なウェブサイトに感染する能力を持つ14行の非機能スクリプトのセクションです。このプロセスの正確なメカニズムは不明ですが、ウェブサイトのページソースにテキストを自己導入することによって発生するように見えます。現在ログイン中のアクティブなアカウントを持っているいかなる人物もこの現象に曝露すると考えられています。対象は総曝露時間が合計で約225分に達した場合に感染します。以下、人型の感染をSCP-1769-Aと呼称します。

スクリプトの行自体は[編集済]と題された14行の英語のソネット3で構成されており、その性質は不明ですが、SCP-1769-Aの後期ステージの発声とリンクしています。前述の基準を満たすウェブサイトのページソースに導入されるまで、テキスト自体は異常な特性を示しません。これは[データ削除済]によっても発生する可能性があり、収容ファイルへのアクセスを厳重に管理することを優先します。

SCP-1769-Aの感染は5つの段階を経て進行します。

  • ステージI: 対象はインターネットを利用していないすべてのコミュニケーション形態(インスタントメッセージ、コメント、ビデオコミュニケーションを含む)から後退し始めます。これについて質問された場合、彼らはこれが普通のことであるかのように答え、他のコミュニケーションの形態を「奇妙な」または「切り離された」と感じていると説明します4
  • ステージII: 対象はインターネット以外のコミュニケーションをすべて拒絶し5、それ以外のコミュニケーションを強制しようとする試みに対して敵意を持って反応するようになります。対象はこの段階でも「発声」を続けるが、これは特に誰かや何かに向けられているようには見えないため、コミュニケーションとは見なされません。これらの発声は常に英語であり(対象がこれらの言語に精通していなくても)、弱強五歩格6で行う傾向があり、しばしば対象がオンラインで対話する「最愛の人」と呼ばれる実体を描写します。これらの発声は対象者がインターネットにアクセスしているかどうかに関係なく発生します。
  • ステージIII: ステージIIの症状は継続します。しかし、対象はWLAN信号と一致する電波7を発し始めます。これにより、技術的な媒体を持たずにインターネットにアクセスすることが可能で、また他の感染者との通信にも使用することができます。「最愛の人」への言及の頻度は増加し、対象はオブジェクトへの隷属的な畏敬の念を示すようになり、しばしばオブジェクトのためなら何でもするという意思を表すようになります。
  • ステージIV:ステージIIとIIIの症状は継続します。さらに、対象の発声は異常なものとなり、発声に曝露した人物は感染します(曝露期を飛び越えます)。この段階での発声の具体的な性質はこれらの特性が原因で不明です。
  • ステージV:対象は昏睡状態に陥りますが、声および電波を発し続けます。この段階の対象がインターネットへのアクセスできる場合、この方法で誘発されるコミュニケーションはすべて英語で、弱強五歩格を使用し、発声と同じ異常な特性を示すようになります。ステージVの被験者がオンラインで残したメッセージやコメントを観察した人物は感染します。

感染は致死的ではありませんが、昏睡はこれまでのところ不可逆的であることが判明しています。SCP-1769-Aに感染した人物が死亡した場合、██%の確率で新たな異常テキストの変種が出現します。

補遺[1769-001]: インシデントレポート1769-C3

20██年██月██日の午前7時35分、サイト-117の財団サーバーがSCP-1769に感染しました。SCP-1769-Aの5実体がこのイベントによって生成され、その後サイト-56に収容されました。これは、この現象による財団ネットワークへの初の感染を示しており、この異常は公共のウェブサイトのみに影響を与えるという当初の仮説を覆しています。再発防止のため、O5はすべての職員に財団のネットワークへのアクセスに1ユーロ相当の料金を一律で支払うことを義務付けました。財団のサーバーではこれ以上の感染は報告されていませんが、職員はSCP-1769-Aの症状に引き続き警戒してください。ステージVの人物が財団のネットワークを汚染する可能性は容認できないリスクです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。