SCP-1847
rating: +1+x

アイテム番号: SCP-1847

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1847特有の性質のため、収容プロトコルは出現の発生に応じて実施してください。女性職員がSCP-1847の収容プロトコルに関与することは許可されていません。イギリスのイングランドへのすべての公営フライト乗客記録を監視および記録してください。 「ウィリアム・ウィットワード」の名前が乗客リストに記載されている場合は、当該フライトに職員を配置して客室乗務員を装い人物を観察してください。対象が出現したSCP-1847であると判断された場合は、当該エージェントは機動部隊デルタ-22"紳士"に状況を報告してください。機動部隊デルタ-22は着陸時にSCP-1847を逮捕し、事件に関与した全ての乗客/航空会社のスタッフにクラスA記憶処理を施してください。標準メディア遮断プロトコルに従ってください。その後SCP-1847を最寄りのセキュアサイトに移送してください。

出現したSCP-1847は人型収容セルに収容され、その実体とのすべての交流は男性職員によって行ってください。SCP-1847は常にビデオと音声による監視下に置かれ、その行動のいかなる変化も直ちにレベル3以上職員に報告してください。SCP-1847-1はいかなる場合でもSCP-1847から没収してはなりません。SCP-1847が消失した場合、収容監督者は、直ちにその現象の周知監視に関係する職員に通知してください。SCP-1847に対してはいかなる場合も致死力を行使してはなりません。SCP-1847が死亡した場合、収容担当職員は少なくとも1ヶ月間、イギリスからのすべての国外便を監視してください。「ウィリアム・ウィットワード」の名が前述のフライトに現れた場合は、上記の収容プロトコルを実行してください。

説明: SCP-1847は30代半ばのコーカソイド系男性で「ウィリアム・ウィットワード」と自称する人型実体です。実体の外見は出現を通して一貫しており、緑色の目、薄茶色の短髪で痩せ型の体格(73~78kg)、身長174cmです。服装は黒いネクタイのフォーマルなイブニングウェアで、ウールポリエステルのジャケットおよびシルクのシャツを着用しています。SCP-1847は一般的に、女性以外の人物とコミュニケーションをとる際は個人的な詳細について言及を避けますが、実体のこれらの側面について得られた一貫した情報は以下の通りです。

  • アメリカからの出張旅行だと主張しています。
  • 結婚も交際もしていないと主張しています。
  • 家族がいないと主張しています。
  • 著しく裕福であると主張しています。

SCP-1847はそれに曝露した特定の女性個人1に影響を与える生得的な認知特性を持っています。前述の人物はSCP-1847を異常なほど身体的に魅力的に感じるようになります(個人の美的関心は関係ありません)。この効果はSCP-1847に曝露してからの経過時間が長くなるにつれて、継続的に強度が増していきます。SCP-1847は収容前および収容中に徹底的に捜索され、これまでのところすべての捜索で生成されたアイテムや服飾品は見つかりませんでしたが、様々な場面で以下のようないくつかのオブジェクトを生成したことが記録されています。

  • 身分証明書と通貨が入った革財布
  • 鍵束
  • 飛行機のチケットとパスポート
  • ルビーをあしらった金色の柄を持つ装飾的な短剣(SCP-1847-1)
  • 電話機(黒色、メーカーおよび機種は不明)

財布とパスポートからSCP-1847の名前は「ウィリアム・ウィットワード」で、年齢は35歳、出身地はアメリカの[編集済]であることが確認されています。鍵および電話は分析のために回収されていません。SCP-1847-1は回収されましたが、SCP-1847-1をSCP-1847の監督下から強制的に没収すると実体が早々に消滅してしまうため(没収から3分以内に)、現時点では分析はできていません。SCP-1847から没収したアイテムや服飾品は実体と同時に消滅します。

SCP-1847はイングランド行きの公営航空機に出現します2。正確な出現ポイントは搭乗プロセス中に発生するようですが、この段階でSCP-1847に曝露した人物は出現の正確なポイントを記憶することができません。SCP-1847は、手荷物、機内持ち込み、またはその他の物品を持って旅行しません。着陸後、SCP-1847は直ちに27歳から34歳の未婚女性を探し出し、求愛を開始します。SCP-1847の性質上、その女性はSCP-1847の誘いに熱心に応じ、性行為に至ります。性行為が完了すると、SCP-1847はSCP-1847-1を生成し、常に心臓を一突きにして犠牲者を殺害します。死後、遺体は急速に分解して宝飾品を生成し、SCP-1847によって回収されます。SCP-1847は5つのアイテムを収集するまでこのプロセスを繰り返します。アイテムは常に同様のものです。アイテムは指輪、ブレスレット、イヤリング2個(別々に入手します)、ネックレスと常に同じ順番で収集し、これらは全て金で作られてルビーが埋め込まれています。

SCP-1847が監禁され活動ができなくなった場合、最初に捕らえられてから4〜16週間以内に消滅します。この発生を防止するために有効な方法は判明していません。SCP-1847の出現間隔は短い場合だと2週間、長い場合だと18ヶ月に及ぶこともあります。SCP-1847は死亡はしますが、その死によってさらなる出現を防ぐことはできないため終了させることは賢明ではありません。SCP-1847が死亡した場合、その身体は消滅して2~4週間以内に新たな出現が発生しますが、これはイングランド発の公営フライトで発生します。着陸後、SCP-1847は通常通り上記の活動を行います。

補遺[1847 -001]: サイト-117で収容中のSCP-1847へのインタビュー

インタビュー対象: SCP-1847
インタビュアー: アドラー博士
序文: SCP-1847への最初のインタビュー
<記録開始、 午後5時15分>

アドラー博士: なぜあの女性たちを殺害したのですか?

SCP-1847: 私は誰も殺していない。

アドラー博士: 5人の女性を殺害するためにイングランドに旅行していたのではないですか?

SCP-1847: …私は誰も殺していない。

アドラー博士: 我々の記録によると、あなたはイングランドで██人の女性を殺害し、██人を-

SCP-1847: 私はイングランドに行ったことなんかない!私はアメリカから外に出たことはないんだ!

アドラー博士: なぜロンドンに向かっていたのですか?

SCP-1847: 仕事のためですよ。

アドラー博士: 5人の女性を誘惑して短剣で刺し殺すつもりじゃなかったんですか?

SCP-1847:

アドラー博士: 今回の旅行を計画する前に最後にしたことは何ですか?

SCP-1847: …オークションに行きました。

アドラー博士: …オークション。主催者は誰でしたか?

SCP-1847: 名前を覚えていると思っているんですか?それは[編集済]にありましたよ。待てよ、確か持ってたと思いますが…はい、これです。

SCP-1847は財布を出して名刺を取り出し、アルバート博士に手渡す。マーシャル・カーター&ダークのロゴが明瞭に見える。

アドラー博士: 畜生め。

SCP-1847: 何ですか?

アドラー博士: なぜ旅行を計画したのですか?

SCP-1847: それが私に言ったんです。

アドラー博士: 何が言ったんですか?

SCP-1847: [データ削除済]。

アドラー博士: 何ですか?

SCP-1847: [データ削除済]短剣です。

アドラー博士: なぜそれはあなたにそんなことを言ったんですか?

SCP-1847: …私は美しいものが好きなんです。

<記録終了、午後5時18分>

[編集済]の調査でマーシャル・カーター&ダークの展示会が20██年██月██日に行われたことが確認されました。このイベントで詳述されたアイテムの中には以下のものがありました。

アイテム███

長さ27cmの壮大な装飾短剣です。刃先には10カラットの金を使用し、10個のルビーをあしらっています。この刃は使い手にそれが持つこの世のものとは思えぬ美しさを与え、さらなる富を永遠にもたらすでしょう。

価格: "あなたの人生の総和"

補遺[1847-002]: 20██年██月██日の午後7時8分に、SCP-1847は収容中に服から電話を取り出しました。SCP-1847は1分29秒間、機器を介して正体不明の人物と通話を継続していました。電話のスピーカーから発せられた音声は検出できませんでした。SCP-1847のチャンバーに入出力する信号は検出されませんでした。

SCP-1847: もしもし?

SCP-1847: やぁ、あぁ、いやそれは違う-

SCP-1847: ほんの少しだけ聞いてくれないか-

SCP-1847: 前にもこんなことがあったじゃないか!どこにもいなかった!僕はただ-

SCP-1847: 落ち着いてよ、ハニー、落ち着いて-

SCP-1847: あぁ、約束するよ。

SCP-1847: うん。うん。いや、子供たちにだけは言ったけど…うん、それ。いいね。

SCP-1847: いや、だけど君に何か特別なものを持っていくよ。

SCP-1847: サプライズだよ。あぁ、君にとって美しく見えるだろうね。

SCP-1847: あぁ、僕も愛しているよ。

SCP-1847は電話を切る。

このインシデントから2ヶ月後、財団職員がウィリアム・ウィットワードの住居を米国の[編集済]で発見することに成功しました。この私有地は報告によれば、SCP-1847-1を購入するという条件でウィットワードの遺品とともにマーシャル・カーター&ダークが入手し所有していたとされています。マーシャル・カーター&ダークとの協定により、財団職員は敷地内を捜索し、その場所を観察し続けることが許可されました。最初の調査では、3体の遺体が発見され、地下室の地面がむき出しになっている箇所の地下1mに埋められていました。遺体は成人女性1名、青年期の男性1名、および思春期前の女性1名のものが存在しており、すべてには複数の刺し傷の痕跡が認められました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。