SCP-1866
rating: +2+x
phone_bill2.jpg

SCP-1866(詳細)

アイテム番号: SCP-1866

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 2010年7月2日以降、SCP-1866はサイト20のC棟184A号室に140cm×140cm×146cmの段ボール箱に入れて保管されています。箱の中には幅137cm、長さ137cm、高さ71cmのカードテーブルが入っています。封筒がテーブルの中央にステープラで留められており、常に封筒の中に入れたままにしてください。SCP-1866は未使用時には封筒の中に入れてください。災害の種類(118データ破損、003自己増殖)および活性化手段(005近接)を描いたピクトグラムステッカーが箱の外装の目立つ箇所に貼られています。

収容室の入り口には訪問者に対して、筆記用具や衣服を含むすべての物品を室外に出すよう警告する標識を設置しなければなりません。特定の種類の装具または入れ墨を持つ雇用者は、O5-2の命令によりいかなる状況下においてもSCP-1866を閲覧または実験することが禁止されています。(職員制限の完全なリストについては、文書1866-01を参照。)183A号室には無標の手術着、更衣室、および研究者の私物用ロッカーが備わっています。

収容室や隣接する部屋に存在するすべての記録は、数字("11")で省略する代わりに月の名前(例: "November")を用いて日付を記録しなければなりません。

物品(実験ログを含む)を収容エリアに持ち込むことを希望する研究員、あるいはSCP-1866に関連するあらゆる実験を行うことを希望する研究員は、初めにC棟を担当するレベル4研究員の許可を得なければなりません。

説明: SCP-1866は寸法21.6×27.9cmの1枚の用紙で、電気通信プロバイダー[編集済]からの請求書と視覚的に区別はできません。特定のフォーマットで記載された影響を受けやすい日付および/または時刻が約60cm以内に入ると、特定の予測可能なパターンで前述の日付や時刻を改変し、磁気的に保存されたデータを上書きし、印刷あるいは手書きのデータを物理的に変更します(関心のある職員はデータ変更のパターンに関する情報については、下記の附記1866-Aを参照してください。この情報は収容には必要ではありませんが、個人的な文書をSCP-1866の収容違反に対してより耐性を持たせたいと考えている職員にとっては有益である場合があります)。人間の記憶はSCP-1866の影響を受けません。

改変された文書や機器はその効果を他の物に伝染させることが可能ですが、その範囲はより小さくより可変的です(31~40cmの間と測定されてます)。無線ネットワーク、光ファイバーケーブル、およびその他の長距離データ伝送形態は媒介としては機能しないと見られています。

この効果は瞬時に伝染し、現在までに実験されたいかなる物質によっても遮断されたり減衰されたりしていません。

隔離された場合、影響を受けた物品は効果を拡散する能力を失い、48時間以内に事実上無力化されます。しかし、1) 無力化された物品のデータは変更されたままであり、2) 影響を受けたオブジェクトに隣接する物は、影響範囲外に設置されない限り、継続的に相互に影響を与え合います1。したがって無力化を実現させるためには、影響を受けたオブジェクトを他のすべてのオブジェクトから少なくとも40cm以上離して48時間以上放置する必要があります。無力化されたオブジェクトは新しい時刻や日付が記載されたりコード化されたりしない限り、もはや影響を受けにくくなります。

SCP-1866自体は常に感染する可能性のあるオブジェクトを改変することが可能であり、無力化することはできません。

回収記録:
SCP-1866の回収に至った事件は、2009年7月21日火曜日に、イリノイ州ホワイトサイド郡にある人口約15,000人の旧町名オックスフォードで始まりました。1名の人物が郵便受けからSCP-1866を取り出し、運転免許証と携帯電話に異常な効果が伝染した後、午前9時にオフィスに向かいました。その影響はすぐに彼の作業スペース内の複数のオブジェクトおよび隣接する作業スペースに広がり、その後、従業員がオフィス内を移動するにつれて徐々に広がっていきました。

午前10時15分頃までに、数名の従業員が同時にテクニカルサポート(コンピュータ用)とHVAC修理(オフィスのサーモスタット用)に連絡していました。これらの通話の数および内容は、音声認識ソフトウェアの盗聴により、異常オブジェクト状態の可能性があるとして注意を引き、機動部隊ミュー4("デバッガー")に警告が出されました。

機動部隊ミュー4は午後12時5分に[編集済]に到着しました。事象の性質や拡散した状況が当初は不明であったこと、またその影響でエージェントの意思疎通する能力が低下したことから、7月21日の午後12時43分まで、市の隔離手続きは開始されませんでした。隔離は4日間維持され、エージェントが何が起こったのかを判断する間においても影響は町内に広がり続け、結果として地元の電話設備および交通の軽度の混乱、緊急サービス、医療、政府機能の著しい混乱、電気設備のほぼ全体的な混乱2、そして銀行や商業サービスでは全体的な混乱をもたらしました3

合計で24名がSCP-1866が原因で命を落としました4

エージェントは隔離およびその後の町の破壊の説明として、地域、州、および全国のメディアにカバーストーリー24Aを多少変更したバージョンを提供しました。最初の発生時に[編集済]オフィスにいたことが判明していた人物は移住前に質問を受け、エージェントはSCP-1866の最初の感染者を特定することができました。住民に対してはその後クラスA記憶処理を施し、財団コミュニティキロおよびリマに移住させました。町内のすべてのシステムおよびオブジェクトは、最初の感染者の住居のオブジェクトを確保したうえで、調査に関連するデータを調べるために検査され、その後3週間以上かけて焼却または粉砕されました。システムの粉砕にはさらに2週間を要しました。地図学的、歴史的、および政府の記録は可能な限り、関連当局の許可を得て変更されました5

SCP-1866の効果の最初の感染者は7月23日から8月4日まで財団エージェントによって尋問されました。彼は尋問を通して、SCP-1866の起源や機能に関連する知識はなく、また、誰もが彼がそうしたと見せかけたいと思う理由を思いつかなかったと主張しました。彼の尋問に関与した5名のエージェント全員がこれは真実である可能性が高いと結論づけました(尋問レポート1866-01を参照)。2009年8月5日、SCP-1866の受容者はクラスA記憶処理を施され財団コミュニティに移送されました。彼の私物はすべて収集され、サイト90に搬送され、目録化され、SCP-1866の活動について実験されました。

収集されたアイテムの数が非常に多く、目録作成時に財団情報の汚染を防ぐために追加の尽力が必要であったため、影響を受けたいくつかのアイテムは実験を行った時点ではもはや活性化していなかったことから、研究員らは効果の伝染性が時間とともに低下することを認識しました。その後の実験の結果、すべての影響を受けたオブジェクトが原本を除いて無力化し、これがSCP-1866であることが明らかになりました。

SCP-1866の起源は明らかになっていないままです。紙質、図柄、および封筒は公共事業者が通常使用しているものと一致しています。明細書に記録された電話も同様に(異常な効果によって生じた変更を考慮に入れて)公共事業者の記録と一致しています。SCP-1866およびその封筒のいずれにも異常な印はありません。封筒にはイリノイ州スターリング郵便局の2009年7月20日の消印が付されていて、公共事業の請求周期と一致しています。元の封筒にはSCP-1866の効果を阻害する能力はないことが実験で判明しましたが、スターリングや国内の他の地域で同様の発生は見られず、この異常な効果は明細書がオックスフォード郵便局から出た後にもたらされたとの結論に至りました。

備考: この報告をもたらした9名のエージェントのうち2名は、SCP-1866は未知のテロリスト集団による試行実験であり、その効果は必ずしもイリノイ州北西部以外への拡散を意図したものではなかったと仮定しています。2009年に最大の拡散を画策した集団は、March(2009年3月)、June(2009年6月)、September(2009年9月)、またはDecember(2009年12月)の発送日を選択したようです。

2009年以降、類似のオブジェクトは報告されていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。