SCP-1883-JP
rating: -3+x
blank.png

アイテム番号: SCP-1883-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-1883-JPが発生する踏切には常時職員を配置してください。SCP-1883-JPが発生した場合、SCP-1883-JP-1を目撃した人間に対してAクラス記憶処理を施し、速やかに解放してください。

説明: SCP-1883-JPは毎年3/21に██県██市███町に存在する第1種甲踏切内で不定期に発生する異常現象です。SCP-1883-JPは遮断機が降りている状態で、尚且つその前で静止している人間(以下、対象)にしか視認出来ません。対象が遮断機の前で静止していると、電車が通過する約20秒前に線路中央に物体(以下、SCP-1883-JP-1)が出現します。しばしば対象がSCP-1883-JP-1を線路から取り除こうとしますが、遮断機を境に不可視の壁に阻まれる為、失敗に終わります。

SCP-1883-JP-1が電車に衝突すると、空中で同体積の非異常性のシロツメクサ(Trifolium repens)に変化します。電車はSCP-1883-JP-1と衝突することで損傷することはありません。

以下はSCP-1883-JPの発生記録及びSCP-1883-JP-1の出現記録です。
発生日 SCP-1883-JP-1 補筆
2001/3/21 ベビーカー 初めて発生したSCP-1883-JP。対象の通報によって財団に認知された。
2002/3/21 アニメキャラクターがデザインされた幼児用靴 N/A
2003/3/21 赤い風船 線路上の空中に静止し続けた。電車との衝突後は他の事例と同様。
2004/3/21 赤色のランドセル N/A
2005/3/21 学習机 所々にアニメキャラクターのシールが貼られていた。
2006/3/21 白色の携帯用電話 着信音を鳴らしながら出現。この音声は対象以外にも認知可能であった。発信者は不明。
2007/3/21 化粧品数種 N/A
2008/3/21 タバコとライター N/A
2009/3/21 マフラー 手編みのものだと思われる。
2010/3/21 女性用スーツ シワが多く見受けられた。
2011/3/21 軽自動車 変化後のシロツメクサは幾つかの花冠に編まれた状態で出現した。

補遺1: 2011/3/21に出現した軽自動車のナンバープレートを調査した結果、1996/3/21にこの踏切内で電車と衝突事故を起こした車のものと一致しました。当時この車両を運転していたのは花咲薫という女性であり、衝突した電車の車掌を勤めていた花咲政司の実娘であったことが判明しています。花咲 薫はこの事故によって死亡しています。花咲 政司は現在も事故発生時と同じ区間の車掌を勤めています。現在、花咲 政司は定年退職しています。

花咲 政司にインタビューを行いましたが、花咲 薫に関する記憶を一切有しておらず、自身に娘が存在していたこと自体を否定しています。花咲 薫が存在していたことを裏付ける事象を説明したところ不明瞭な返答ばかりであった為、インタビュー記録は割愛されています。花咲 政司にアルツハイマー型認知症等の疾患の兆候は見られませんでした。

補遺2: 2011/3/21以降、10年経過してもSCP-1883-JPが発生しなかった為、2021/4/10にNeutralizedクラスへ再分類されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。