SCP-1922
rating: +3+x

アイテム番号 SCP-1922

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1922はサイト-17の標準的な人間収容室に収容されています。対象は常に保安職員の監視下に置かれます。自傷行為や健康状態の変化はダロウ博士および/またはイップス-ヒル博士に報告されます。インタビューによる精神医学的評価はダロウ博士が、健康診断はイップス-ヒル博士がそれぞれ担当します。前述の診断は毎月1回、並びに異常活動の発生後に実施されます。SCP-1922は可燃性物品の所持を許可されておらず、収容室外ではそれらの物品と接触しないように監視されます。

説明: SCP-1922はハーバート・████という90歳の白人男性です。SCP-1922は2型糖尿病および末梢血管疾患と診断されています。その健康状態と異常性の影響によって、SCP-1922の下肢では数ヶ所に壊疽が発生し、切断手術が行われています。SCP-1922に関する医学的詳細事項の完全なリストは、文書1922-Medを参照してください。

SCP-1922は自然な要因で死亡するまでは通常の高齢者として振る舞います(最も一般的な死因は心筋梗塞です)。SCP-1922は約45分間臨床死の状態に留まった後、ゆっくりと蘇生します。完全に回復するまでには最大で2時間かかります。蘇生後のSCP-1922は軽く混乱していますが、臨床死の期間中に神経学的な損傷を受けた様子を示していません。IQテストの結果、SCP-1922の知能は低下しておらず、精神的に健康であると確認されています。その高齢と比較して、SCP-1922の知能レベルは良好に保たれています。SCP-1922は異常活動中に発生したとされる体験を詳細に説明することができます。現時点でSCP-1922の主張を裏付ける証拠は存在せず、提供されてもいません。異常性が鮮明な幻覚を誘発しているのか、SCP-1922が故意に偽情報を提供しているのかは不明です。詳細は文書1922-Psyとインタビューログを参照してください。

注記: 2005-07-03: SCP-1922が臨床死の状態に留まる時間は、死亡するごとに長くなることが確認されています。一方で、蘇生プロセスにかかる時間はより短縮されています。

注記: 2008-05-05: SCP-1922は自殺傾向を示し始めています。

回収: SCP-1922は1997/06/06、███████、█████の█████病院から回収されました。専門医たちは、死亡と宣言された約1時間後に遺体安置所で蘇生した男性について通知されました。SCP-1922は財団に拘留され、家族には後ほど偽の遺灰が引き渡されました。クラスC記憶処理がSCP-1922担当の病院スタッフに施されました。SCP-1922はより優秀な別の病院に移送されたと信じ込むように誘導されました。

補遺-1922-1: 部分的インタビューログ

補遺1922-3: 心理評価:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。