SCP-2000-TH-ARC
rating: -15+x

アイテム番号: SCP-2000-TH-ARC

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2000-TH-ARCは非活性状態である場合比較的無害であるため、SCP-2000-TH-ARCは透明なガラスで作られた収容箱の中に付属の取扱説明書と共に収容されます。収容箱は10×10メートルの白く塗装された部屋の中に保管され、その周りは5層の鋼鉄製の壁(扉を含む)で覆われています、これは実験の失敗時の被害を抑えるためです。SCP-2000-TH-ARCは実験後に損傷の有無と次の実験で使用可能かを検査する必要があります。

SCP-2000-TH-ARCの実験はO5の承認が必要であり、手順に厳密に従う必要があります。SCP-2000-TH-ARCの実験はオブジェクトと被験者のみで行われます。職員が実験時SCP-2000-TH-ARCの収容室に侵入することは固く禁じられています。実験終了後被験者を収容室から退出させるにはO5の承認が必要です。SCP-2000-TH-ARCの報告書の閲覧は███博士の承認が必要です。収容室は常に高クリアランスの職員に監視され、SCP-2000-TH-ARCはスチールケースに梱包されています。

説明: SCP-2000-TH-ARCは一見すると標準的なリボルバー式拳銃です。調査の結果、SCP-2000-TH-ARCは通常のリボルバー式拳銃に含まれるもの以外に銅、金属部品、粘着テープ、円形のバッテリー、未知の回路基盤、小さなLCDスクリーンの間に小さなメモ用紙が挟まっています。メモ用紙には複数のカラーペンで未知の回路についての情報が書かれています。SCP-2000-TH-ARCのその他の詳細は付属の取扱説明書に書いてあります。

実験記録は付録を参照してください。

発見経緯: SCP-2000-TH-ARCは█████████街の倉庫内の████████博士の自室の中で発見されました。█████████街の付近に存在する廃墟となった倉庫は19██年以来兵器の開発及び実験を行う施設として利用されていた、しかし突然235人の職員が失踪し施設は廃止されたため███████████によって施設の情報は秘密にされていました(その組織の職員の一人が財団のスパイでした)。廃棄された施設の内部には小さく凝縮された机、椅子、自動販売機などの異常な物体が見つかりました、また[編集済]された6名の遺体も確認されています。

████████博士が書いたものと思われる日記が████████博士の部屋から発見されました、家具はバラバラにされ数枚の小さな写真が壁に貼り付けてありました、SCP-2000-TH-ARCは職員が失踪する前から████████博士の部屋にあったものと予想されています。

████████博士の日記の抜粋:

19██/06/16 私たちの研究が███████████の連中にバレたらしい、恐らく連中のスパイが研究員に紛れているんだろう、私たちの兵器を奪うつもりか?
19██/06/18 研究員達が対立して暴動を起こした。頼む、いつもの日常に戻ってくれ。
19██/06/20 この部屋もいつまで持つか分からない、奴らはまるでおもちゃみたいに私の研究員達を殺した。
19██/06/22 奴らは恐らく私を殺しにくるだろう、今私にできることは少しでも奴らに抵抗することだけだ。

付録:

Dクラスを使用した実験(一部抜粋):

日付: █████/12/12
対象: D-2250
結果: SCP-2000-TH-ARCの「削除」項目を選択し引き金を引かせた結果、D-2250は[編集済]され、死亡が確認されたため実験は中止されました。

日付: █████/01/04
対象: D-78556
結果:「移動」項目を選択しD-78556の名前を入力し引き金を引かせた結果、D-78556は銃口が向いた先に瞬間移動しました、D-78556に取り付けたGPSは移動の反応を示しませんでした。

日付: █████/02/05
対象: D-10025
結果: SCP-2000-TH-ARCの地図上で「停止地点」を選択させ引き金を引かせた結果、D-10025は障害物をすり抜けながら停止地点に指定された場所まで高速で移動しました、D-10025に取り付けたGPSは引き金を引いた瞬間に反応を停止しました。

日付: █████/01/19
対象: D-0112
結果: SCP-2000-TH-ARCの「コピー」項目にD-0112を選択し引き金を引かせた結果、外見に性別、さらに記憶も同一の[編集済]が作成されました、これは生物学的理論に反しています。[編集済]は自分が本物だといいD-0112に殴りかかったため、D-0012は[編集済]の首を強く押さえつけ殺害しました、この時点で実験は中止されました。

全く信じ難いことはこのオブジェクトが人工的に作られたということです、まだ実行していない項目も多々ありますし奇妙なエネルギー波のようなものも放出できる。このオブジェクトの研究にはかなりの時間がかかりそうですね。-█████博士

補遺: ████/██/██にSCP-2000-TH-ARCの使用は人類に危険が及ぶ可能性が高いとしてSCP-2000-TH-ARCの実験はO5の承認を必要とするようになりました。他のSCPの収容違反が発生した場合、O5の投票次第でSCP-2000-TH-ARCの使用が許可されます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。