SCP-2019-JP
rating: +98+x
blank.png
Prunus_mume_Koutoji2.jpg
SCP-2019-JPの発見場所

アイテム番号: SCP-2019-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル(2019/03/31更新): SCP-2019-JPは消滅し、Nerturizedクラスに再分類されました。以後の管理はサイト-81NNに引き継がれ、使用されていた収容施設の解体やニューエイジ光学的探査装置を用いた再調査などの事後措置が行われます。詳しくは2019-JP/Neutralized分類後管理マニュアルを参照してください。

説明: SCP-2019-JPは福岡県太宰府市に出現しているクラスB-void霊的実体1及びそれに付随するクラスD-void霊的実体2群です。財団由来の技術などを用いた異常な手段によってのみ視認が可能であり、以下の要素によって構成されています。

要素 分類 補足
SCP-2019-JP-A B-void 後述。
筆記用具 D-void 天平年間に使用されていた筆・硯・墨で構成される。
D-void 同じく天平年間に使用されていた穀紙。
文机 D-void 同じく天平年間に使用されていた経机。

SCP-2019-JP-Aは80代前後と推定される男性の右腕です。通常は詩歌を試作・推敲するなどの行動をとっており、アシヤ非実体干渉装置を通した筆記用具を用いてD-void霊的実体である紙に書き込む形での筆談が可能です。これらを基にした鑑定3により、SCP-2019-JP-Aは"山上憶良4"として知られる人物の右腕であると判明しています。

使用されている紙は文机に一定量補充されており恐らく無限に出現しますが、SCP-2019-JP-Aはごく微量ずつながら消滅しており、このまま進行すれば二十年足らずで消滅しきるとみられています。また他にも文字を書くごとに消滅のペースが早まっていると推定された為、オブジェクトの研究に足るインタビューを終えた後は、保護の観点からSCP-2019-JP-Aの執筆を阻止する計画が立てられています。

SCP-2019-JPは新規に開発されたニューエイジ光学的霊体探査装置の試行中に発見されました。作用力の希薄さから当初はAnomalous分類される予定でしたが、史学的見地をもとに研究の継続が提言され、改めてSCP-2019-JPに指定されました。

以下はSCP-2019-JP-Aへの特筆すべきインタビュー記録の一覧です。やり取りは全て万葉仮名で筆記されており、報告書に記載するにあたって現代語訳されています。

補遺1: 2019/02/27、SCP-2019-JP-Aへの第██回目インタビューにあたり、SCP-2019-JP-Aが通常と異なる長文を書き出しました。これにより消滅までの時間は短縮され、SCP-2019-JP-Aはおよそ一ヵ月で消滅すると推定されます。以下はSCP-2019-JP-Aが書き出した文章であり、インタビュー記録と同様に現代語訳の上記載しています。

補遺2: 2019/03/31にSCP-2019-JP-Aは消滅、同時に他のSCP-2019-JP群も消失し、オブジェクトクラスはNeutralizedに仮分類されました。

補遺3: 2019/04/01に発生した事案7により、SCP-2019-JPにおける新たな異常性の発現を危惧した調査が行われました。結果、当事案には何の異常性も関わっておらず、事案の前日にSCP-2019-JPは完全に消滅していた事が改めて立証され、正式にNeutralizedへ再分類されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。