SCP-2022-JP-AF-J
評価: +33+x
blank.png
amo4.jpg

収容以前のSCP-2022-JP

アイテム番号: SCP-2022-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2022-JPはウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズに収容を委託しています。現状のSCP-2022-JPの照会は、担当職員からの要請にに応じ、ウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズの職員が即座に対応します。

SCP-2022-JP異常性の罹災者が確認された場合は、現地フィールドエージェントが記憶処理やカバーストーリーを用いて情報の隠匿が実行されます。

説明: SCP-2022-JPは視覚を媒介とする認識災害を有するイエイヌ(Canis lupus familiaris)です。犬種はチワワと狆のミックスであり、外見的特徴に特筆すべき点はありません。"あも"と命名されており、この名称は後述する認識災害に関連します。

SCP-2022-JPを視認した人物(以下、対象と呼称)は、SCP-2022-JPを何らかのグループ一員であると認識します。この認識災害は人格や思考を改変するものの、記憶処理等の処置で除去することが可能です。SCP-2022-JPを直接視認した場合が最も罹災率が高く、写真や映像を閲覧した場合も罹災率は低いものの罹災する可能性が存在します。

補遺1: 発見

SCP-2022-JPは日本国で発見されました。埼玉県川越市の住民について情報収集を行っていたフィールドエージェントが偶発的に発見したものであり、SCP-2022-JPは民間人"河野 昌夫"を筆頭とする河野家の一員として戸籍謄本に登録されていました。市役所職員が市内を散歩していたSCP-2022-JPを偶発的に目撃していたのが原因であると推測され、該当職員には記憶処理が適用されました。

補遺2: 実例

実例-2022-JP-1


観測地: 日本国川越市

対象: 河野 昌夫

内容: 光の三原色にSCP-2022-JPが含まれると認識し、全ての色が「赤/緑/青/あも」で構成されていると誤認していた。

付記: 近隣の家電量販店にて、「プリンターのインクを探している。あも色は売り切れか?」と店員に質問している様子が目撃されていました。

amo.png


実例-2022-JP-2


観測地: サイト-8181

対象: 島野博士

内容: 太陽系の惑星にSCP-2022-JPが含まれると認識し、太陽系第9惑星"あも"の存在を主張した。

付記: 探査船派遣の予算を要求したため罹災が発覚しました。記憶処理済。

amo2.png


実例-2022-JP-3


観測地: サイト-8181

対象: 萩原研究員

内容: 旧約聖書における登場人物"アダムとイブ"の中にSCP-2022-JPが含まれると認識し、「”アダムとイブ"と比べて犬が登場人物として何もしてなさすぎる。何かが隠されているはずだ」と主張した。

付記: 記憶処理済。

amo3.png

補遺3: 収容手順変更

SCP-2022-JPの認識災害は罹災する条件が極めて安易であり、財団の研究職にも罹災者が複数発生しました。しかし、発生する認識災害の危険性は低く、対処は容易です。

SCP-2022-JP異常性に関する対処コストを加味し、財団はSCP-2022-JPの収容をウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズに収容を委託しました。

ただし、収容状態に懸念があり、財団はSCP-2022-JPの再収容を検討しています。以下はウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズの内部文書です。

送信者: ジェームズ・アンダーソン
受信者: 陸生チーム(9)
日付: 2022/4/1


やぁ、みんな。
あもが僕たちの仲間になってから2か月が経ったね。ここでは皆がファミリーだけど、あもは最早WWSの一員とも言えると思うんだ。

という訳で、陸生チームの一員にあもを加えるね! 

p.s. 陸生チームの仮眠室にあものベットを用意したらもう使ってた! 画像を添付するね!
amo5.jpg
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。