SCP-2034-JP
rating: +19+x

アイテム番号: SCP-2034-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2034-JPはサイト-81██の第4区画収容室に収容されます。オブジェクトの監視はセキュリティー担当者により24時間体制で行われます。SCP-2034-JPの発声事案が発生した場合は担当研究班に詳細を報告し、すぐさま声紋分析と確認されている保有人格との照合を行ってください。

SCP-2034-JPには定期的にインタビューを行い、音声記録は人格特定用の資料として2034-JP専用データベースに保存してください。もし、新たなSCP-2034-JPの保有人格が発見された場合はすぐさま担当研究班に連絡し入院患者一覧から保有人格の特定を行ってください。

説明: SCP-2034-JPは外見年齢30代・身長176cm・体重49kgの日本人男性です。現在、対象は戸籍調査や身体調査の結果から、192█/6/█に殺人による罪で死刑判決を受け収監されていた山下 ██死刑囚であると判明しています。なお、山下死刑囚に関しては既に刑が執行され記録上死亡が確定しており、これらに関する調査が継続されています。

SCP-2034-JPの異常性は対象オブジェクトと人間(以下、対面者と表記する)が半径4m圏内でかつ1対1で対面した際に発現し、この際未知の原理で20代の日本人女性の物と思われる声で発声し始めます。この時、SCP-2034-JPは対面者に対して入院希望であるか面会希望であるかという質問を行い、入院希望を選択した場合、対面者は即座に死亡、面会を希望した場合はSCP-2034-JPが保有している人格(以下、保有人格と表記する)の指名を提示する事で該当する人格との会話が可能となります。現在、入院希望を選択したDクラス職員の蘇生には成功しておらず、死亡したDクラス職員の指名を提示する実験も行われましたが面会自体の拒絶により失敗しています。

非活性時のSCP-2034-JPは椅子またはベッドの上に腰かけた状態を維持しつつその間は摂食・排泄・呼吸等の生命活動を一切行いません。しかし、異常性発現時にのみ通常の人間と同様の挙動を示し、この間は生体的活動が確認できます。

SCP-2034-JPに損傷を与える試みは通常の人間に推定される以上の強度を持つ表皮や骨により失敗しており、老化の兆候も見られません。また、CTスキャンやサーモグラフィーカメラと言った機器を用いた場合も機器が対象を認識しないという異常が発生し、生体構造などの解析も難航しています。

SCP-2034-JPはおよそ202名の異なる人格を保有しており、調査の結果、全ての保有人格が何らかの精神疾患を患っている事が判明しています。また該当する保有人格全員が1920年代に失踪した██精神科病院1の全入院患者の人格と一致しています。

200█年現在、全ての保有人格の特定が行われ、202名の内115名のインタビューが完了しています。なお、保有人格の特定はSCP-2034-JPの収容直後に発生した発声事案を切っ掛けに行われ、通常会話が不可能な保有人格に関しては保有人格が何らかの単語、氏名を連呼し続けるといった事例を基に特定が進められています。

SCP-2034-JPは異常性発現時以外にも定期的に活性状態へと移行し、その際は毎回異なる保有人格が表層部分に現れ収容室内部を徘徊する等の行動を繰り返します。この事案発生時の保有人格は周囲の情報を認識していないと思われ、これによりこの状態の人格との会話は成功しません。

これらの明確なメカニズムは未だ判明しておらず、担当研究班による調査が継続されています。また、SCP-2034-JPの起源に関与していると思われる██精神科病院の調査も並行して行われています。

補遺: SCP-2034-JPは200█年に発生した██県███市の民家火災を切っ掛けに発見されました。事案は200█/█/██AM1:18に発生し、近隣住民の通報により事態が発覚。2時間に及ぶ消火活動の結果、瓦礫の下から上半身裸のSCP-2034-JPが発見されすぐさま現地救急隊に保護されました。その後、現地警察が対象を重要参考人として警察病院に拘束、この際に前述した異常性が明らかとなり、潜入エージェントからの報告で財団に捕捉されました。収容後、事件関係者や担当者に対してはクラスB記憶処理が行われ、カバーストーリー「誰もいなかった」が適用されました。

現在、SCP-2034-JPが現場に存在していた明確な理由は未だ判明しておらず、正確な火災原因も特定できていません。しかし、火災現場の家屋の所有者である後藤 ██氏(経歴から元精神科医である事が判明)を調査した結果、近隣住民の証言から200█/█/█にSCP-2034-JPと思われる存在と接触しかつ火災発生と同時刻に██道路で発生した車両衝突事故により死亡していた事が判明しました。なお、事故当時の記録やドライバーの証言からこれらの死亡事案は後藤氏自らが車両前方に飛び込んだとされる自殺事案として処理されています。また、後藤氏は過去に██精神科病院にて非常勤で精神科医助手として勤務していたという経歴を持っており、SCP-2034-JPとの関連が示唆されています。

以下はSCP-2034-JPに行ったインタビューの抜粋です。

追記1: ██精神科病院の調査の結果、失踪したと思われていた患者と職員全員(後藤氏を除く)の死亡が確認されました。現在、患者・職員の死亡原因は19██/█/██に発生した病院内大量殺人事件が原因であると思われ、発見された捜査記録や拘留記録等から主犯格と思われる人物の特徴がSCP-2034-JPと一致している事が判明しました。なお、これらの記録は当時の行政機関により隠蔽され、犯人が留置所内から突如失踪したという事案からも政府関係者への責任追及を逃れる為に秘匿されていたと予想されています。

犯人の逮捕に関しては犯人の自主逮捕による物であり、取り調べ内容からも容疑を認めている事が確認されています。しかし、犯行の動機に関しては明確な証言を行っておらず「頭の中の誰かが無理やりさせた」と言った主張を繰り返していた事から、後藤氏と接触したSCP-2034-JPとの関連があるとみて調査が行われています。

追記2: 以下はSCP-2034-JPの発声事案記録の抜粋です。なお、この事案に於いてSCP-2034-JPは初めて人間男性の声で発言し、200█年以降この声での発声は一切確認されていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。