SCP-2037-JP
rating: +13+x

 
アイテム番号: SCP-2037-JP
20210126_011434.jpg

SCP-2037-JPの起源であると推測される物品

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2037-JPの発生が確認された場合はサイト-8122の収容担当部隊が出動し、事態の隠ぺいを行ってください。SCP-2037-JP-1が生存していた場合は対象を確保し、サイト-8122の人型オブジェクト専用の収容房に収容してください。収容房内部の鏡面になりうる全ての物品を撤去し、担当医療班およびセキュリティ担当者は対象の健康状態を常にチェックし動向を監視してください。

SCP-2037-JP-1に対する24時間以上の接触、対話は原則禁止されています。インタビューは適当時間内で行い、内容に関しては研究班による審査を通過した原稿のみが適用されます。

現在、SCP-2037-JPの発生件数は一定の割合を維持していますが発生自体の抑制には至ってません。担当職員は継続して確保されたSCP-2037-JP-1の血縁関係者や交友関係の調査を行ってください。

説明: SCP-2037-JPは特定条件下に置かれた人間(以下、SCP-2037-JP-1とする)に発生する異常現象です。

SCP-2037-JPはSCP-2037-JP-1が鏡面を斜めに約50度の角度で視認した際に、鏡面上に人間女性の後ろ姿(以下、SCP-2037-JP-2とする)が映し出されるという現象として発現します。これ以降、SCP-2037-JP-1は対象との相対位置が角度条件を満たしている全ての鏡面上でSCP-2037-JP-2を観測するようになります。また、鏡面を視認する回数や経過時間と共にSCP-2037-JP-2を視認する角度が狭まっていくという現象も確認されます。これらの現象はSCP-2037-JP-1とSCP-2037-JP-2の位置が鏡面上で同位置に到達するまで継続し、鏡の視認回数に比例してSCP-2037-JP-1の鏡面に対する恐怖心などの心的影響が顕著に見られるようになります。その為、SCP-2037-JP-1は極度に鏡面状の物を避けるか破壊する等の行動に移ります。

もし、鏡面上でのSCP-2037-JP-1とSCP-2037-JP-2が同位置で映し出された場合、鏡面上ではSCP-2037-JP-2の後頭部のみが映し出される状態になりかつ鏡面を視認したSCP-2037-JP-1はその場で重度の錯乱状態に陥ったのち意識不明の状態へと移ります。この段階後、SCP-2037-JP-1はおよそ3日で意識を回復させますが総じて全対象が心神喪失状態へと移行し、社会的な生活活動が不可能な状態まで衰弱するか多様な手段により自害するなどの状態に陥ります。この状態に至ったSCP-2037-JP-1を治療する試みは未だ成功していません。

SCP-2037-JP-1となる対象は過去に█ 稚菜氏という人物と関係があった人物、またはSCP-2037-JP-1となった人物の血縁関係にある人物や交友関係を持った人物が該当し、これによりSCP-2037-JPの連鎖的かつ広範囲な影響の拡大が懸念されています。なお、影響拡大の防止策として関連人物に関する記憶処理が効果的であると実験により判明しています。

現在、稚菜氏(当時16歳)に関しては、19██年█月██日に██県██市にある██高校の5階理科準備室から誤って転落。死亡が確認されています。その場に居合わせた目撃者5名の証言からも事件性は無いとみなされ、事故として処理されています(なお、これらの事件概要は現場に居合わせていた生徒の証言をもとに構成されており、上記以上の詳細な情報はほぼ残されていません。)

補遺1: SCP-2037-JPは1995年█月██日の██県██市で発生した器物破損事件を切っ掛けに発見されました。当時、同県同市の繁華街にて男性1名がショーウィンドーのガラスを複数枚破壊するという事件が発生し、これにより██ 巧氏(当時35歳 後にSCP-2037-JP-2-001に指定)が逮捕されました。これに伴い現地警察による取り調べと捜査が行われ、██ 巧氏には実刑判決が下されました。しかし、その約1か月後に██ 巧氏の取り調べを行っていた担当警察官が突如失踪するという事案が発生、これを察知した潜入エージェントが事態の調査を行い、結果、失踪した警察官が以前より「後ろ向きの女性に付きまとわれている。」という相談を周囲の人間にしていたことが判明しました。この報告を受け財団は本格的な調査と収容に着手、██ 巧氏やその関係者を調査し、全員が同様の現象に遭遇しているまた既に影響の最終段階へと移行し死亡していることが判明しました。

補遺2: 以下は█ 稚菜氏の遺族に対して行ったインタビュー記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。