SCP-2051-JP
rating: +72+x
blank.png
hand-nature-person-light-black-and-white-woman-15867-pxhere.com.jpg

水中カメラによって撮影されたSCP-2051-JP

アイテム番号: SCP-2051-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2051-JP出現を防止するため落涙湖の周辺を封鎖した上で監視所に警備員が3名配置され民間人の落涙湖への接近を防止します。出現したSCP-2051-JPと接触することは可能な限り避けてください。

説明: SCP-2051-JPは███県落涙湖に出現するクラスA霊的実体1です。外見は概ねヒト女性のものですが、出現の度に容姿が異なり現在まで同一の容姿をした個体は確認されていません。

SCP-2051-JPが出現するには一定の条件が必要であると推測されていますが、それらを詳細に記述した文書はどのような形式でも「不明なヒト女性の微笑みと認識される画像または絵画」に改変されるため本報告書には記されません。SCP-2051-JP出現から消失までの過程も同様であり、目撃した職員の記憶も上記と類似した改変を受けます。唯一の例外はSCP-2051-JPが水没した瞬間であり、この時の記録のみ保存可能です。以下はSCP-2051-JP出現後に落涙湖周辺で発見された物品です。

  • 所有者不明の自動車(出現事例ごとに車種は異なり、内部の物品は全て不明なヒト女性の微笑みの写真または絵画です)
  • 所有者不明の携帯(全てのデータが不明なヒト女性の微笑みの画像で埋め尽くされている点を除き異常性はありません)
  • 桟橋の先端に置かれている1足の靴(全ての事例で靴は整えられた状態で置かれています)

補遺: 落涙湖は20██年まで女性が頻繁に行方不明となることで財団の注意を引いていましたが、調査の結果異常存在の関与が見られないことからそれ以上の興味を引くことはありませんでした。財団がSCP-2051-JPを発見して以降男性の行方不明件数が増加傾向にあることは留意すべきです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。