SCP-2057-JP
rating: +141+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2057-JP

hiyoko

SCP-2057-JP個体

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2057-JPは、通常生物収容房の飼育ケージ内で基本的に通常のニワトリの雛と同様の飼育手順に従って収容してください。また、SCP-2057-JPが視認できる位置に直径5cmの透明なアクリル球を複数個配置してください。アクリル球または他の球体にSCP-2057-JPの転移が確認された場合、孵化をさせた後に飼育ケージ内に再収容してください。

説明: SCP-2057-JPは、ニワトリ(Gallus gallus domesticus)の幼鳥です。後記の再誕プロセスと幼鳥のまま成長をしない点を除けば通常のニワトリの幼鳥との差異はありません。SCP-2057-JPの主な異常性は死亡の際に発現します。SCP-2057-JPは死亡時に視界内もしくは周囲のおおよそ球体の物質の内部へ3~4mmほどの胚1に変化した状態で転移します。転移後の胚は球体内の固体または液体を不明な原理で自身の栄養素に変換させて成長し、平均21日で幼鳥にまで成長して孵ります。この転移から孵化までの一連の流れを再誕プロセスと呼称します。この時、幼鳥になるまでに必要な環境条件は通常のニワトリのものとは異なり、どのような環境でも球体内で幼鳥まで成長することができます。ただし、孵化をするには幼鳥が生存できる環境が必要であり、適切な環境下でなければSCP-2057-JPは球体内で休眠状態に移行することがわかっています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。