SCP-2066-JP
rating: +37+x

アイテム番号: SCP-2066-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現在SCP-2066-JPが投稿した動画はアーカイブ保存されています。SCP-2066-JP-A-3を優先したSCP-2066-JP-A群は現在関東~北陸地方を中心に捜索されます。
SCP-2066-JP-A-2は標準人型実体収容基準に則った環境・食事及び月1回のカウンセリングと診断に基づいた精神安定剤・睡眠薬が提供されます。

説明: SCP-2066-JPは動画配信サイト「███████」上に存在するチャンネル「好き嫌い成敗!正義と悪のお料理劇場」及びチャンネル上に投稿される人型実体群(以下、SCP-2066-JP-Aと呼称)です。
SCP-2066-JP-A-1は赤色を基調としたスーツ及びマスクを着用した人型実体です。動画上の字幕及び本人の発言上においては「正義のお料理人デリシオス・レッド」と呼称されています。
SCP-2066-JP-A-2はブタ科に近しい外見にアリ科に酷似した形状の触覚を生やした頭部を有する人型実体です。マントを着用している事が殆どであり、動画上の字幕及び本人の発言上においては「悪料理怪人ピッグ・ザ・アントマン」と呼称されています。

SCP-2066-JPは2015年7月13日に「ごあいさつ」というタイトルの動画を投稿以降、平均して1週間に1本のペースで「好き嫌い成敗シリーズ」と称される動画の投稿を続けており、「ごあいさつ」以外の動画の内容は以下の手順に則っています。

  • 民家またはアパート等の共用住宅の前にSCP-2066-JP-A-1が立ち、この家の子供が苦手な食材を宣言後室内へと突入する。
  • 室内では大抵の場合SCP-2066-JP-A-2が苦手な食材を用いた料理を複数並べており、民家内の子供に強制的に食べさせようとしている。
  • 並ぶ料理を全てSCP-2066-JP-A-1が流し台の三角コーナーに捨てる、窓から投げ捨てる等の方法によって廃棄し、キッチンで料理を作製する。この時作成する料理は苦手な食材を用いているが、SCP-2066-JP-A-1の自称食べやすくする為の調理法が施される。
  • 例を挙げるならばフードプロセッサーによってペースト状に粉砕する、肉料理のソースに用いる、砂糖を大量に投与する等食材に応じて工夫は異なっている。
  • SCP-2066-JP-A-1が制作した料理を子供が食べ、苦手な食材を克服した事が大抵の場合宣言される。
  • SCP-2066-JP-A-1によってSCP-2066-JP-A-2の手法が間違っていた事が激しく糾弾され、子供に対してSCP-2066-JP-A-2が謝罪する。
  • 今回の料理に関する総括したSCP-2066-JP-A-1の台詞後、チャンネル登録・高評価ボタンを願う登録画面が表示される。

SCP-2066-JP関連記録01:

付記: 2015年9月28日に投稿された動画「好き嫌い成敗シリーズ#08 カボチャ嫌いは〇〇〇で克服!?」の書き起こし。

<開始>

(SCP-2066-JP-A-1が画面の右側より出現する。場所は住宅街の一角であり、犬の遠吠えが遠くから聞こえる)

SCP-2066-JP-A-1: 毎度同じみ!視聴者の皆さん、正義のお料理人デリシオス・レッドだ!今回は秋の味覚であるあの野菜!今の内に好きになっておかないと、ハロウィンに間に合わないかもしれないぞっ…いざ!(民家の玄関へと突入する)

(台所では小学校低学年程度の少年が椅子の上で泣き真似をしている。目の前のテーブル上にはカボチャの煮しめ、そぼろあんかけ、パンプキンパイ等カボチャを用いた料理が数種類並んでおり、カボチャが刺さったフォークをSCP-2066-JP-A-2が子供の前に差し出している)

SCP-2066-JP-A-2: (ブタの鳴き声が混ざった笑い声)さあ、カボチャを食べないとガンになっちゃうぞ!それでも良いのか!

(少年の口元は笑っているが、泣き真似を続けながら首を横に振る)

SCP-2066-JP-A-1: やめろ、[規制音]野郎!この[規制音]めが、こんな料理で少年の心を掴めると思っているのか!

(SCP-2066-JP-A-1がテーブルの上に立ち、料理を全て蹴り飛ばす。少年は驚いた表情を浮かべる)

SCP-2066-JP-A-2: (一瞬身体を震わせる)お前はデリシオス・レッド!何を言う、カボチャの青臭さや独特のねちゃねちゃした感触!無理にでも食べさせなければ子供は食べやしないだろう!

SCP-2066-JP-A-1: 流石豚の頭に似た[規制音]だな!そんな事、ちょっとしたアイディアで容易くこんな[規制音]料理よりおいしく食べられる料理を作ってみせるさ!(床に落ちた料理を踏みにじる)

SCP-2066-JP-A-2: だったら作ってみろ!

SCP-2066-JP-A-1: 上等だ、レッツ・クッキング!(キッチンへと立つ)

(約10分間に渡るSCP-2066-JP-A-1の調理動画。適当な大きさにスライスしたカボチャに大量の砂糖を混入した衣を付け、ほぼ黒色になるまで揚げた天ぷらと思わしき物体を作成して皿の上に盛り、その上から粉砂糖を大量に浴びせた)

SCP-2066-JP-A-1: さあ、これが俺の天ぷらさ!青臭さは油で揚げ、ねちゃねちゃした感触がなくなるまでカラッと揚げてやったぜ!

SCP-2066-JP-A-2: フン…これがお前の料理だと!早速食べてみるんだな!

(少年が作成した料理を口に運ぶ。極めて硬い物が砕ける音が口内から響く)

SCP-2066-JP-A-1: どうだ!美味しいだろう?

少年: (コップ内の茶と思わしき液体を飲む)(伏せていた目線をSCP-2066-JP-A-1に向ける)おいしいです

SCP-2066-JP-A-2: ば、馬鹿なっ!?(その場に崩れ落ちる)

SCP-2066-JP-A-1: どうだ見たか!これが必殺のデリシャス天ぷらだ!お前みたいな[規制音]料理人なんて[規制音][規制音]なんだ!とっとと謝れ[規制音]!

SCP-2066-JP-A-2: (少年に対して土下座する)こんな料理があったなんて思わなかった…これでカボチャも食べれるかい?

少年: (目線を逸らしながら頷く)

SCP-2066-JP-A-1: さてみんな!揚げ物をする時には生焼けにならないようにじっくり火を通す事が大切だぞ!デリシオス・レッドとの約束だ!そしてチャンネル登録・高評価もよろしくな!(足下で食器が砕ける音。先程SCP-2066-JP-A-2の作成していた料理と予想される)

(チャンネル登録ボタンと過去の動画が並ぶ静止画に切り替わる)

<終了>

SCP-2066-JPは財団が動画サイト上に保有している監視botにより2015年7月17日に発見、以降の調査により動画上に存在する民家及び家庭は全て日本国内、神奈川県横浜市を中心に実在する事が判明しています。
動画上に登場・現住所の特定に成功した家庭へのインタビューに基づき、以下の作戦によるSCP-2066-JP-A群確保作戦が計画されました。

  • SCP-2066-JPへ動画サイト上の機能により、ダイレクトメッセージを送信する。送信内容は「ししとう嫌いを克服させたい」料理の希望は「真似したい洋風料理」とする。
  • ダイレクトメッセージ上での返信が確認出来た場合、確定した撮影日時に合わせて機動部隊をエージェント・飛井田の自宅内部へ配備する。
  • SCP-2066-JP-A群の室内侵入が確認されたと同時に出入り口を封鎖、勧告もしくは実力行使による確保を行う。
  • 確保方法によって周辺地域にカバーストーリー「ガス漏れ」を流布する。

2015年11月16日、エージェント・飛井田の自宅近辺にマスク及びフードで顔を隠したSCP-2066-JP-A-2が接近した事から部隊により包囲・勧告による確保に成功しました。ダイレクトメッセージ機能による撮影実施は11月18日でしたが、SCP-2066-JP-A-2は撮影画場所の下見として訪れたと回答しています。
財団への協力と引き換えにSCP-2066-JP-A-2は以下の要求を行っています。

  • SCP-2066-JP-A-2自身の安全の確保及びSCP-2066-JP-A-1他SCP-2066-JP関係者に対する隠蔽措置
  • SCP-2066-JP-A-1に対する法的措置
  • 心理療法士による定期的カウンセリング
  • 睡眠薬または精神安定剤の処方

SCP-2066-JP関連記録10:
付記: SCP-2066-JP-A-2が所持していた携帯電話内に存在していた音声データの書き起こし。SCP-2066-JP-A-2は2015年10月31日に録音したものだと回答。

<開始>

(ライターの点火音。当時SCP-2066-JP-A-1が煙草を吸っていたと回答している)

SCP-2066-JP-A-1: で、どういう事?

SCP-2066-JP-A-2: 前から言ったんですけど、ナカダマさん(SCP-2066-JP-A-1の名前だと回答)の撮影中の言動とか、かなり苦情が来てるんですよ

SCP-2066-JP-A-1: (ため息)そういう所とかさ、どうにかするのが動画編集じゃないの?違う?

SCP-2066-JP-A-2: 分かってます。分かってますけど、カメラ回ってる時の罵声とか悪口とか、あれにピー音入るじゃないですか。

SCP-2066-JP-A-1: うん。

SCP-2066-JP-A-2: それもね、かなり手間なんですよね。分かります?あれが全部なかったらですね、編集とかもかなり楽になるんですよね。

SCP-2066-JP-A-1: (舌打ち)

SCP-2066-JP-A-2: いえ、使うなって事じゃないんですけどね。調理とか、最後の言葉とか。あんな風にナカダマさん隙あらばって感じじゃないですか。

SCP-2066-JP-A-1: 何?駄目なの?

SCP-2066-JP-A-2: 駄目っていうか、その、サイトの規約的にはかなりまずいんですよね。ですからね、これから気を付けて下さい。後料理に関してですけどね。

(鈍い音。SCP-2066-JP-A-2はSCP-2066-JP-A-1がテーブルを蹴った音だと回答)

SCP-2066-JP-A-2: あのですね、本当すいません。すいませんけど、料理の評判がかなり悪いんですよね。

SCP-2066-JP-A-1: 俺の作った料理が?何でよ?

SCP-2066-JP-A-2: コメント欄とかも「作ってみたけどまずい」とか「頭が悪そう」とか言われてるじゃないですか。子供に作ったけど食べたがらないとかも…

SCP-2066-JP-A-1: それは作り方が悪いんだよ。

SCP-2066-JP-A-2: いえ、そういう話じゃないんですよ。本当にですね、ナカダマさん。事前に何を作るのかこっちに話しませんか?そしたら調整とか利くじゃないですか。

SCP-2066-JP-A-1: 俺の料理に文句あんの?お前の実家が強盗に遭ったのに?

SCP-2066-JP-A-2: それ…それは関係ないですよ。文句って言うか、子供が食べられる様に改善とかもね、出来た方が…

(テーブルが激しく叩かれる音)

SCP-2066-JP-A-1: 文句あるからそんな事言うんだろ!ふざけんなよこのアリ豚!(この時点で胸倉をSCP-2066-JP-A-1に掴まれたと回答)

SCP-2066-JP-A-2: 文句…ああ、ああもう言いますよ!ナカダマさんの料理下手でマズいんですよ!だから苦情がずっとあって

(連続した鈍い音。SCP-2066-JP-A-1によってSCP-2066-JP-A-2の頭部がテーブルに叩き付けられる音だと回答)

SCP-2066-JP-A-1: うるさいんだよ!(鈍い音)俺の料理がマズイっていう奴は作り方が(鈍い音)悪いって言ってるだろうが!(より大きな鈍い音。SCP-2066-JP-A-2が窓へ叩き付けられた音だと回答)

SCP-2066-JP-A-2: (呻き声)導入で作ってる料理の方が美味しそうってコメントもあるじゃないですか…全部私が作ってるのに、全部廃棄するのもやめてくれませんか!

SCP-2066-JP-A-1: ほらまた文句言った!俺だってガキ相手の料理なんて作りたくないんだよ!でもこっちの方が人気出るんだよ!お前達が俺に合わせろよ!(連続した鈍い音。SCP-2066-JP-A-2の腹部が蹴られる音だと回答)

SCP-2066-JP-A-1: (舌打ち)こんな事で時間取らせるんじゃねえよ本当…ああもう、クソったれが…

(引き戸が強く閉じられる音)

<終了>

追記:2015年11月17日に行った診察において、以下の症状が確認されました。

外傷(診断で確認されたもの)…殴打による顔及び背中の内出血(負傷度合いのばらつきから定期的な暴力行為を受けていたと思われる)、右腕上腕部に煙草を押し付けられたと思わしき火傷痕、右触覚先端の欠損、ストレス性胃潰瘍、両目の充血、左手の腱鞘炎、殴打による右眼の視力低下
精神面(診断で確認された・問診により発覚したもの)…不眠症、幻聴、生活リズムの著しい乱れ、味覚の鈍化、倦怠感、赤色の服を着用した男性に対する恐怖症

SCP-2066-JP関連記録11:

付記: 2015年12月9日日本時間20時にSCP-2066-JP上に「【特別企画】緊急生放送!ピーマン嫌いを克服せよ!」というタイトルで行なわれたライブ配信の書き起こし。今回の内容についてSCP-2066-JP-A-2は「何も知らない」と回答している。

<開始>

(金色のコスチュームにコック帽を被ったSCP-2066-JP-3が画面上に登場する。撮影位置は分析した結果茨城県内の市街地である)

SCP-2066-JP-A-3: やあ皆、今回は(咳き込む音)やあ皆、今回は特別にライブ配信だぞ!今日のお題はこちらの民家だ!(スマートフォン上のメールを画面内に表示する。文面は個人情報を特定するには十分な情報が記載されている)

男の声: ちょっと、文面直接見るのはまずいんじゃ

SCP-2066-JP-A-3: あっ(スマートフォンを懐にしまう)だからだな……とにかく嫌いな料理が待っているぞ!いざ出撃!(民家の扉を蹴破り内部に侵入する)

(女性の叫び声。民家内の台所のテーブル上には紫色の煙を立ち上らせる未知の料理、脅えた子供、部屋の隅で恐怖の表情を浮かべている母親が映し出される。テーブル上には普段と異なり黒色のコスチュームに身を包んだSCP-2066-JP-A-1がポーズを取った状態で立っている)

SCP-2066-JP-A-1: はーっはっはっは!このゴミムシ屑野郎!

(SCP-2066-JP-A-3によってテーブルがSCP-2066-JP-A-1諸共蹴り上げられる。テーブルの料理は吹き飛び、角が幼児用椅子に座らせられていた子供の顔を掠める)

SCP-2066-JP-A-3: なんだとこのクソ野郎!もう一度言ってみろ!(子供は出血している。SCP-2066-JP-A-3は体勢を崩したSCP-2066-JP-A-1を延々踏み付けている)

SCP-2066-JP-A-1: (破砕音)ちょっ、前の打ち合わせ…打ち合わせ通りっ(踵で踏み付けられた事により頭部にヒビが入る。血液と思わしき緑色の液体が辺りに飛び散る)

男の声:ちょっと!ちょっと今ライブ中ですよ!撮影!

SCP-2066-JP-A-3: あっ……まあ良いだろ、今日中止で……おい、どこに通報してるんだよてめぇ!

(映像の画面が途切れ、以降ブラックアウト。叫び声、ガラスが割れる音、破砕音、子供の泣き声、強制的な切断音)

<終了>

追記: 同日に茨城県内で発生した爆発事故との関連性は現在調査中。

追加情報: 2015年12月29日、SCP-2066-JPは動画チャンネルを削除しました。2016年1月2日、岩手県内の山中で著しい火傷痕を負ったSCP-2066-JP-A-1と思わしき人型実体の遺体が発見されました。遺体周辺には融解したフライパン等の調理用器具類が散乱しており、SCP-2066-JPの動画撮影中に死亡したものと予想されています。以下はSCP-2066-JP-A-1の生体解剖結果です。

外傷…生前に左眼は失明済み、アルコールの過剰摂取に伴う大脳の萎縮、胃潰瘍、2週間前~死亡する前日に至るまでに負ったと思わしき全身28箇所の骨折
精神面(外傷からの予想に基づく)…頭部を壁に打ち付ける自傷癖、ストレス性胃潰瘍、アルコール依存症
備考…胃袋内部に生前飲み込んだと思わしきUSBメモリが発見、メモリ内部には以下の文章データのみ存在していた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。