SCP-2081-JP
rating: +46+x
blank.png
bokin.jpg

確保された際のSCP-2081-JP

アイテム番号: SCP-2081-JP

収容クラス: Neutralized

特別収容プロトコル: N/A

説明: SCP-2081-JPは「私利私欲1億円募金!」と日本語で印字されたラベルが貼付された円筒型募金箱です。SCP-2081-JPは、自身を視認したヒト個体に対し金銭投入の欲求を発生させる精神影響特性を有しています。しかし、この精神影響特性の微弱さから、影響を受けたヒト個体は金銭の投入を行わないか1円硬貨の投入のみに留めます。なお、この時1円硬貨を投入するヒト個体の精神抵抗値には一定性が存在しません。また、SCP-2081-JPに1円硬貨以外の物品が投入された事例は確認されていません。

23:59(JST)、SCP-2081-JPは東京都の人口密集地における監視カメラ等によって監視されていないランダムな地点に転移します。この時、SCP-2081-JP内に投入されていた硬貨は消失します。

目撃者の証言から、SCP-2081-JPが最初に出現したのは2011/01/01の東京都豊島区の繁華街であると推定されています。以降は連日転移を繰り返していると推定されていますが、転移の予防法が存在しないこと・影響されたヒト個体への被害が非常に軽微であること・並びに財団によって発見された時点で不特定多数の民間人に存在が露呈していることから、特別収容プロトコルはSCP-2081-JPの異常性隠匿を目的として制定されました。


補遺2081-JP-1: 2018/12/31、東京都新宿区の繁華街において、SCP-2081-JPの付近に覆面をした不審人物が出現しました。SCP-2081-JP周辺を監視していたエージェント・柴田が、当該人物に接触しました。

映像記録


<記録開始>

SCP-2081-JPの前に不審人物が立っており、SCP-2081-JPに対し何らかの作業を行っている。

エージェント・柴田: 失礼します、何をなさっているんですか?

不審人物: ん?いや、良い感じに貯まったから、そろそろこいつの機能を止めようかと思ってさ。

エージェント・柴田: つまり、あなたがこの募金箱の所有者なんですか?

不審人物: そうそう。いやあ、ここまで来るのにも苦労したよ、全く。

エージェント・柴田が不審人物に接近する。

エージェント・柴田: その件について、詳しく伺わせていただいても?

不審人物: いいよ。どうせもう終わってるしね。

エージェント・柴田: ではまず、その募金箱を作った目的を聞かせていただいても?

不審人物: ん?いや、書いてあるでしょ?募金で1億円貯めようかと思って。

エージェント・柴田: それにしては、精神影響が弱いようですが。

不審人物: ああ、まあね。でも、いきなり誰かから1億円もらったり、1000円とか一気に集めてたりしたらあんたらみたいなのに目をつけられるだろ?他の馬鹿じゃない奴らも大体そうしてるし、俺もそれに倣った感じだな。でもまあ、ようやくそれも終わりだ。

エージェント・柴田: どういうことですか?

不審人物: もう、8年ぐらいになる。こんだけ長い間やってりゃ、いくらなんでも1億ぐらい貯まってるだろうよ。いやあ、まんまと手に入れちゃったなあ。

エージェント・柴田: …失礼ですが、その。多分、貯まっていませんよ。

不審人物: …ん?

エージェント・柴田: その、我々が8年間あなたを放置してきたのは、その募金箱を止めるのが困難だったのもありますが…それ以上に、それによって貯まっていく金額が微々たるものだったからです。

不審人物: へ?

エージェント・柴田: だって、1ヶ月で大体400枚、1日にしたら13枚程ですよ?そんな雀の涙ほどしか減らない募金箱で、しかもさしたる影響を周囲にもたらさない。我々が見逃したのは、そんな微小被害のものに時間や費用を割くべきでないと判断したからです。…多分、8年間で3、4万円程度にしかなっていませんよ。

沈黙。

不審人物: え、あ、その。

沈黙。

不審人物: …じゃ!

不審人物とSCP-2081-JPが消失する。

エージェント・柴田: あっ。

<ログ終了>


後記: エージェント・柴田は、不審人物への情報漏洩によって処罰を受けました。

2018/12/31の消失以降、SCP-2081-JPの出現は確認されていません。最後の転移から1ヶ月が経過したことからSCP-2081-JPは無力化したものと見なされ、2019/02/01、収容クラスの再分類および特別収容プロトコルの停止が実施されました。なお、これまでにSCP-2081-JPに投入された1円硬貨は最低でも約31,420枚であると推定されています。









特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。