SCP-2093-JP
rating: +52+x
blank.png
8A4B0C11-575F-498F-909F-0A8236B10775.jpeg

SCP-2093-JP対象者により撮影されたSCP-2093-JP実例

アイテム番号: SCP-2093-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: その総数の多さから、SCP-2093-JPの収容には多大なコスト・情報操作を必要とします。加えてSCP-2093-JPは一種の自己収容性を有しており危険性・ヴェール崩壊を誘発する可能性は低い事から、現在収容は行われていません。

説明: SCP-2093-JPは、対応する特定個人(以下、対象者と呼称)の認識に由来して生成されると推測される人型実体群の総称です。

SCP-2093-JPは、外見的には通常の人間と同様の形態を取ります。容姿における特徴として、概ね対応する対象者の嗜好1に合致している事が確認されています。しかし採取された生態組織を分析した結果は、SCP-2093-JPが低ヒューム物質2によって構成されている事を示しました。

SCP-2093-JPは、対象者に認識されている範囲内においてのみ存在する事が可能です。例としてSCP-2093-JPと対象者が会話を行なっている状況下において対象者が目を閉じた場合、SCP-2093-JPの肉体は消失し声のみが継続して存在する状態となり、対象者が目を開くと同時に再出現します。加えてSCP-2093-JPの振る舞いは、対象者の知覚範囲外の現象3を把握できていないように見えます。またSCP-2093-JPは対象者の覚醒中常時出現状態にある訳ではなく、出現時間は平日においては平均約5時間、休日においては平均約8時間です4

SCP-2093-JPは、認識補強剤を接種していない生物に対して自身の出現・消失に関する疑念を消失させる認識災害能力を有しています。加えて対象者に対しては、自身が対象者の恋人/友人であると認識させる認識災害能力も同時に有しています。

出現状態にあるSCP-2093-JPの行動は、ほとんどが対象者とのコミュニケーションに費やされます。特筆すべき点として、認識・情報災害部門による調査からSCP-2093-JPの有する認識災害能力は上述の2つのみであると確認されているにも関わらず、対象者がSCP-2093-JPの言動によって気分を害する事象は現在まで確認されていません。この事から、SCP-2093-JPは対象者の思考を把握する能力を有している事が予想されています。

SCP-2093-JP実例が最初に確認されたのは2021.2.1であり、当報告書執筆時2021.9.20まで全世界において約8500のSCP-2093-JP実例が確認されています。

対象者に概ね共通する特徴としては、以下の2つが挙げられます。

▪︎ 恋人・親しい友人が存在しない。

▪︎ 情緒不安定・睡眠障害・倦怠感等高ストレスに起因すると推測される症状を発症していた。

これらの特徴と前述したSCP-2093-JPの高いコミュニケーション能力から、ほとんどの対象者は対応するSCP-2093-JPに対し依存の傾向を示します。

以下は複数の対象者に対して行われたインタビューの内最も典型的な実例の1つ及び、その対象と対応するSCP-2093-JPの第三者視点の印象の調査のため、対象の知人に対し実施されたインタビューの書き起こしです。

記録日: 2021.6.3

対象: E████ A███ (21歳男性。SCP-2093-JP対象者であり、対応するSCP-2093-JPに対しては同年代の恋人という認識を持っている。)

インタビュアー: エージェント-1276

付記: 当インタビューはスーパーへ向かうため外出していた対象に対し、「大学の研究で行っている『人間関係とそれに伴う生活の変化』についての調査」という名目で実施された。数分の拘束の報酬として5ドルを支払う事を提示したところ、対象は当インタビューを受ける事を承諾した。


インタビュアー: では早速インタビューを開始させて頂きますね。直近の……最近でなくても構いません、1番最後に起こった人間関係の変化と、それに伴う思考や日常生活の変化について教えて下さい。

対象: えっと、その、彼女ができたんだよ、今年の3月の半ばくらいに。

インタビュアー: それは良かったですね。初めての彼女さん ー

対象: ああ、全部一気に話しちゃうから質問はいいよ。まあそう、初めての彼女。本当にいい娘だよ、彼女といる時はいつも心が落ち着くんだ。実のところ長い間眠れなかったり食欲が出なかったりで悩んだりしてたんだけど、彼女と付き合い始めてからはそれも治ってさ。

インタビュアー: それは良かったですね。ちなみにもしよろしければですが、不眠や摂食障害について何か心当たりがあれば教えて頂けないで ー

対象: [苛立った様子で] ねえ、今さっき俺が一気に話しちゃうから質問はしなくていいって言ったよね?なのに何でそれが聞けないかな。

インタビュアー: 申し訳ありません、当初の質問では人間関係の変化以前の事については聞いていなかったので、改めて聞かなければならないかと思いまして。

対象: ……まあいいよ、お金貰える訳だし、このくらいは許してあげる。それで、不調の理由についてだっけ?まあその何というかさ、俺必要ない事ぺちゃくちゃ喋る奴が嫌いなんだ。見てるだけで腹立たしくてさ、分かんない?それでまあなんだ、ハイスクールの頃はうるさいけど勉強に集中してれば関わらずに済んだんだけどさ、大学入ったらゼミが必修だったからそうもいかなくて。そのゼミの連中がまたクソでさ、絵に描いたような猿だよ、本当に。一時も休まずにぺちゃくちゃぺちゃくちゃ、そんなのと毎日同じ机に座ってたらストレス溜まるだろ?まあそんなところだね。じゃあこんなもんでもういいかな?

インタビュアー: その、よろしければもういくつか質問をしてもいいでしょうか?

対象: まだあるの?俺だって暇じゃないんだよ。最初の質問に最低限は答えたはずだ、もうこのインタビューは終わり。約束通り5ドルをくれよ。

インタビュアー: ……分かりました。後いくつか質問に答えてくれたらもう5ドル追加します。これでどうでしょうか。

対象: [数秒の沈黙]早くやれよ。

インタビュアー: ありがとうございます。では「うるさい人間が嫌い」との事でしたが、彼女は違うんですね?

対象: そりゃ彼女はあんな奴らとは違うさ。いい女だよ、基本的にはそこにいるだけで、俺が質問した事にだけ答えてくれる。

インタビュアー: ……その、失礼な質問かもしれないのですが、彼女さんができたとはいえ「ただそこにいるだけ」で何か変わるものなのでしょうか。

対象: 何も分かってないなぁ。別に俺は猿みたいにうるさいのが嫌いってだけで、普通に友人や彼女は欲しいんだよ。それに自分が必要とされてるってのは安心感にも繋がるし。ずっと1人で寂しかったのが彼女と付き合って解消された、簡単でしょ?


記録日: 2021.6.3

対象: J███ N███████ (20歳男性。E████ A███氏と大学において経済学系の同じゼミに属している。)

インタビュアー: エージェント-1276

付記: 当インタビューは大学から帰宅中の対象に対し「『E████ A███の身辺調査』という探偵業の依頼を受けての聞き込み」という名目で行われた。対象は申し出を快諾したが、口止め料として10ドルが支払われた。


インタビュアー: それではインタビューを始めさせて頂きます。それにしても意外でしたね、こういった聞き込みは大抵ごねられる事が多いのですが、こうもスムーズにいくとは。

対象: そういうものなんでしょうか。

インタビュアー: 自分の友人についてよく分からない男が聞いてくる訳ですから、普通警戒もしますし罪悪感に悩んだりするものですよ。

対象: ……まあそうですね、正直なところあなたの事を信用してるかと言えばそうじゃないんですが、それはそれとして彼の事はあまり好きではないので。

インタビュアー: 何か個人的な確執があったのでしょうか?

対象: いえ、単純に気に入らないというだけです。というかこう言っちゃなんですけど、彼の事はみんな嫌いだと思いますよ。

インタビュアー: 何故でしょう。

対象: まあ俺はゼミでしかあいつと会いませんけど、嫌な奴ですよ。ディスカッションでは話が盛り上がると露骨に舌打ちとかして機嫌悪くなるだけで全然喋りませんし、そのくせ出来上がったものにはケチつけてくるから本当に腹立ちますね。当然オフとかには全く顔出さないんで、そこだけは救いですけど。

インタビュアー: なるほど、普段の様子はそのような感じと。では彼について知っている情報は今話された事くらいという事でしょうか。

対象: ああいや、それが不思議なんですけど、あいつめちゃめちゃ可愛い彼女がいるっぽいんですよ。よく大学の近くのカフェで見かけるんですけど。

インタビュアー: ほう、彼女さんですか。

対象: そうなんですよ、あんなののどこがいいのか。しかも見かけるたびいっつもあいつがベラベラ喋ってて、彼女の方は基本ダンマリで。あいつがあんなに喋ってるのゼミでは一回も見た事ないですよ。

インタビュアー: 彼女にだけ心を許せるみたいな感じなんでしょうかね。

対象: まあそれだけならそういうものなんだなで終わりですけど、機嫌悪いときはマジで見てらんないですよ。自分で話しながら勝手にキレて、いきなり彼女を叩いたり、罵倒したり、外だってのに揉んだり嗅いだり。本当最低な奴です。でも彼女の方もそれに対して怒るどころか嫌がったりもせず、ただ奴の機嫌とってニコニコしてるんです。正直彼女も彼女で若干気持ち悪いですね、恋ってそういうものかもしれないですけど。でもやっぱり俺にはあいつのどこがいいのか理解出来ないですよ、外見にだってお世辞にも気を遣ってるとは言えないのに。


補足: E████ A███氏のSCP-2093-JP出現後における特徴的な行動として、上記インタビューで挙げられたものの他に以下が確認されている。

・SCP-2093-JPに対する家事労働の強要。

・匿名SNSにおける、SCP-2093-JPが自身の彼女である事をアピールする高頻度の投稿。

留意すべき点として、これらの行動及び上記インタビューで挙げられた行動は、SCP-2093-JP対象者全体の傾向として多く見られるものである。


















特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。