SCP-2125-JP
rating: +81+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2125-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2125-JPの死体は現在、防腐処理が施された上でサイト-819Aの標準生物用長期的冷凍保管庫に収容されています。

説明: SCP-2125-JPは、戸籍上は東京都在住、本名は柿本 勇と記録されているモンゴロイド男性です。SCP-2125-JPは、2020年10月12日に発生した火災事故の際に、全身は重度の火傷を負っているにも関わらず、両瞼の表側のみ火傷を負っていない焼死体として発見、収容されました。

SCP-2125-JPの両瞼の裏側には、0.1mm×0.1mmの文字で構成された文章が、油性インクとその焦げ付きによって刻まれています。文字が刻まれた手段は不明ですが、その筆跡はSCP-2125-JP自身の筆跡と一致しています。またその文章の内容から、SCP-2125-JPの異常性は2020年4月10日から発現したものであると考えられます。

以下は、SCP-2125-JPの瞼裏に刻まれていた文章の内容です。

左目瞼裏に書かれていた文字

  • 4/13 なんで言われたことも出来ないの?
  • 4/13 言われたことぐらい、ちゃんとやってくれよ。
  • 4/20 新人だからって甘えてんじゃねえぞ。
  • 4/21 死ぬ気でやれ。
  • 4/23 ふざけんなよ。
  • 4/23 お前の代わりなんていくらでもいるんだよ。

[以降、数字は異なるものの類似した文章が複数登場する。]

  • 10/12 やめろ、落ち着け。
  • 10/12 なんで俺が謝らなくちゃいけないんだ。全部、お前が仕事できないからだろ。
  • 10/12 熱い。熱い。助けてくれ。

[以上の文章は焦げ付きによって刻まれているが、以降の文章は油性インクによって刻まれている。]

  • 10/12 迷惑なやつだな、ほんとに。
  • 10/12 死ぬなら1人で死ねよな。

右目瞼裏に書かれていた文字

  • 4/10 言われたことは見えるところにしっかりメモすること!
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。