SCP-2153-JP
rating: +14+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2153-JP

オブジェクトクラス: Safe-prodest1

特別収容プロトコル: SCP-2153-JPは現在サイト-81██内のサイト管理室に設置され、サイト内収容オブジェクトの収容違反を知らせる警報機として使用されています。SCP-2153-JP担当職員は毎月1日にSCP-2153-JPの定期メンテナンスを行ってください。また、サイト-81██に勤務する職員に対し、SCP-2153-JPの異常性の周知、並びにSCP-2153-JPの発した警報への対応について定期的な教育を行ってください。

説明: SCP-2153-JPは財団によって作成された警報機であり、後述する理由から限定的な過去改変能力を有していると考えられています。

SCP-2153-JPは電源が入っている間、サイト内に収容されているオブジェクトの収容違反を察知すると、館内放送を通してサイト全体に以下の内容の警報を発します。

[約3秒間のアラート音]
[対象のオブジェクトクラス]クラスオブジェクト、[対象のアイテム番号]の収容違反が発生しました。職員の皆様は警戒態勢を敷き、直ちに再収容に当たってください。繰り返します。[以下同様の内容]

SCP-2153-JPは運用当初、収容違反が発生していないにもかかわらず警報を発する誤作動を繰り返していたために故障品だと考えられていました。しかし、SCP-2153-JP設置以降のサイト-81██内の収容違反発生件数が激減したこと、及び誤作動を含めたSCP-2153-JPの警報発令件数がそれ以前の平均的な収容違反発生件数に近かったことが判明したことから、『SCP-2153-JPは警報発令をトリガーとして過去改変を引き起こし、収容違反そのものを消し去っているのではないか』という仮説が立てられました。

その後の検証の結果、SCP-2153-JPは『自身の発した警報に対し、それを聞いた人物の過半数がその内容を真実だと考えた場合に過去改変を引き起こし、警報の事柄を無かったことにする』という異常性を有していると結論付けられました。どのような経緯でこの異常性を獲得するに至ったかについては現在まで判明していません。

『SCP-2153-JPの異常性は財団にとって極めて有用であり、ごく短い時間での過去改変であるため大規模なCK-クラス:再構築シナリオの発生は起こり得ない』という判断のもと、引き続きサイト-81██で警報機としての運用がなされることがO5評議会により決定されました。

補遺: 2020年8月1日に行われた定期メンテナンスにおいて、SCP-2153-JPの作動時に記録される録音機能に不自然な記録が発見されました。以下はその内容です。

<録音開始, 2020/07/24 23:15:06>

男児の声2: 僕は収容違反を知らせる機械じゃない。人間です。ごめんなさい。3

<録音終了>

現在、この録音記録に対する調査が行われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。