SCP-2167-JP
rating: +12+x

アイテム番号: SCP-2167-JP

Ef3yR_7U8AADS31.jpg

Dクラス職員によって撮影されたSCP-2167-JP。

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 1999年現在██港の全施設は財団が所有しており、従業員に変装した職員によって運営されています。敷地内には大型倉庫に偽装した研究施設を設置しSCP-2167-JPとSCP-2167-JP-1の監視および調査を行ってください。

██港の開放は午後7時までとし、SCP-2167-JP出現中の波止場への侵入は全面的に禁止されます。午後7時以降は警備員に変装したセキュリティ担当者が一般人の侵入を阻止し、財団職員または敷地内に侵入した一般人がSCP-2167-JPに暴露した場合は対象を拘束したうえで一時的に██港内の隔離区画に収容してください。その後、拘束した対象は身体検査を行ったうえで担当サイトの収容区画へ移送してください。

現在、SCP-2167-JPの実験は一部凍結されています。

説明: SCP-2167-JPは██県██市に位置する██港で観測される形式不明の大型船舶です。SCP-2167-JPは港からおよそ███km離れた地点を常に浮上しており、██港から見て右方向(方角的には北東)に向かって直進しています。

SCP-2167-JPは██港の波止場に存在する人間にのみ観測され、対象への接触を試みたとしても██港から離れた距離と同様の地点を維持する様に観測されるため成功しません。SCP-2167-JPに対してレーザーの照射実験を行った場合もオブジェクトに依存する反射が一切観測されないという現象が発生し、対象の実存性も未だ不明です。

SCP-2167-JPの出現は毎年█月██日の午後7時34分から午後7時40分の間に発生します。この時にオブジェクトを視認した人間(以下、暴露者)がいた場合、暴露者は約20秒間静止した後に全員が「間違いであった。」という内容の発言をしながらSCP-2167-JPへの接近を試みます。これにより大半の暴露者は波止場から海へと入水し、上記の特性から体力の限界により気絶もしくは溺死します。

SCP-2167-JPによる暴露者への影響は永続して発現し、記憶処理を用いた治療を行ったとしても改善されません。また、どのような地点に暴露者を隔離したとしても暴露者は██港の位置を正確に理解しかつ現地へ向かおうとする特性も獲得するため、暴露者に関しては専用の隔離房に収容したうえでの経過観察が継続されています。

現在、██港の敷地内ではSCP-2167-JPが出現している間に録画機器を用いて撮影した場合にのみ観測が可能な成人男性と思われる人型実体(以下、SCP-2167-JP-1)が確認されています。SCP-2167-JP-1は主に黒色のロングコートを着用しているように見え、基本撮影場所から常に離れた位置に出現する傾向があります。SCP-XXX-JP-1の詳細な容姿や情報は出現地点の法則性の無さや上記の傾向により分析が難航しています1。1998年現在、SCP-2167-JP-1がSCP-2167-JPの出現に起因しているとみて調査が継続されています。

補遺1: SCP-2167-JPは1994年█月██日に発生した██港内での傷害事件を切っ掛けに発見されました。当時、3名の財団エージェントが隣接する海岸にて海洋に関連する異常現象の調査中であり、同日の午後7時55分、██港にてSCP-2167-JPに暴露した一般人による傷害事件が発生しました。当初は通常の事件として現地警察により処理されましたが、留置所に収監されていた暴露者の状態などからエージェントらは現地調査を開始。結果、██港で働く従業員や漁師間で結ばれていた「█月中の午後7時以降は波止場周辺に接近してはならない」という非公式の規約を設置していることが判明し、それに伴い存在や船に関連する情報が発覚。後の分析でSCP-2167-JPの存在が判明しました。

なお、SCP-2167-JPと██港に関連する明確な資料や証言は未だ確認できておらず、SCP-2167-JPの出現原因となる情報の特定にも至っていません。

補遺2: 以下は実験に参加したDクラス職員に対して行ったインタビューの記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。