SCP-2179-JP
rating: +30+x
blank.png

誤伝達部門より通達

当該文書の編集は禁止されています。

本報告書を閲覧する全ての財団職員は、SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しないことに留意してください。

— エリ・フォークレイ、誤伝達部門主任


publicdomainq-0060206apw.jpg

川田 恵美子(享年21)

アイテム番号: SCP-2179-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2179-JPの肉片は、サイト-8139の高秘匿性チャンバーにて冷凍保存されます。如何なる状況であっても、このチャンバーを開放する試みは許可されません。

説明: SCP-2179-JPは、21歳の日本人女性である川田 恵美子と同義でした。SCP-2179-JPの異常性は、自身を認知した人物に対して致死性の情報災害を発生させるものだったと推測されます。しかし、SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しない為、当該実体が引き起こしたとされる死亡事案の全てが虚偽、もしくは観測者の程度によって曖昧に変化する異常な曲解現象である可能性が指摘されています。詳細は補遺の映像記録2179-JPを参照してください。

SCP-2179-JPは生前1、強い希死念慮を抱いていました2。それに関連してSCP-2179-JPは常に抑鬱状態にあり、その大元の原因はSCP-2179-JPを取り巻く劣悪な家庭環境に起因していたものと仮定されています3。これは本報告書の作成者である私、倉敷 孝史4と、SCP-2179-JPの降霊5を担当した外部協力者の████氏の共同で行われた非公式な検証実験の結果から、概ね真実であると証明されています。

検証実験: 2016/11/24、倉敷研究員と████氏の両名がSCP-2179-JP収容室内部で倒れている所を巡回中の警備員6が発見しました。事態の収束後、████氏の関係者にはカバーストーリー「交通事故」を適用し、同氏の残された遺体の一部を遺族に返還しています。収容室内に設置された監視カメラの映像記録を解析した結果、倉敷研究員は████氏の死亡から凡そ15分間ほど長く生存しており、SCP-2179-JPの異常性によって意識を喪失する直前まで、持参したノートパソコンを用いて本報告書の編集作業を行っていたことが判明しています7

私が本報告書内に追記した文章は、その大部分を箇条書きで記述しています。これらの情報は、████氏の肉体を依り代に降霊させたSCP-2179-JPとの対話から得られたもので、当該実体が異常性を発現させるに至った起源として一定の信頼性が担保されています。

以下に、その内容を示します。

  • 川田 恵美子は高機能自閉症の患者であり、周囲との人間関係に多大な困難が生じていた。
  • 川田 恵美子は13歳の時に両親の離婚を経験し、母方の実家に引き取られて以降、慢性的な経済的困窮に苦しめられていた。
  • 誰にも望まれていない。
  • 本村 英治8は本来、強制性交等致傷罪に問われるべき人物であり、川田 恵美子の配偶者となるには不適当である。
  • 彼女も望んでいない。
  • [SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しない前提と矛盾する為、データ削除済み]

私が引き起こした一連の行動は、私個人が抱えていた純粋な知的好奇心に端を発する背信行為ではありますが、当人の知覚が不可能な深層意識下に於いてSCP-2179-JPの持つ未知の異常性に影響を受けていた可能性も排除できません。よって上記の文章を含めて、本報告書を無闇に編集する行為が意図しないSCP-2179-JPの活性化に繋がる危険性を考慮し、私が予め選任している誤伝達部門の担当職員にのみ、本報告書に対する必要最低限の編集作業が認可されます。

しかしながら、私が後始末を頼んだ彼9は恐らく、SCP-2179-JPの異常性に起因する認知の歪みによって「私」の存在を完全に忘却している事でしょう。その場合は、本報告書に関する取り扱いの最終的な判断を貴方達に一任します。くれぐれも、SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しないことに留意してください。

SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しません。これは我々が行ったSCP-2179-JPに対する包括的な調査の末に導き出した結論であり、今後この前提が撤回される事はありません。

その確かな根拠として具体例を1つ挙げるとするならば、川田 恵美子の最も身近な人物であった本村 英治氏はSCP-2179-JPの存在を認知していませんでした。その他、彼女の同僚、親類、友人に至るまで、我々の知る限りSCP-2179-JPを認知していた人間は1人も存在していません。

そしてそれは勿論、SCP-2179-JPを収容する我々自身もまた、全く例外ではないと言うことです。この特異性の影響は非常に大きく、初期収容の時点でSCP-2179-JPの安全な確保は難しい状況にありましたが、私達はすぐさま現状を打破する為の代替手段を講じました。 

即ち、我々は依然としてSCP-2179-JPの存在を認知する事こそ出来ないものの、倉敷研究員なる人物が執筆した当該文章を通じてのみ、SCP-2179-JPと呼称されるオブジェクトが過去に存在した“可能性”を間接的に観測可能です。ここで“可能性”と表記したのは、本報告書の内容はあくまで倉敷研究員の主観的な推論に過ぎない為ですが、SCP-2179-JP収容施行の観点からは殆ど問題視されていません。

ただし、本報告書を閲覧する全ての財団職員は、倉敷研究員が財団日本支部に属する職員として認知された事実は存在しないことに留意してください。我々は過去現在未来を通して、彼の存在を認知することはないでしょう。

瀬戸博士 誤伝達部門日本支部

補遺: 映像記録2179-JP 日付2016/11/22

以下は、████市民病院の待合室に設置された監視カメラ映像の抜粋です。映像内に記録されたSCP-2179-JPによるインシデントの結果、完全な収容が完了するまでに財団のフィールドエージェント3名を含む計11人が、SCP-2179-JPの異常性に暴露した事で死亡しました10

また、件の映像記録に対しては誤伝達部門の主導で私自らが転写作業を行い、SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しないという前提に反していると判断した情報を逐一除去しています。

私はこの転写作業に先んじて、クラスH記憶処理剤を服用しています。これにはクラスHの主要な効果である持続的な前行性健忘を利用し、SCP-2179-JPの認知的悪影響を最小限に抑える目的がありました。


[重要度の低い場面を割愛]

川田 恵美子が、母親である川田 久美恵に付き添われながら病院の待合室に到着する。それから30分程、2人は並んでソファに座り、その場に待機している。

看護師: 113番の方、E-6診察室にお入りください。

久美恵氏: あっ、はい。ほら、呼ばれたよ。恵美子。

川田 恵美子: うん。

2人は目の前にある診察室の中に進み、監視カメラの撮影範囲から消える。続く45分間は、映像に目立った変化は見られない。
    
川田 恵美子: 私のせいじゃない、私のせいじゃないよ。

暫くして診察室の扉が開き、そこから川田 恵美子が這い出てくる。彼女の下腹部からは少量の出血が見られるものの、それ以外に異常は見当たらない。

これに続いて、久美恵氏が両目と喉元から出血した状態で診察室から飛び出してくる。久美恵氏は騒然とする待合室の人々に対して、必死に何かを伝えようとしているが、彼女の声は周囲の雑音によって搔き消されている。

川田 恵美子: ごめんなさい……お母さん、ごめんなさい。

診察室から、医師である福地氏が現れる。両目と両耳、喉元から多量の出血があり、その右手にはレントゲン写真が握られている。同時に、監視カメラの映像には冒頭の看護師が診察室の中で血を流して倒れている姿が映っている。

川田 恵美子: 断れなかったの、私。怖くて、本当に怖くて、急に体が動かなくなって。

久美恵氏と福地氏が、川田 恵美子の方にゆっくりと振り向く。

福地氏: 川田さん、[SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しない前提と矛盾する為、データ削除済み]

久美恵氏: 恵美子、アンタは[SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しない前提と矛盾する為、データ削除済み]

川田 恵美子: ……え? 嘘よね……そんなの嘘に決まってる。

川田 恵美子の下腹部からの出血は未だに収まらない。久美恵氏が心配するような素振りをして側に寄り添うものの、川田 恵美子は彼女に対して恐怖の表情を浮かべている。

川田 恵美子: いや! 来ないで! 誰か、助けて! 誰か!

福地氏がこの声に反応し、川田 恵美子の下まで歩み寄る。そして、おもむろにその両足を掴み上げ、左右に無理やり開かせる。川田 恵美子は悲鳴を上げるが、それとは対照的に福地氏と久美恵氏は笑っているように見える。

川田 恵美子: え、何で。

[以降の映像は、SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しない前提と矛盾する為、データ削除済み]

その後、福地氏と久美恵氏は出血性ショックにより死亡する。待合室に居合わせた人々は両目と両耳から出血しながら、横たわる川田 恵美子を取り囲んでいる。これにより、川田 恵美子の姿は監視カメラの映像に殆ど映っていない。

川田 恵美子: あは、ははは……。

川田 恵美子を取り囲む人々は皆、一様に笑っているように見える。次第に、周囲の人間が出血性ショックによって次々と倒れ込み始める。川田 恵美子の隠れていた姿が徐々に露になる。ここで初めて、川田 恵美子と同義であるSCP-2179-JPが確認できる。

SCP-2179-JP: [SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しない前提と矛盾する為、データ削除済み]

川田 恵美子: ふふ、ふふふふふ。あはっ、可愛いね……本当に可愛い……。

SCP-2179-JP: [SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しない前提と矛盾する為、データ削除済み]

川田恵美子の笑い声と、同義だったSCP-2179-JPの[データ削除済み]は鳴り止まない。

川田 恵美子: もう、ほら。そんなに泣かないの。よしよし、よしよし。ふふふ。私の。私の、可愛い、[SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しない前提と矛盾する為、データ削除済み]

川田 恵美子と、同義だったSCP-2179-JPは出血性ショックによって死亡する。


映像記録2179-JPは、SCP-2179-JPが社会構成体に属する生命として認知された事実は存在しない前提と矛盾する為、現在では何らかの超常的要因により置換されたフェイク映像であると考えられています。また、本件に於ける映像記録の再転写、更なる追加調査の実施等は承認されません。

本報告書の閲覧者は、SCP-2179-JPが一貫して、自身の存在が誰にも望まれない現実を望んでいた事実に留意してください11

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。