SCP-2219-JP
rating: +8+x

アイテム番号: SCP-2219-JP
%E3%81%A8%E3%81%A6%E3%81%A4%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%8F%E9%80%80%E5%B1%88%E3%81%AA%E6%89%89%EF%BC%881%EF%BC%89.jpg

SCP-2219-JPに関する唯一の映像情報(実験2219-2で撮影、0.001秒)

オブジェクトクラス: Ticonderoga1 Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-2219-JPは、一般には流通していないクラスX記憶補強薬2を用いない限り確認されません。SCP-2219-JPを誘発する記憶補強は、同異常の研究に係わるもの以外での使用を禁止されます。クラスXの記憶補強薬を用いる際は、SCP-2219-JPの再発生を警戒してください。

説明: SCP-2219-JPは、対象となるヒト(Homo sapiens)が扉と認識するものを開けて通過した瞬間の脳内で知覚される、時間が停止する現象です。この間、扉を開けたヒトは主観的に思考以外の身体機能の停止を経験します。最低900万年以上の体感時間が経過後、唐突に非活性化したあとSCP-2219-JPに関する記憶は消失します。

SCP-2219-JPは全てのヒトに発生すると推測されますが、体験中の記憶が消失するため認識することは不可能です。当初はクラスXの新型記憶補強薬を用いた実験中、稀に確認されたことから副作用と判断されていました。後に、正常な記憶補強が行われた例との有意な差が見られ、SCP-2219-JPによって遷延性意識障害3に陥った対象への聞き取り調査を経て、SCP-2219-JPを思い出したことが原因であると確認されました。この異常は非活性化後に未知の強力な記憶処理がなされるため、事後にSCP-2219-JPを体験した瞬間を標的とする記憶補強を行わない限り想起されません。SCP-2219-JPを思い出した者は、長期間に及ぶ思考を要因とする脳死状態、または遷延性意識障害に陥ります。

SCP-2219-JPの経験は記憶処理で再び消去することが可能ですが、一度思い出せばその体験期間相当の処理を必要とするため容易に致死量を上回り、実質的に対処は不可能です。

補遺1: 以下は、遷延性意識障害に陥った対象のうち最もSCP-2219-JPの詳細を知ることができたDクラス職員、D-221908への聞き取り調査記録です。


補遺2: SCP-2219-JPについて、現在判明していることは以下の通りです。
遭遇場所 遭遇者が扉と認識できるものを開いて通過した瞬間。人工的な扉ならば種類や状態を問わず、扉を開いて通過したと認識できる程度のものであれば発生する。
遭遇中に働かせられる心身 思考のみ。肉体的な活動は停止するが、生命維持に支障はない。 脳の働きも停止するはずが思考は発展できる。
遭遇中の感覚 精神的なもののみ。肉体由来の感覚は失われる。

メモ: 全人類がSCP-2219-JPを経験している可能性がある。扉を開けて通過した時を特定しての記憶補強で、SCP-2219-JPが確認されなかった事例は皆無だからだ。これは五分前仮説に通じる。世界が五分以前の記憶や記録も含め全て五分前に作られたとすると誰もそれを否定できないように、扉を開けて通過するたび時間停止を体験していても、そのことを忘れているとすれば現象の有無は把握できない。停止中は心臓の鼓動すら止まり視界も暗転し、無音状態で五感が失われるという。そのまま、一千万年ほども停滞した時間を思考せねばならないらしい。こんな体験を思い出したのが、脳死や遷延性意識障害に陥った要因だろう。わたしも知りたくはなかった気がする。SCP-2219-JPの影響を受けない記憶補強法も開発せねばなるまい。 - 番匠谷博士

補遺3: 以下は、SCP-2219-JP中の体感時間を測定すべく行われた実験の記録です。


事案2219-JP: 実験2219-5後、番匠谷博士はサイト-81██内の扉を█個破壊したあと扉の破片で頸動脈を切断し、自殺をはかりました。

直後、D-221908が覚醒。番匠谷博士を追うようにサイト-81██内を歩き、そばを通るだけで破壊された各扉を逆回し映像のように復元し始めました。D-221908を現実改変者と判断した機動部隊による拘束の試みは、対象を透過するのみで失敗しました。全ての扉を修復後にD-221908は番匠谷博士のもとを訪れ、傍らに立つだけで瞬時に傷を回復させて蘇生。同時にD-221908は消滅し、現在も発見されていません。


補遺4: 事案2219-JP以降、SCP-2219-JPは確認されていません。従来の記憶補強では観測できなくなったのか、異常自体が消滅したのかは不明です。現段階ではNeutralizedに再分類されることになりました。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。