SCP-2228-JP
rating: +20+x
blank.png
5/2228-JP LEVEL 5/2228-JP
CLASSIFIED
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
Item #: SCP-2228-JP
Safe

特別収容手順: SCP-2228-JPは防霊保管庫に収容されます。収容エリアは防火構造で作製された上で、可燃物の持ち込みは禁止されています。SCP-2228-JPの燃焼が確認された場合は、消火設備を作動させた上で、機動部隊ミュー-13 ("ゴーストバスターズ")による標準プロトコルに基づいた除霊が行われます。

SCP-2228-JP-Aを記録した視覚媒体は標準保管庫に収容されます。SCP-2228-JP-Aの保管庫並びに情報へのアクセスは、SCP-2228-JP-Aの情報はモチベーションの低下を防ぐために、O5評議会およびアクイタル・プロトコル担当職員のみ許可されます。


説明: SCP-2228-JPは初期のGoI-010(ザ・ファクトリー)が生産していたランプです。SCP-2228-JPはエクトプラズム溶液を燃料とし、また同組織はSCP-2228-JP以外にも様々な霊力式の物品を生産しています。用いられるエクトプラズム溶液は大半がクラスB霊体1で構成されるものですが、稀にクラスA霊体2のものがあります。SCP-2228-JPには原始的な防霊コーティング処理が施されており、これはエクトプラズム溶液による霊障3を十分に防ぐものではありません。

燃料となるエクトプラズム溶液がクラスA霊体で構成されたSCP-2228-JP(SCP-2228-JP-Aに指定)は以下の条件で異常性が発現します。点火されているSCP-2228-JP-Aは目視した人物(以下対象者)に認識災害を引き起こします。この認識災害は点火されているSCP-2228-JP-Aの画像、映像を見た場合でも発生します。対象者は自身が原因となった死亡事象への言及を避けようとします。


歴史: SCP-2228-JPは全米確保収容イニシアチブ4から管理が委譲された異常物品です。SCP-2228-JPは非異常のランプと比較して、長期に渡り使用が可能であったため、アメリカ国内外で広く流通しました。SCP-2228-JPは通常通り使用する場合は燃費以外に目立った異常は見られないため、発覚に大きく時間がかかりました。

SCP-2228-JPは全米でポルターガイスト現象の発生報告が増加したことをきっかけに発覚しました。これはSCP-2228-JPの破損時に漏れたエクトプラズム溶液に起因します。当初は個別の事例として対応されていましたが、その中で多数のSCP-2228-JPが発見されたために関連性が疑われました。

また1875年にSCP-2228-JPの生産工場5からの脱走者の証言により、非合法な運営が長期で行われていることが判明しました。これを受けてASCIは合衆国政府と連携し、工場に対しての強制捜査を行いました。その結果、内部で多数発見された機械群の中にSCP-2228-JPとエクトプラズム溶液の生産ラインが発見されました。この後にすべての生産ラインを停止し、流通しているSCP-2228-JPの回収作業を開始しました。


最初に認知されたSCP-2228-JP-Aはテキサス州の民家で発見されたものです。この民家はアメリカ国内で活動していた宗教団体"聖火の導き"の拠点として使われており、"聖火の導き"はSCP-2228-JP-Aの異常性を把握した上で利用していました。"聖火の導き"は殺人による救済を教義に掲げており、組織的な犯行で複数の事件に関わっていることから警察の監視対象となっていました。地元警察の聴取から創始者のF・リード氏はSCP-2228-JP-Aを用いて信者に殺人を行わせていると主張しました。

儀礼担当局6の調査の結果、信者は元のパーソナリティ7によらず、殺人による精神状態の悪化は確認されませんでした。これは妄信による洗脳の効果を加味しても異常であると判定されました。またそれによりすべての殺人において良好な精神からくる高いパフォーマンスを実現していました。

上記事案を受けてSCP-2228-JP-Aが職員の効率的な運用に利用可能であるとし、SCP-2228-JPに関わった職員の調査を行いました。これは直接戦闘の多いエージェントや、人体実験をする必要のある研究員といった死亡事象に関わる職員の精神状態を良好に保つことが可能であると考えたためです。調査の結果、一部職員にその傾向が見られ、また共通点として関わったSCP-2228-JPがSCP-2228-JP-Aであることが判明しました。

これを受けてASCI上層部はSCP-2228-JP-Aを用いた運用計画、アクイタル・プロトコルを実行しました。当プロトコルには職員に対するSCP-2228-JP-Aの計画的な暴露、並びに影響者の収容を目的とした組織の発足が含まれています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。