SCP-2241
rating: +7+x

アイテム番号: SCP-2241

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2241は標準的な人型収容室に収容されます。SCP-2241は、テレビや漫画本へのアクセスを許可され、必要に応じて罰としてそれらのアイテムへのアクセスを拒否することができます。SCP-2241は通常の人間の食事を維持しますが、要求された場合には、試験後に追加の食事を与えられるべきです。SCP-2241の協力は長期的な収容に不可欠であると考えられるので、職員は、SCP-2241に話しかけるとき、または近くで話しかけるときは、SCP-2241の名前である「キャメロン」と呼ばなければなりません。

研究を容易にするために、指定された心理学者以外の職員および特に指定された職員は、SCP-2241と親密になってはなりません。職員がSCP-2241と親密な関係を築き始めていると疑った場合は、これを抑止する必要があります。

説明: SCP-2241は7歳の茶色い髪の男性人型実体で、軽い念動力を持ち、潜在的な現実改変能力の兆候を見せています。SCP-2241は、財団が彼を保護し、能力を理解し、より多くの「スーパーヒーロー」を開発するために、財団が彼を保護していると信じるように導かれています。

より具体的には、SCP-2241は、目に見えている物体を操作する能力を示しており、その物体から約6メートル以内にある物体を操作することができます。これに加えて、操作された物体はテレポートしたり、わずかに変化したりすることがあり、一般的な現実改変能力があることを暗示しています。

SCP-2241は、特にテレキネシスと現実改変、そして一般的には異常人型実体に関する長期的/集中的な研究のための良い候補と考えられています。

現在、財団の研究者の間では、この種の異常人型実体は年齢を重ねるごとに、より強力な、あるいは追加的な異常能力を発現し、感情的なストレスによって増大して本格的な現実改変能力者へと発展するという説が有力です。そのため、SCP-2241が自ら財団に協力していると考えることは、長期的な収容と研究に不可欠と考えられています。

序文: 研究者とSCP-2241とのインタビュー。バルデスは、SCP-2241が収容されている間(どうやら誘拐を止めている間)の異常な事件の詳細を明らかにし、SCP-2241との関係を確立し、調査のための提案をすることを試みている。

<記録開始>

バルデス: キャメロン。部隊に見つかった時、何があったか教えてくれないか?

SCP-2241: 部隊?あの兵隊たちのこと?

バルデス: そうだよ。

SCP-2241: 僕はあの女の人を助けようとしたんだ。

バルデス: なんで彼女を助けようとしたんだい?

SCP-2241: あの人は怖がってるように見えた。悪いやつは銃を持ってた。彼女は逃げようとしていた 誰かが彼女を助けなきゃいけないんだよ。

バルデス: しかし、なんで君が 助けたんだ? なんで逃げて警察を呼ぼうとしなかった?

SCP-2241: スーパーヒーローは人を助けなければならないんだ! 僕は触らなくても物を動かすことができるし、他の人達はできない。だから僕は力を使って助けてあげないと!

バルデス: ご親切にどうも、キャメロン。それで君は、誰かを助けたことがあるのか?

SCP-2241: いや、練習しかしたことがないんだ。木とか物とかで。

バルデス: あなたが練習しているところを、誰かに見られたことはあるかい?

SCP-2241: そんなことはないと思う、秘密にしようと思っていたけど、たまに森の中を散歩している人がいて、見られているかもしれないけど、そんなことはないと思う。

バルデス: OK、それはいいね。どんなことができるの?

SCP-2241: 物は触らずに動かせるけど、遠かったり大きかったりするとダメなんだよね。部屋を横切るコップとか人の腕とかだけ。たまにはそれも変わることもあるよ。

バルデス: キャメロン、「変わる」ってどういう意味だ?

SCP-2241: 何かを動かしていると、欲しいものに変わることがあるんだ。ある時は、石を動かしている時に、なくしたおもちゃのように変わったことがあった。でも、しばらくすると元に戻った。

バルデス: わざと何かを変えたことはある?

SCP-2241: そうでもないよ。親の怒鳴り声を聞くと、やめてほしいと思うこともあるし、少しは気が散るけど、大抵は口論に戻っちゃう。

SCP-2241は目に見えて怒り始める。

バルデス: 君の両親は喧嘩をする?

SCP-2241: い、いや。そうじゃない。彼らは怒るつもりはないんだ。

バルデス: 君が怒られることがあるのかな?

SCP-2241: 時々ね パパは僕のせいだって、もっと頑張れって。ママはぼ、僕の部屋が散らかってると怒るけど、僕はキレイにしてるから、ママにお、怒られたくないんだ。

SCP-2241が鼻を鳴らす音が聞こえる

バルデス: 大丈夫だよキャメロン。きみは、大丈夫だ。

SCP-2241: あ、ありがとう。

バルデス: 君は、自分が普通の人には理解できない力を持っていることを知ってるかい? そして、他にも同じような力を持った奴がいて、君を傷つけようとするかもしれないこともわかる?

SCP-2241: うん。ヒーローは自分のことを秘密にしなくちゃいけない。

バルデス: 自分の素性がバレないために必要な、スーパーヒーローとしての名前はあったの?

SCP-2241: 僕は、き、き- キャメロン・ザ・クルセイダーだ。

バルデス: そりゃいい名前だ、キャメロン。危険性だから、君はしばらくの間、SCP財団とともにここに滞在することになる。何か質問はある?

SCP-2241: SCPって、なんのこと?

バルデス: "確保、収容、保護"って意味さ。

SCP-2241: アベンジャーやSHIELDみたく、悪いやつと戦うの?

バルデス: そうだよキャメロン。まるでアベンジャーみたいにさ。

<記録終了>

バルデス研究員による終了報告書: SCP-2241は私を信頼しているようで、財団が可能な限り彼を助けようとしていると信じています。SCP-2241の証言は、現実改変能力を持つ人型実体の初期段階と一致しています。SCP-2241は両親による虐待を経験したことで、当該能力の早期発現につながった可能性があります。財団のスタッフが同様の精神的ストレスを与えた場合、研究のために必要な能力の進化が発現するでしょう。

補遺 2241-01: 最初のテストを見る限り、より発達した能力でなければ新しいデータは得られないようです。標準的な感情操作やガスライティングの技術はこれまでのところ効果がありません。SCP-2241にDクラス職員を貴重な救出のチャンスがある人質と思わせることで、必要な感情的刺激を与えることができるかもしれません。

補遺 2241-02: 人質事件のテストでは、SCP-2241が不必要と見なした暴力に対する嫌悪感を持っていることが明らかになりました。これはテストの目的としては望ましくありません。暴力的な事件の後、SCP-2241をより直接的かつ明白な危険にさらすことで、SCP-2241はその能力をさらに活用するようになるかもしれません。

このテストにおいて、SCP-2241は操作対象物の組成を変える直接的な制御を示しました。この場合、SCP-2241はナイフをチョコレートに変えることができました。バルデス研究員は、SCP-2241がイベント中に空腹であったと仮説を立てました。

本試験イベント以降、この物体変換能力を半ば一貫して使用し、念力の範囲を少し広げた状態を示しています。

補遺 2241-03: 前回のテストのデータをさらに分析するまで、倫理委員会の命令によりテストは保留されています。人が殺されるのを見て、新たに開発された暴力的な能力を使った後、SCP-2241は自身と財団の両方にとって危険な形で不安定になっています。新しい財団の精神科医がSCP-2241に配属されることになりました。

完全な分析結果を受け取り次第、O5-3によって上書きされます。我々が受け取っているデータは危険を冒すに値すると判断され、SCP-2241は財団と協力していると錯覚したままです。テストは予定通り行われます。

  • SCP-2241は、より多くの人々が死ぬのを防ぐために、より強くなることを意図していると述べており、これはその目的において彼と我々の両方を助けるものです。テレポートした弾丸で人を殺したのは、SCPオブジェクトの天才的な戦術の一撃でした。機動部隊シータ-17は念のため、今後さらなるテストの実施全てに対応できるようにします。 - O5-3

補遺 2241-04: 感情的なリスク(無実の傍観者やSCP-2241の所持品へのリスク)を追加したO5承認の連続テストの後、SCP-2241は後期現実改変能力者の報告と一致するさらなる能力を開発しました。SCP-2241は現在、物質と自分自身を一貫してテレポートし、明らかに数秒先の情報に基づいて行動し、12メートル以内の物質を直接見ることなく移動または変換することができます。自己複製など、これまで記録されていなかった能力も存在するようになりました。

また、SCP-2241は自分の能力をうまくコントロールしており、「レベルアップ」することに興奮し、すぐにもっと学びたい、財団をよりよく助けたいと表明しています。特定のテストにおける神経学的および生理学的なモニタリングにより、このような能力の開発についていくつかの知見が得られました。資料2241-ニューロ-23に記載されているように、異常な知覚と制御の鍵となる脳の領域が特定されています。

倫理委員会は、SCP-2241が深刻な感情的問題の治療を受けている間、テストを中止することを正式に勧告し、人員を調査しました。

O5-3によって上書きされました。テストは予定通り行われます。既知の問題に対する治療はその後直ちに開始されます。前回のテストはO5クリアランスの許可を得て行われました。

補遺 2241-05: 最近の結果を受けて、SCP-2241の精神科治療は延期され、異常な能力を実戦で使用する際新たに発見された脳領域をより詳細に監視するため侵襲的な神経学的検査が行われています。手術は1週間以内に開始され、SCP-2241は軍人出身の武装したDクラス職員に配備される予定です。

倫理委員会による定期的な審査の結果、試験が中止されました。バルデス研究員は調査を受け、一時的にセキュリティクリアランスが取り消されました。

  • このくらいの年齢の子供に監視チップを埋め込むことは、その後の発達に大きなダメージを与えることなく行うことが不可能です。これは、子供にとっても、また、彼の発達した能力を考えると、長期的な収容にとっても破滅的な問題を引き起こすでしょう。また、たとえ実験的な条件であっても、子供を戦闘に投入することはあらゆる道徳的規範に反します。これまでの続けざまな実験を隠蔽してきた関係者は現在調査中です。 - 倫理委員会 ID EC12A51

O5-3の命令でテストが復活しました。バルデス研究員のクリアランスが回復しました。

  • これらのテストは、子供に見えるかどうかにかかわらず、1つのSCPよりも重要です。短期的な集中テストによって収集したデータの有用性を考えれば、長期的な収容と観察はもはや優先事項ではありません。SCPの忠誠心を考えれば、SCPが収容違反するリスクは最小限に抑えられます。現在、脳のどの部分が特定の異常な能力に対応しているかがわかっています。より詳細に、どのようにしているのかを知ることができました。このような能力を誘発する方法も分かるかもしれませんし、無効化する方法も明確に分かるでしょう。 - O5-3

O5-4とO5-7が研究者らの苦情を調査した結果、テストを中止しました。バルデス研究員は評議会が開かれるまで警備員に拘束されました。

  • これは行き過ぎです。これを前例とすることはできません。これは少年兵から一歩しか進んでないものであり、SCPレベルのオブジェクトを軍事化することにもなりません。 - O5-4

緊急審議会の結果、監督の多数決でテストが復活。バルデス研究員は無罪放免。問題がなければ、テストは週明けに実施されます。

  • その結果は、リスクと手段の両方を正当化するものだと信じています。人間の脳が超常現象と相互作用するメカニズムの解明に、これまで以上に近づいています。SCP-2241の感情的、神経的な損傷は…不幸なことですが、我々の理解を進めるためには必要なことでもあります。また、監視装置の新しい改良により、手術後に脅威となった場合でも2241を迅速に無力化することができます。 - バルデス研究員
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。