SCP-227-FR
rating: +3+x
sasidome.png

発見時のSCP-227-FR

アイテム番号: SCP-227-FR

オブジェクトクラス: Safe

脅威レベル:

特別収容プロトコル: SCP-227-FRは、サイト-キビアンの収容保管庫-03に収容してください。SCP-227-FRの影響が被験者へ完全に浸透するまでに必要な時間(決定的同調に達するまでの4週間と、その後プロトコル227-Tの下設定された無期限の実験継続期間)を考慮し、実験に使用されたDクラス職員は月例解雇が免除されます。研究員が実験を行えるように、旧1フラン硬貨のストックを用意してください。

説明: SCP-227-FRは、部分的に変更が加えられた、Photomatonブランドの自動証明写真機と類似した機械への指定です。寸法は3.10 x 2.20 x 0.50 mで、黒と紺で塗装されています。

SCP-227-FRの正面には2つの開口部があり、1つは「星占い」を開始するためにフラン硬貨を挿入するためのもので、もう1つは「星占い」終了時にメッセージ入りの紙片が出てくる小さな取出し口です。

SCP-227-FRは、上部に「HOROSCO-MATON」(原文ママ)と書かれた看板と、以下の文章が書かれたポスターが備え付けられています。

天体は
あなたにどのような未来をもたらすのだろうか?

心の問題? 出世の望み? 革新的な Horoscomaton®で、あなたの未来がどのようなものか見てみましょう !
あなた方の運命が数千光年離れた場所で融合した水素分子の回転によって決定されていると考えられる以上、あなたが自身の人生をどのように導くことになっているのか、その情報をより正確に知るため、全ての運命を導き出すこの機械を使わずにいる理由などあるだろうか?

SCP-227-FRの内部は白く塗装されており、天井にハロゲンランプがついています。また、高さ調整が可能な白い椅子、入口に黒のベルベットカーテン、そして椅子に面した壁には、テレビ画面が嵌め込まれています。

SCP-227-FRには電源プラグが備え付けられているものの、SCP-227-FRを起動させるために電源プラグを差す必要はないと思われる点に留意してください。

人間(以下「被験者」と指定)が1フラン硬貨を投入した後、機体内に座ると、画面が自動的に点き、メッセージが表示されます。メッセージは被験者に対し、画面上に手を置き5まで数えるよう要求します。これは「手相評価」を機械に読み取らせるために行われているとみられます。この「手相評価」は、SCP-227-FRが予言の計算に必要な、被験者の基本情報を得るために必要とされるものとみられています1

被験者が上記の動作を実行すると、画面にロード画面が一時的に表示され、その後、被験者に関する正確な情報をいくつか含んだ資料を公開します。この情報は常に正確であり、以下のものが含まれます。

  • 被験者の生まれた時刻と生年月日
  • 被験者の出生地の地理座標
  • 被験者の星座
  • 被験者の先祖
  • 被験者の利き手(左利き、右利き、両利き)
  • 秘密(財団が利用するには重要度が余りにも低すぎるもの)

その後、画面は表示された情報について「はい」か「いいえ」かで、口頭で確認するよう被験者に要求します。機体には音声受信機は無いものの、返答は常に考慮されているものとみられます。被験者が画面上の情報を確認するとすぐに、予言の記載された紙片が出力される、機体の外側に設置された取出し口の方へと案内されます2。一度被験者が外へ出ると、画面は自動的に消え、紙片が生成されます。

1枚目に生成される紙片は、被験者の過去についての曖昧でありふれた情報を提供します。被験者は、失望や軽い驚きや怒りを感じ、全ての場合において強い不快感を覚えるとともに、悪戯/詐欺の被害にあったとみなします。しかしながら、被験者はSCP-227-FRに曝露したその週のうちに、機械が正常に機能していたかどうか、あるいは自身の結果が以前と同じであるかどうかを確かめたいという理由で、再び機体を試用したいという強い欲望を覚えます。これが依存段階の始まりになります。

依存段階は約25日間にわたります。被験者がSCP-227-FRの試用を繰り返す度に、与えられる情報はより正確に、より現在に近い過去に関するものになっていきます。被験者の依存度合は試行に伴ってより増大していき、この段階の終わりには1日に何度も試用を行うようになります。

依存段階は、過去ではなく現在のことを機械が予言する「決定的同調」によって終了します。決定的同調は試用の21日目から28日目の間に発生します。配信されるメッセージは以下のまま変化しません。

あなたは今、この紙を見ている

決定的同調以降、SCP-227-FR被験者の依存症は恒久的に不治になると考えられており、被験者は少なくとも1日に1度SCP-227-FRを試用したいという病的な欲求を持つようになります3。これは予言段階の始まりを示すものです。

予言段階以降、SCP-227-FRは、被験者の未来に関する真の予言を生成し始めます。これは、数時間後の非常に近い未来に関する極めて正確な予言から始まり、より遠い未来かつより一般的な予言へと進んでいきます。

これらの予言は常に正しいものです。残念なことに、予言はDクラスに関する個人的なものであり、あまりにも無益で曖昧なもので、財団へ興味深いデータを提供するものではありません。

依存によって引き起こされる障害に鑑み、研究員や軍事職員がSCP-227-FRを使用する試みは全て禁止されています。自身の利益のためにSCP-227-FRの使用を試みる違反者は全員降格となります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。