SCP-2280-JP
rating: +26+x
blank.png
E2FD48A6-9878-4EA6-8CA4-EA5663FB7362-1.jpg

SCP-2280-JPの内部調査中の写真

アイテム番号: SCP-2280-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2280-JPの周囲1mはカバーストーリー「地下空洞化」を用いて封鎖し、██寺は財団の管理下に置かれます。回収されたSCP-2280-JP-A群は低脅威度物品収容ロッカーに保管されます。

説明: SCP-2280-JPは千葉県八千代市の██寺にある一軒家です。SCP-2280-JPは全体が地面に埋没していますが、異常な破壊耐性によって土砂などによる損傷は受けていません。SCP-2280-JPの真上には「大田絹江」という女性の墓が位置しており、SCP-2280-JPとの関連が調査されています。SCP-2280-JP内には空間異常が発生しており、外見上では存在しない部屋が複数存在しています。部屋には家具や衣服、その他物品が残されており、外部と遮断されているにもかかわらず公共公益設備が使用可能となっています。物品の一部は破壊耐性等の異常性が確認されたため、SCP-2280-JP-Aに指定されました。SCP-2280-JP-Aは大田家の所有物とおおむね特徴が一致しており、部屋とともに大田家の過去を再現していると考えられています。

SCP-2280-JPの外見的特徴や内装は八千代市に存在する空き家と一致しています。財団の調査の結果、この空き家には2011年まで大田絹江とその家族(以下大田家と呼称)が居住していましたが、存命の大田家の人物は現在転居しています。空間異常に関する内部調査の結果多数のSCP-2280-JP-Aが回収され、部屋数は24であると判明しました。部屋の多くは使用用途が重複しており、一部の部屋では異常現象が確認されています。以下は各部屋の詳細情報です。
発見の順番 部屋の使用用途 回収されたSCP-2280-JP-A群 備考
1 大田舞の個室 八千代市内の小学校に関する書類、スマートフォン 内装から「大田舞」1の個室に該当する部屋だと推測された。
2 大田翔平の個室 新品のランドセル、八千代市指定の教科書 物品群の多くには「大田翔平」2という名前が書かれている。
3 大田学の個室 住居移転に関する書類群、7冊のビジネス関連書籍、ノートパソコン 内装から、「大田学」3の個室に該当する部屋だと推測された。
4 大田絹江の個室 緑茶入りの湯呑み、十数冊の書籍、心臓病関連の薬剤、赤いポピー(Papaver rhoeas)が生けられた花瓶 内装から、「大田絹江」の個室に該当する部屋だと推測された。緑茶は常に60℃前後を維持している。
5 リビングルーム 2010年5月の卓上カレンダー、ランドセル、教科書、ノート、常に電源がついた携帯ゲーム機 物品群は床に散乱している。
6 大田舞の個室 ビジネスバッグ、常に電源がついたスマートフォン、緑茶入りの湯呑み スマートフォンは「子供 片付け 教え方」というキーワードのGoogle検索結果を表示している。この他の画面を表示させる試みは失敗している。緑茶は常に60℃前後を維持している。
7 大田学の個室 床に脱ぎ捨てられたスーツ及びシャツ、東京都内の企業4の書類群、常に電源がついたノートパソコン ノートパソコンは大田学宛のビジネスメールの一覧を表示している。この他の画面を表示する試みは失敗している。
8 リビングルーム 2010年7月の卓上カレンダー、1人前の日本料理及び食器類、B5サイズの広告プリント 食器には少量の野菜や米粒が付着している。また、プリントの裏面には「次はちゃんと洗ってください」と書かれている。
9 大田舞の個室 ビジネスバッグ、常に電源がついたスマートフォン、メモ用紙 スマートフォンは「イライラ 抑えたい」というキーワードのGoogle検索結果を表示している。この他の画面を表示する試みは失敗している。メモ用紙には「いつでも相談してね」と書かれている。
10 大田翔平の個室 ランドセル、教科書、ノート、日記帳 日記帳には大田舞への謝罪の言葉と言い訳が多数書かれている。
11 大田学の個室 床に脱ぎ捨てられたスーツ及びシャツ、常に電源がついたノートパソコン ノートパソコンは新規事業に関する情報を表示している。この他の画面を表示する試みは失敗している。
12 リビングルーム 2011年2月の卓上カレンダー、ビジネスバッグ、床に広がったスーツ、割れた皿 部屋に侵入した人物は男女の大声や陶器が割れるような音をはっきり認識する。
13 大田舞の個室 ビジネスバッグ、常に電源がついたスマートフォン、メモ用紙 スマートフォンは大田学と大田舞、生後半年程度とみられる大田翔平が写った写真を表示している。この他の画面を表示する試みは失敗している。部屋に侵入した人物はすすり泣くような音をかすかに認識する。メモ用紙には「辛くなったら逃げてもいいのよ」と書かれている。
14 大田翔平の個室 ランドセル、教科書、ノート、日記帳 日記帳には点々と水濡れの跡が残されており、「いい子になるから仲直りして」という文章や「ごめんなさい」という単語が繰り返し書かれている。
15 大田舞の個室 N/A 室内には必要最低限の家具が配置され、異常性を持った物品は発見されていない。
16 大田学の個室 ビジネス書、スーツ及びシャツ、バラバラに破られたメモの紙片14枚 SCP-2280-JP-Aは全て叩きつけられたような状態で発見されている。
17 大田翔平の個室 ランドセル、教科書、ノート、オレンジジュース入りの湯呑み、メモ用紙 メモ用紙には「大丈夫、ばあばがついてるからね」という文章が書かれている。
18 リビングルーム 2011年5月の卓上カレンダー、空になった2個の湯呑み 部屋に入った人物は男女が怒鳴り合う声をはっきり認識する。女性の声は少し枯れており、たまに咳き込む様子を見せる。怒鳴り合う声は15分経過後より徐々にトーンが下がり、何も聞こえなくなる。
19 大田翔平の個室 B5サイズの広告プリント プリントの裏面には「お母さんに帰ってきてもらう会」というタイトルと、会の行程5が詳細に書かれている
20 リビングルーム 2011年5月の卓上カレンダー、ビジネスバッグ、4等分にカットされたショートケーキ、赤いカーネーション、「母の日おめでとう」という文章が書かれたA4サイズの画用紙、緑茶入りの湯呑み3個、割れた湯呑み 部屋に侵入した人物は救急車のものと思われるサイレンをかすかに認識する。
21 大田舞の個室 赤いカーネーションが生けられた花瓶、木箱に入れられたメモ用紙の束 箱には「一生忘れません。」と書かれている。
22 大田学の個室 仏式の葬儀関連とみられる書類群、常に電源がついたノートパソコン ノートパソコンは喪主挨拶の原稿らしき文章を表示しており、大田絹江への感謝の言葉が述べられている。
23 大田翔平の個室 大田絹江宛のメッセージカード カードには「すごくさみしいけど、またお墓参りの時に会おうね、ばあば。」という文章が書かれている。
24 リビングルーム 2011年6月の卓上カレンダー、白いポピーの花束、大田絹江の顔写真が入れられた写真立て 部屋に侵入した人物はかすかな香の香りと、緑茶に似た香りを認識する。

補遺: 存命の大田家の人物に対するインタビューなどによって大田家の過去とSCP-2280-JP-Aの関連性を調査した結果、多くの当該物品の特徴が実際の過去と一致したものの、一部物品は無関係であることが判明しました。特筆すべきことに19~23番目に発見された部屋のSCP-2280-JP-Aは全て実在せず、実際には2011年の時点で大田学と大田舞は離婚しています。6

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。