SCP-2283-JP
rating: +12+x

アイテム番号: SCP-2283-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2283-JPはサイト-81██の拡張型人型収容室に収容されます。収容室の内部には計5台の暗視併用カメラを設置し、24時間体制で監視してください。SCP-2283-JP-Bの不審な行動が確認された場合はセキュリティー担当者に報告し、収容室隔壁の再ロックおよび対象の鎮圧を行ってください。食事の際は2人分の食料を与えてください。

現在、SCP-2283-JP-Aの動向を確認するため対象には定期的なインタビューが行われています。インタビューを担当した職員はインタビュー後サイト内の心理部門にてカウンセリングを受診してください。また、サイト-81██内で発生した現象に関しても随時記録してください。

説明: SCP-2283-JPはSCP-2283-A、SCP-2283-Bからなる2体の異常実体群の総称です。

SCP-2283-JP-Aは一切の物理的観測が不可能な不可視実体です。SCP-2283-JP-Bの証言からSCP-2283-JP-Aの性別は雌であると判明していますが、それ以外の詳細な情報(正確な容姿や声等)は一切把握できていません。

現在まで計58回のSCP-2283-JP-A観測実験1を行いましたがどれも観測不可を示す数値が記録されています。ですが、SCP-2283-JP収容前後でSCP-2283-JP-Aによる物と思われる現象が複数観測されており、未だ研究はSCP-2283-JP-Aの存在を肯定した場合とSCP-2283-JP-Bによる単独の異常性である可能性の2説を並行的に実証している状態です。SCP-2283-JP-Aの正確な姿形をSCP-2283-JP-Bから聞き出す試みはSCP-2283-JP-Aが自身の容姿に関する情報開示を拒んでいるというSCP-2283-JP-Bからの証言により保留されています。SCP-2283-JP-Bからの証言を基に実施したSCP-2283-JP-Aが存在する地点での物理的接触も同様に失敗しており、SCP-2283-JP-Aの生体的痕跡(指紋や皮膚辺、老廃物等)も未だ採取および発見出来ていません。SCP-2283-JP-Aは(SCP-2283-JP-Bからの証言では)食事や排泄といった生体活動も行っているとされていますが、それも含め適当であると思われる現象は観測されておらず監視体制を維持していたとしても監視官の見逃しや記憶の混濁により視認が出来ません。なお、監視カメラでの映像記録ではSCP-2283-JP-Bが2人分の食料を摂食している様子が写し出されますが、胃の内部には1食分の量だけが確認されます。

SCP-2283-JP-Bは本名:██ 健太、身長165㎝、体重52kg、実年齢3█歳の日本人男性です。SCP-2283-JP-Bは通常の人間男性と同様の性質を有しており、年数経過による加齢や物理的衝撃による損傷を負います。SCP-2283-JP-Bは唯一SCP-2283-JP-Aを認識しかつ会話が可能な存在であり、現在までSCP-2283-JP-B以外でSCP-2283-JP-Aの観測に成功した人間は存在しません。SCP-2283-JP-Bは一日の大半をSCP-2283-JP-Aとの会話に利用しており、この事からSCP-2283-JP-BはSCP-2283-JP-Aと常に行動を共にしていると予想されています。なお、2体を個別に隔離する試みは前述した不観測性により成功していません。

SCP-2283-JP-BはSCP-2283-JP-Aを自身の伴侶であると証言しており、直筆の婚姻届けや市役所での受理記録も確認されています。しかし、SCP-2283-JP-Aに該当すると思われる人物の出生記録や戸籍(氏名:██ ███)は発見できておらず、現在も調査が継続されています。

補遺1: SCP-2283-JPは2███/█/██の██県██市で発生した殺人事件を切っ掛けに発見されました。当時、SCP-2283-JP-Bは自身が居住しているマンションにて近隣住民からの「独り言がうるさい」等の苦情を多数受けており、結果、逆上したSCP-2283-JP-Bが近隣住民を殺害。SCP-2283-JP-Bは前述した事案は自分自身の犯行であると供述し、現地警察もその証言を元に逮捕に踏み切りました。しかし、SCP-2283-JP-Bが当時着用していた衣服等からは被害者の血液反応が一切検出されず、凶器とされている包丁からもSCP-2283-JP-Bの指紋(普段の生活で使用したであろう指紋も含めて)が一切採取できなかった等の不審な点が多数判明した事から拘留が延長。その際、現地警察の職員からSCP-2283-JP-Bが留置所内で何者かと会話しているという証言が得られ、これを切っ掛けに財団による対象の初期調査も兼ねた仮収容へと移行しました。

現在、SCP-2283-JP-Bが居住していたマンションの一室を調査した結果、何ら異常性につながる事件などは起きていない場所であるにもかかわらず1か月で5人の入居者が入れ替わるという状態が続いていた事が判明しました。現在、以前の住民やマンションの管理会社、近隣住民に対して聞き込み調査を行っていますが新たな情報は入手出来ていません。また、前の住民に関しては全員が既に失踪しており未だ行方が分かっていません。

SCP-2283-JP-Aの存在証明を目的としたSCP-2283-JP-Bへの発見事案の再現実験が検討されています。担当研究者である尼寺にじ博士によりって保留されています。

補遺2: 以下はSCP-2283-JP-Bに行ったインタビュー記録の抜粋です。

補遺3: 以下はSCP-2283-JPの収容以降に観測されたサイト-8██内の異常現象及び職員の証言を抜粋した記録です。なお、以下の内容とSCP-2283-JPとの明確な関連は未だ判明していませんが、発生時期との整合性から本報告書に記載されています。

追記: 以下は2███/██/█に発生した事案2283-JPの概要です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。