SCP-2315
rating: +13+x
Phone.jpg

着信中のSCP-2315

アイテム番号: SCP-2315

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2315はサイト-17の標準収容ロッカーに保管してください。職員は実験が必要な場合を除き、SCP-2315には決して出ないように通知されています。SCP-2315の着信はすべて記録され、電話を逆探知する試みのため機動部隊ユプシロン-3("電話会社")にすぐに報告されなくてはなりません。着信を報告する全職員は自らの年齢、母親の居場所、母親との関係状況も報告しなくてはなりません。

主任研究員ペリーのメモ: 以前の電話の件を考慮すると、SCP-2315の実験を行う場合には、電話の発信源を特定することが最優先と見なされます。機動部隊ユプシロン-3に通知せずにSCP-2315の実験をしないように。

説明: SCP-2315は内外ともに特に目立った点のない工場出荷時の設定状態の標準的なiPhone 6です。電話にはロックコードもパスワードも掛けられていません。

SCP-2315は実母がまだ存命である30歳以下の被験者一人と共に部屋に置かれるまでは正常に動作します。これらの条件が揃うと、"母"という発信者名が表示されて電話が鳴ります。応答すると、声(SCP-2315-1と指定)が電話から聞こえます。被験者はSCP-2315-1を母親の声だと述べており、自由に会話ができます。三角測量により電話の発信源のターゲット範囲を被験者の実母から1km以内のどこかまでに絞りましたが、電話の発信源を特定する試みは現在まですべて失敗しています。

被験者が後日上記の基準を満たすと、1日に1回の頻度でSCP-2315-1からの電話着信が続きます。被験者は連続した電話の度にだんだんと不安に感じていると報告しています。

電話の大まかなパターンは以下の通りです:

  • 一回目の電話は何も起こりません。被験者はSCP-2315-1が好意的ではないが、まだ支援的であると報告しています。
  • 二回目の電話中、SCP-2315-1は被験者を苦しめるような話題について話します。被験者は通話を通してSCP-2315-1がだんだんと敵対的になっていったと報告しています。
  • 三回目の電話中、SCP-2315-1は被験者に対して極めて敵対的でありながら、被験者への愛と支持を示します。共通する現象としては被験者が電話を切るか終了されるまで、 怒鳴ったり叫んだり、被験者に危険な行動を要求をしたりします。三回目の電話は休みなしに何時間も続くことができると記録されました。

補遺: 実験記録 █: D-135はSCP-2315をテーブルの上に置いて無人の収容セルに入るように指示され、次の指示を待つよう言われました。通話を録音するためセルの至る所にマイクが使われました。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。