SCP-2330-JP
rating: +4+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2330-JP

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-2330-JPはサイト-8141の人型生物収容室に収容されます。SCP-2330-JPはカテーテル1を用いて膀胱内部から常に水分を排出できる状態に置いて下さい。SCP-2330-JPから排出された水分は吸水性ポリマーで吸い取り、1日毎にまとめて焼却処分して下さい。SCP-2330-JPには週に1回の定期的なカウンセリングが行われます。

SCP-2330-JPの収容に携わる人員は脱水症状を呈していないことが確認されている必要があります。SCP-2330-JPとの接触を行う際は、担当職員である輿水博士に過去数日に渡っての食事記録を提出して下さい。

説明: SCP-2330-JPは15歳(2015/09/21当時)のモンゴロイド系女性です。SCP-2330-JPの膀胱には特定の条件を満たすことで純水が供給されます。SCP-2330-JPの周囲5mに脱水症状を呈する人物(以下、該当人物)が侵入することで純水の供給が開始され、その供給量は範囲内に存在する該当人物1人あたりに対して約0.8mL/s増加します。確認されている最大供給量は範囲内に該当人物が30人存在する場合の24mL/s2です。

SCP-2330-JPに他者の膀胱を移植したところ異常性は消失しなかったこと、及びSCP-2330-JPの膀胱を他者に移植したところ膀胱が異常性を示さなかったことから、異常性の根幹はSCP-2330-JP自身に存在していると考えられています。

収容経緯: SCP-2330-JPは"██████"と呼ばれる要注意団体の施設より回収されました。該当施設ではSCP-2330-JPを用いた実験が行われていた痕跡が残っており、SCP-2330-JPと共に以下の文書が回収されました。

回収された時点でSCP-2330-JPは非常に衰弱していましたが、回収後の適切な処置により復調しました。

補遺: 2015/09/21にサイト-81413にてSCP-21HK-JPの収容違反が発生しました。これによってサイト-8141はSCP-21HK-JPの長期的な支配下に置かれ、サイト-8141の一部は完全な孤立状態に陥りました。孤立区域内にはSCP-2330-JPの収容セルが存在していました。

1ヶ月に及ぶ孤立期間における孤立区域内部の信頼に足る情報は存在していません。孤立区域からはSCP-2330-JPの絞殺死体と2█人の財団職員の溺死死体、及び輿水博士が回収されました。SCP-2330-JPの首には輿水博士の皮膚が、大陰唇には輿水博士の唾液が付着していました。以下は孤立期間の情報を得るために行われ輿水博士へのインタビュー記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。