SCP-2350

カノンハブ » 第三法則ハブ » SCP-2350

rating: +11+x

アイテム番号: SCP-2350

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2350の録音音源はサイト-42内のデジタル兵器庫にあるセキュアなUSBドライブに保存されます。このドライブは聾の職員か工業用イヤーマフ及び耳栓を着用した職員によってのみ取り扱われるべきです。

機動部隊ラムダ-12 ("媒介害獣除染隊")とユプシロン-4("糖衣錠")は共同してSCP-2350の収容にあたります。ユプシロン-4はSCP-2350の効果に対する予防接種の開発に努め、ラムダ-12はベトナム内で発生する潜在的SCP-2350-1イベントの調査を行います。ラムダ-12がSCP-2350-1の影響下にあるエリアを特定した場合、ラムダ-12は効果半径を特定し収容前線を確立します。財団はその後にベトナム政府に、影響されたエリアを野生動物保護区域とするよう連絡します。

財団は現在アメリカ合衆国と、アーカイブされた特定の極秘ファイルを譲渡するよう交渉する試みを行っています。必要とあらば、これを達成するため政治的圧力が米国に掛けられます。

説明: SCP-2350は蚊の大群を想起させる音を媒介とし伝わる、兵器化されたミームエージェントです。SCP-2350を聞いた人類はこの大群が自らを攻撃しようとしていると考えますが、聾の人間はこれに影響されません。SCP-2350が聞こえる時間が12秒経過する毎に、想定される大群の大きさは倍化します。SCP-2350に影響された人は蚊による虫刺されと一致する発疹やその他炎症反応に苦しめられます。影響された人はまたマラリアのような蚊を媒体とする疾病と一致する症状を示し始めます。多くの場合で、患者は一般に蚊を媒体とする以外には共通点のない病気の複合症を患いました。

Mosquito_back.jpg

曝露二分後の被験者へのSCP-2350の影響。

SCP-2350はアメリカ合衆国により開発され、朝鮮戦争及びベトナム戦争内での領域拒否兵器1として多用されました。この音は標的区域に撃ち込まれる迫撃砲弾或いは爆弾内の磁気テープに録音され、着弾後、弾は動力供給が途絶えるまでSCP-2350を再生します。結果その付近の生物がこのミームにより侵されるため、何千人ものベトナム人民間人は殺されるか家を追われました。

SCP-2350-1は、ベトナムのジャングルの区域で散発的に起こる、明らかな音源無しにSCP-2350が発される現象です。SCP-2350-1の生じた原因はSCP-2350の過使用ではないかという疑いが挙がっています。影響された区域に動物相は全く見られません。元から棲んでいた野生動物は本能的にこれらの区域を避け、また他所からこの区域に導入された動物はすぐさま逃げ出します。

発見: 財団は2005/04/30、機動部隊ラムダ-12("媒介害獣除染隊")がSCP-2810のアウトブレイクをベトナムで追跡中当異常存在に遭遇したことから、SCP-2350を初めて知るところとなりました。この探索中、ラムダ-12はSCP-2350-1の影響を受けた放棄された居留区に辿り着き、そこで彼らはSCP-2350を伝播させる目的で持ち込まれ、また当該区域の汚染の原因となった迫撃砲を見つけました。ラムダ-12は逃走に成功しインシデントを報告しました。居留区からの記録、迫撃砲のフィルム映像の分析、財団外部の有識者とのクロスリファレンスにより、SCP-2350は公式に指定されました。

SCP-2350の歴史:

ASCI3の歴史記録によると、SCP-2350の源流は米西戦争においてスペインの使用したミーム兵器であり、これはアステカのマリナルショチトル4への祈りが基盤にあるということです。この兵器の効力は欧州のミーム学が未発達であったことから制限されていました。媒体となる音は手持ちのスピーカーから発されねばならず、身体的影響は一切及ぼさず、スペイン人とアメリカ人の双方に影響を及ぼしていたのです。そのためこの兵器はこの戦争では全く意義ある貢献をせず、その研究は1898年のパリ条約の一部として米国に譲渡されました。

ソビエト連邦の諜報機関により収集された記録によると、米国は友軍が使う予防摂種用ミームを開発することでこの兵器を両世界大戦にて使用しようと再開発する試みを行っていました。予防接種ミームの開発に必要だったブレイクスルーは1947年まで開発されなかったため、SCP-2350はいずれの世界大戦でも日の目を見ることはありませんでした。

財団に接収されたペンタグラム5の調査記録によると、この兵器の初めての予防接種は1950年初頭に開発され、仁川上陸作戦にて海軍の用いる弾薬として初陣を迎えることとなりました。この兵器は朝鮮戦争の間、敵の補給線を断ち大規模な要衝を確保する用途で更に使用され、雲山での戦いにてこれを内蔵した多くのキャニスターが米軍の撤退を支援するために用いられたのではないかと思われます。この戦いについての回収された中国の記録は、鴨緑江の渡しで突然実体化して米軍を追撃しようとする中国軍を攻撃した蚊の大群に繰り返し言及しています。

SCP-2350と分類された型の兵器は米国科学兵団の特殊作戦部門により開発され、ベトナム戦争中Agent Blackというコードネームで共に使われました。これは蚊の大群の巨大化する勢いが増加しているのに加え、その犠牲者に物理的損傷を与えることも可能としていました。1961年以前のいつかの時点で、SCP-2350-1はベトナム内で拡散し始めました。米国の予防接種はこのタイプのSCP-2350には効かず、そのためこれは共産主義軍と反共産主義軍の双方に区別なく損害を与えました。

'Ranch_Hand'_run.jpg

USAFの航空機がジャングルのSCP-2350-1の影響を受けていると思しき区域に薬剤を噴霧している。この写真はペンタグラムから接収された写真の一部である。

米国はOperation RANCH HANDと呼ばれる除草軍事作戦を通じてSCP-2350-1の拡散を防ごうとしましたが、この試みは部分的にしか成功せず、大量の枯葉剤の副作用によりSCP-2350-1に影響されていないジャングルと数千人超のベトナム人市民が強制移住を余儀なくされました。2005年時点で、米国はSCP-2350の存在を感知しておらず、財団による従来の経路を通じた過去の異常物に関するアーカイブにアクセスしようとする試みを繰り返し跳ね除けています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。