SCP-2401
rating: +5+x

アイテム番号: SCP-2401

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2401とSCP-2401-αは研究サイト-45のセル-22に収容されます。セル-22内には3m2のドリップ式自動給水システム付きの鉢植え植物が常設されます。

セル-22付近には、松葉への着火用の小型電気式焼却装置1が設置されます。担当職員はこの装置を補充、操作することが許可されます。SCP-2401が興奮、錯乱した場合には、焼却装置の排気口を直接セル-22に接続します。

隣接するセル-22とセル-23を接続する計画は現在承認待ちです。SCP-2401-βのナンバリングは追加情報があるまで分類予約待ちです。

説明: SCP-2401は人間の宿主の性別によって寄生性もしくは共生性に変化するミツバチの未知種です。現在に至るまで、継続維持されるSCP-2401のコロニーは1体の人間の女性宿主の例でのみ観察されています。

これまで観察されたあらゆる事例で、男性の宿主はコロニー形成から9〜12日以内で、蜂刺しや外皮組織の全体的な変質による炎症性合併症で死亡します。これは免疫系にも悪影響を与え、結果的に男性宿主は嫌気性感染症に陥りやすくなります。男性宿主の死後、SCP-2401は死亡者の身体を離れ新たな宿主を探します。

女性宿主へのコロニー形成は若干異なり、高度のプロポリス2分泌により感染症リスクが低減されます。30〜50%の皮層がケラチン質の蜂の巣に置換されると、コロニー形成は安定化しそれ以上の拡大を停止します。このプロセスが完了すると、SCP-2401は宿主を巣として扱い、標準的な保護的行動を示します。SCP-2401は宿主の臭いマーカーを利用し、コロニーの臭いマーカーが同一になるよう調整します。このプロセスにより、SCP-2401は宿主の精神的および身体的状態と同期します。

女性宿主はさらにSCP-2401を受け入れかつ守るために急激な変化を遂げます。この変化には、細胞再生の増加、アンフェタミン分泌量の増加、食物や水分への依存性の低下が含まれます。大半の例では女性宿主が従来の人格と記憶を保持し、結果的にSCP-2401との共生の進行に関わる心理的外傷を負います。これにより、共生を全面的に拒否する宿主が自殺する割合は高くなります。

SCP-2401と自身の共生関係を維持することに確かな関心を示した例は1件のみです。この例となった女性は事実上SCP-2401-αと認定されました。

補遺-2401-001:  直近のSCP-2401-αの収容違反の結果、職員や警備員がセル-22への進入、およびサイト管理官からの直接の許可なしでSCP-2401-αと対話することが禁止されました。SCP-2401およびSCP-2401-αの研究は現在無期限に凍結されています。

補遺-2401-002: SCP-2401-αの収容違反当事者としての聴取ののち、████博士は研究サイト-45から異動となりました。氏は即効性記憶処理剤の適用を選択し、その後セキュリティ上の都合により恒久的にレベル0職員に降格されました。財団内での氏の行動の継続観察および報告は最低3年継続されることが決定されました。




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。