SCP-2418-JP
rating: +10+x
blank.png
A5756D12-9A11-4866-B242-6369A707D294.jpeg

イベント-2418-JP最中のSCP-2418-JP

アイテム番号: SCP-2418-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2418-JPは左足首にGPS機能付きのタグを取り付けて、1km2×200mの生物収容セクターに収容してください。収容セクターは常に湿原と森林を模した環境を整えられなければなりません。担当職員は定期的に食用の木の葉/草/樹皮と水分を供給し、SCP-2418-JPの健康状態を一定に保ってください。SCP-2418-JPが所望する物体は、収容違反を誘発すると考えられるものでない限りは与えることが許可されています。

イベント-2418-JPへの干渉はその一切が認められていません。イベント‐2418-JPで建設された建造物は定期的に全潰して収容セクターにスペースを作ってください。

説明: SCP-2418-JPは異常性を有するアメリカビーバー(Castor canadensis)です。姿形や遺伝子面では通常個体との差異は見受けられません。SCP-2418-JPは学生程度の知能を有し、文字/言葉などは有していませんが、他個体/他生物1とジェスチャーによる意思疎通を行うことが可能です。

SCP-2418-JPの異常性は、SCP-2418-JPが日常的にイベント‐2418-JPを行う点にあります。イベント-2418-JPはSCP-2418-JPがSCP-2418-JP-Aを用いて建築を行う行動です。建造物によって異なりますが、その期間はおよそ1ヶ月〜2年の歳月を要します。これは人間による建築速度と比較すると非常に速いといえますが、それはSCP-2418-JPがイベント-2418-JPの際に最低限の休憩しか取らないことによると考えられます。またSCP-2418-JPは目についたものをSCP-2418-JP-Aで加工するなどで建材として建築に用いる習性があります。

SCP-2418-JP-Aは当該アノマリーが作製した異常性を有する木製の工具です。SCP-2418-JP-Aは未知の加工技術で作製されており、その全てがモチーフとなった通常の工具と同様の挙動を見せます。また電気工具がモチーフになったSCP-2418-JP-Aも電気エネルギーやそれを代替するエネルギーが存在しないにもかかわらず、元となった道具と同様の挙動を見せます。

イベント‐2418-JPにおけるSCP-2418-JPの建造物は竪穴式住居から高層ビルなど、その種類は多岐にわたります。なおそれらすべてが建築理論上非常に理にかなった状態で建築されていることが判明しています。また水上/水中における建築に関しては人間の建築学理論を十分に上回ることが確認されています。

以下はイベント‐2418-JPに関する実験です。

実験記録-2418-JP

対象: SCP-2418-JP個体43匹

実施方法: 収容室にいくつかの物品を放置し、その後の様子を観察する。

結果: 実験開始直後、SCP-2418-JPの一個体が地面に木の枝を用いて簡易的な設計図を書きだしました。その後全個体で1時間弱のコミュニケーションを取り合いました。以降SCP-2418-JPはSCP-2418-JP-Aを巣から取り出す;巣内に用意されていた建材を持ち出す;放置した鉄パイプや木材を外装材2として利用する;瓦数枚をモチーフにして、石板を加工するなどして必要枚数の瓦を用意する;繊維製品を内装として用いるなどの行動が見受けられました。また特筆すべき点として、SCP-2418-JPは静音ドリル3を観察やSCP-2418-JP-Aを用いるなどして静音ドリルの構造や原理を理解し、静音ドリルをモチーフにしたSCP-2418-JP-Aを1時間程度で作成しました。また同じ挙動がスマートフォンでも見られましたが、内部の電子基板などを内装に用いるだけにとどまりました。最終的にSCP-2418-JPは二階建ての一軒家4を建築しました。なお完成直後、SCP-2418-JP同士で建造物の完成を祝っている様子5が確認されています。

分析: 一連の流れで、SCP-2418-JPは分業を行なっているところが確認されました。またSCP-2418-JP-Aの利用者も個体ごとに決まっていることが判明しました。これらの分担方法は自然界においても違う形で見られるものであるため、非異常性だと断定します。しかしこの分担方法が建築理論学上理にかなった形であることは着目すべきです。なお本実験における建築期間は4か月程度であり、これはSCP-2418-JPが人間よりも体格が小さいことを考慮しても、異常な建築速度だといえます。またSCP-2418-JPが建築を行っている間、平時よりも脳の処理速度が上がっていたことが報告されています。このことからSCP-2418-JPは建築中に知能が上昇していると予想されます。

78192C73-BF37-4FD4-995D-6D6184BD71E0.jpeg

フォレスト氏

発見経緯: SCP-2418-JPはアメリカ合衆国の株式会社”BEAVER COMPANY67”の調査の際に、数体のSCP-2418-JPの遺体8とともに発見されました。

調査の結果、当該企業においてSCP-2418-JPの存在は”BEAVER COMPANY”の社長であるロイ・フォレスト氏(以下はフォレスト氏と表記)のみが認知していました。他の雇用者は事務職員としてのみ活動していて、フォレスト氏からはSCP-2418-JPの存在を伝えられておらず、SCP-2418-JPの存在を全く認識していなかったことが判明しています。

SCP-2418-JPの存在が財団によって確認されたのち、フォレスト氏に対する尋問/インタビューが行われました。以下はフォレスト氏に対するインタビュー記録です。

SCP-2418-JPの性質について: SCP-2418-JPは長時間建築を行わない;建築を妨害される;建築から離れさせられるなどの状況に陥ると極度のストレス状態となり、死に至る場合があります。9

収容に支障をきたす恐れがあるため、SCP-2418-JPに対する持続的なストレスの緩和は早急に取り組まなければならない問題です。SCP-2418-JPの性質上、人間におけるワーカーホリックの治療方法10を導入したとしても問題解決には至らないと考えられます。そのため、SCP-2418-JPをストレス状態にさせない最も効果的な方法は継続的にイベント‐2418-JPを行わさせ続けることであると断定し、現在の特別収容プロトコルが制定されました。

補遺: 20██/██/██にSCP-2418-JPに対する特別収容プロトコルの改善を打診していたSCP-2418-JP担当職員であるロイ・フォレスト研究員が、SCP-2418-JPの収容違反を引き起こそうとしたため、記憶処理を受けて解雇されました。同職員の声明文の一部を以下に抜粋します。

あいつらに建築を持続的に行わせることには同意しよう。だが、拷問を受ける囚人のように、作らせ、壊し、また作らせて、壊す。そんなことは認められない。認めるわけにはいかない。
お前たちにとっての保護とは何だ?ケージに入れた犬か?水槽の中の熱帯魚か?ホルマリン漬けされた実験用マウスか?
少なくとも俺は、異質なものを隣人として受け入れる慈愛から来るものだと思っていた。もっとも、それは、馬鹿げた勘違いだったみたいだがな。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。