SCP-2451-JP
rating: +23+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2451-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2451-JPはサイト-8199のレベル4異常物収容ロッカーに保管されています。SCP-2451-JPをロッカーから移動させる場合、最低でも2名のセキュリティクリアランスレベル4職員による許可を必要とします。

SCP-2451-JPに関する実験は禁止されています。

説明: SCP-2451-JPはダイヤルパルス式の黒電話です。外見は1980年代に流通していたスーヴニール社製のものと類似していますが、一部に意図不明な改造が施されています。製造年代の古さにも関わらず外装および内部に目立った損傷は見られません。

SCP-2451-JPは不定期的に電話を受信します。受信の際に発されるコール音は受話器を取るか凡そ30秒ほどで停止します。受信中の受話器を取った人物は未来の出来事に関する知識を限定的に得ることが出来ます。得られる知識に規則性は無く、受け手の経歴やパーソナリティは得られる知識と無関係であることが判明しています。発信元に対する逆探知の試みは成果を上げていません。SCP-2451-JPから他の固定/携帯電話へ発信する試みは成功していません。

回収ログ: SCP-2451-JPは神奈川県の民家から回収されました。民家内の資料にはSCP-2451-JPが「未来からの間違い電話を受信する機能」を有していると記載されていますが、現在のSCP-2451-JPが同様の異常性を有しているかは不明です。民家の管理者は以前から要注意団体「FROWN1」の構成員として調査されており、民家は同団体の集会場として利用されていたと判明しています。財団はカバーストーリー「違法薬物使用および売買会場の摘発」を適用した機動部隊の派遣を予定していました。作戦予定日の1週間前、不明な武装集団が民家を襲撃し内部で何らかの儀式を実行したことが盗聴器の情報から判明しています。武装集団の行方および実行された儀式の詳細については調査中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。