SCP-2468-JP
rating: +119+x

財団記録・情報セキュリティ管理局より通達

あなたが現在閲覧している文章は、参照のためにアーカイブされた過去版です。
この文書は1957年8月1日に編集されており、事実と異なる情報が含まれる可能性に注意して下さい。

— 財団記録・情報セキュリティ管理局


アイテム番号: SCP-2468-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2468-JP-1は死亡により無力化されています。死体のサンプルはサイト-81██の低温収容室で保管してください。SCP-2468-JP-2は標準的な人型生物収容房に収容され、常に2名のセキュリティスタッフが収容室を監視します。月に一度、サイト管理官の許可を得て、書籍等の娯楽品を提供することが認められています。実験でSCP-2468-JP-aを用いる場合は上限を400ccとし、実験後はただちに同量のA型の血液を輸血してください次の実験まで最低16週間の間隔を空けて下さい。SCP-2468-JP-2はナッツアレルギーを有しており、摂取した場合は重度のアナフィラキシーショックを引き起こすことに注意して下さい。

説明: SCP-2468-JPは異常な血液を有するモンゴロイドの女性の総称です。 これまでに2実体が収容され、それぞれSCP-2468-JP-1、SCP-2468-JP-2にナンバリングされています。また、SCP-2468-JP-1及び2は指紋が一致するとともに、同じ戸籍上の本名(█████)と生年月日(1940年██月██日)を主張しますが、身体的な特徴が異なり、その記憶にも齟齬が見られます。

SCP-2468-JP-1及びSCP-2468-JP-2は共通して以下の異常性を有します。この異常性を除き、同年代のヒトとの差異はありません。

  • 血液が空気に触れた場合、紅葉したイロハモミジ(Acer palmatum)の葉(以下、SCP-2468-JP-aと呼称)に変化し傷口に覆い被さる形で付着します。体腔内で出血した場合も同様の異常性を発現しますが、皮下出血時には異常性は見られません。ヒトの血液1を輸血した場合は問題なく機能し、体外に出た場合はSCP-2468-JP-aと同様の異常性を発現することが確認されています。エックス線回転横断撮影装置2及びR/B多稼働体腔内カメラでは消化器・循環器に異常は見られず、体内においては非異常性の血液と同様の働きを持つと考えられます。
  • 傷口に付着したSCP-2468-JP-aは軽微な止血効果を有し、傷口に付着した場合は通常よりも負傷が早く回復します。しかし多量の出血を伴う負傷に対しては傷口に付着できず、外科的な止血が必要となります。また、この止血効果はA型の人間であれば同様の効果を示します。止血が完了すると、SCP-2468-JP-aは自然に剥離し、その後は異常性を失い乾燥/腐敗します。
  • SCP-2468-JP-aを用いて物質を覆い隠した場合、生物非生物を問わずその物質は消失します。この"覆い隠した"とは、直接的な接触の有無に関わらずSCP-2468-JP-aで物質の全面積が遮蔽された状態を指します。消失した物質は現在まで発見されておらず、小型無線送信装置を用いた実験では、消失後の信号は観測されていません。SCP-2468-JP-2の証言から、消失した物品は異常空間(SCP-2468-JP-bと呼称)へ転移していると考えられますが、この異空間の観測には成功していません。
  • SCP-2468-JPの生命活動が停止した場合、体内に残された血液は全てSCP-2468-JP-aに変化し、大量のSCP-2468-JP-aが体内/体外に出現すると共に、堆積したSCP-2468-JP-aの内部から新たなSCP-2468-JP実体が出現します。この異常性はSCP-2468-JP-1でのみ確認されていますが、SCP-2468-JP-2も同様の異常性を有すると考えられます。

SCP-2468-JP-bはSCP-2468-JP-aにより消失した物品が転送されると考えられている異常空間です。空間内部を観測する試みは失敗しており、SCP-2468-JP-bに関する情報はSCP-2468-JP-2の証言から得られたもののみです。証言によればSCP-2468-JP-b内部は空間全体にSCP-2468-JP-aが堆積しており、SCP-2468-JP-a以外の存在は見られません。この空間は“堆積した落ち葉の中を潜るように”移動することが可能ですが、空間の広さに関する情報は得られていません。また、空間内を移動することでSCP-2468-JP-bから脱出できますが、その原理は解明されていません。SCP-2468-JP-2はSCP-2468-JP-1といくつかの点で差異が見られることから、SCP-2468-JP-bには更なる異常性が存在すると考えられます。

SCP-2468-JP-1は1945年██月██日、蒐集院より財団へ引き継がれました。蒐集院の記録によればSCP-2468-JP-1は194█年██月██日、██県██市が空襲時を受けた翌日、蒐集院により発見・確保されました。SCP-2468-JPの両親は空襲により死亡したと見られたため、SCP-2468-JP-1は戸籍上は死亡したと扱われています。当時の担当者であった笹舟研儀官が行った調査ではSCP-2468-JP-1の両親や親族に異常性は確認されませんでした。また呪術的・心霊的な痕跡も見られず、その異常性の起源は不明です。当初はSCP-2468-JPに指定されていましたが、1953年4月30日に死亡・無力化し、SCP-2468-JP-1に再分類されました。詳細はインシデントログ-2468-JP/1953/04/30を参照して下さい。

SCP-2468-JP-2はインシデント-2468-JP/1953/04/30によりSCP-2468-JP-1が死亡した直後、SCP-2468-JP-1の体内から出現した人型実体です。外観はSCP-2468-JP-1に酷似し、サウンドスペクトログラム3を用いた検査では高い確率で声紋も一致しますが、初歩的な英語能力しか有さず、左腕を中心に広範囲の火傷跡を有する等いくつかの差異が見られます。また、SCP-2468-JP-2の証言には財団の記録と一致しない点が多々見られます。下記は差異のある記録の抜粋です。その他の記録については別資料2000JPdisを参照してください。
事項 財団の有する記録 SCP-2468-JP-2の証言
収容以前の経緯 194█年██月██日、██県██市が空襲時を受けた翌日、蒐集院により発見・確保された。 194█年██月██日、██県██市が空襲時を受けた際に左腕を負傷、翌日蒐集院により発見・確保された。
研究担当者/蒐集院 笹舟次郎太研儀官 黒陶由倉研儀官
研究担当者/SCP財団 ルーク・マクラージン博士 ランドルフ・バクフ研究員
アイテム番号 SCP-2468-JP SCP-████-JP

黒陶由倉研儀官は蒐集院解散後にエージェントとして財団に雇用されており、SCP-2468-JP-2については蒐集院時代にその存在を認知していたものの接触したことは無いと証言し、これは他の蒐集院関係者の証言や蒐集院の記録により裏付けられています。また、バクフ研究員はSCP-2468-JPに関する知識を有していません。しかし、ポリグラフ検査4の結果はSCP-2468-JP-2の証言が虚偽である可能性は低いことを示しています。この矛盾点について、SCP-2468-JP-2の記憶の混濁/改変された可能性、SCP-2468-JP-2はSCP-2468-JP-1の二重存在ドッペルゲンガーである可能性、或いは時間異常による局所的な歴史改変が発生した可能性が指摘されていますが、詳細は不明です。

付記/1957/8/1: 定期健康診断の結果、SCP-2468-JP-2が黄疸の兆候を示し、更なる検査の結果肝炎を発症していることが確認されました。機動部隊員やDクラス職員等にも同様の症状の報告があることから、発症の原因は輸血である可能性が高いと考えられます。当面はSCP-2468-JP-2の治療が優先され、実験でSCP-2468-JP-aを用いた場合は輸血ではなく自然治癒により血液を回復させて下さい。SCP-2468-JP-2の治療にアノマリーを用いる申請については現在審議中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。