SCP-2496-JP
rating: +39+x
blank.png
Wasp-soilence1.jpg

保存状態が最良のSCP-2496-JP標本の1つ

アイテム番号: SCP-2496-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 新たに発見されたSCP-2496-JPおよびSCP-2496-JP-1の実例は無力化 (破壊) し、鋳潰します。

SCP-2496-JPの収容/保護対象個体に対する取扱方については、現在、以下に示すバージョン208Kのプロトコルが適用されています。収容/保護プロトコルの情報公開は制限されていませんが、プロトコルは多種の専門的な作業内容で構成されており、担当職員以外による情報閲覧は任意となっています。

担当の収容スペシャリストチームは、残された猶予期間内に、現行のものに代わる新たな安定した収容/保護プロトコルを成立させる必要があります。バージョン208Kのプロトコルが突破されるまでの期間は、長くとも残り3年と試算されています。

説明: SCP-2496-JPは主にマグネシウムの合金で構成されており、キイロスズメバチ (Vespa simillima xanthoptera, ケブカスズメバチ亜種) の働き蜂と同等の形状や大きさを持つロボットです。脳と神経に相当する部分が電子頭脳 (コンピュータ) 、消化/排泄器官に相当する部分が体表の光エネルギー発電機 (いわゆる太陽電池) から電力を送られる二次電池 (バッテリー) に置き換わっている以外の、例えば四肢や翅等のような基本的な身体機能に関しては、概ねキイロスズメバチの働き蜂と同等の能力を示します。

SCP-2496-JPにまつわる現代科学で解明不可能な要素は、次の3種に集約されます。

  1. 群れの長期的な継続により、群れ毎に特色のある文明や文化を持ち始めるほどの性能を持つ、電子頭脳。

  2. 同等の大きさの一般的なドローンと比べ、少なくとも50倍のエネルギー効率を持つと分析されている、二次電池。

  3. 毒液の詳しい化学的構成、およびその製造法。

毒針の機能を除き、機体の制御と電力の機構を市販の部品で代替すれば、それ以外のSCP-2496-JPの構成要素については完全に現代科学で再現することが可能です。再現された機体は、平均的な自律または無線コントロールによるドローンとして使用できるようになります。

SCP-2496-JPの毒液が体内に残っている状態で死亡した動物は、原則として即座に、主にマグネシウムの合金で構成された、元の動物と同等の形状や大きさを持つロボット、SCP-2496-JP-1に置換されます。各SCP-2496-JP-1実例に対するこれまでの調査より、置換の最も一般的な要因/死因は、SCP-2496-JPに2回以上刺されることによるアナフィラキシーショックであると推定されています。轢死や爆死により原形を留めずに死亡した事例の中には、動作しない、分解された機械部品のみが後に残されていたという記録も存在しています。

SCP-2496-JP-1はSCP-2496-JPと同様、脳と神経は電子頭脳、後部/背面部の体表は光エネルギー発電機、呼吸/消化器官は二次電池、排泄/生殖器官はSCP-2496-JPの毒液を生産する機器に置換されています。ですがSCP-2496-JP-1におけるそれらの機器は通常、小型の同じパーツの集合体となって動作していることが確認されています。また、SCP-2496-JPには見られない要素として、SCP-2496-JP-1には、主に指先が高温やレーザーによる金属や配線の切断/溶接を容易に可能とする機器になっている等の、後述の製造作業を行うための機能が備わっています。

例外的に、キイロスズメバチの働き蜂が刺し殺された場合、対象はSCP-2496-JP (と完全に同一のロボット) に置換されます。これまでに確認されているSCP-2496-JPの攻撃対象はキイロスズメバチの働き蜂か、もしくはその2倍以上の大きさを持つ動物のみであり、それ以外の動物がSCP-2496-JP-1になった場合、下記の行動原理に対してどのような振る舞いをするのかは分かっていません。

SCP-2496-JP-1は通常、自身の第1目標を、可能な限り自身を解体してSCP-2496-JPを生産することに設定します。支障なくSCP-2496-JPの生産が進んだ場合、SCP-2496-JP-1はやがて、頭と腕1本のみ等、生産の作業続行が困難か、不可能な形態となります。その形態になりつつある時期のSCP-2496-JP-1から生産されたSCP-2496-JPによって置換された、別のSCP-2496-JP-1個体は、自身の解体よりも、自身を置換させたSCP-2496-JPの生産元を捜索し、その生産元を素材にしてSCP-2496-JPを生産することを、まずは優先します。

SCP-2496-JPの起源は現在も不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。