SCP-2519
rating: +8+x
Babylon3.png

実験2519-24で作成されたSCP-2519-1の例。歌詞は(実験後の解析で)Alexandra.aicが生成したものと判明した。

アイテム番号: SCP-2519

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2519実例1点がフラッシュドライブに保存され、サイト-15にある標準的な電子物品保管ロッカーに収容されます。機動部隊カッパ-10(“スカイネット”)はSCP-2519ファイルの共有を検出するウェブ走査プログラムを開発し、既知の人工知能がSCP-2519に感染しているか否かの証拠を調査するものとします。

今後のSCP-2519実験にはサイト-15管理官の許可が必要であり、防音処理・気密処理・ファラデー遮蔽が施された実験室で行われます。

説明: SCP-2519は“Babylon.mp3”というデジタル音声ファイルであり、旧約聖書の詩篇 第137篇を題材としてフィリップ・ヘイズ(1738-1797)が作曲した“バビロンの川のほとりに”を基とする3パート輪奏の音楽をエンコードしたものです。音声解析によると、録音された音楽は小さなシリンダー式オルゴールで演奏されています。

SCP-2519ファイルの再生に使用された電子機器や、その音楽再生に曝露した機械システムは、次のうち1つ以上の影響を受けます。

  • 稼働速度と効率の低下
  • オイル等の液体の漏出
  • 機能停止

これらの不具合は曝露期間を通して持続し、その後もしばしば再発することが知られています。SCP-2519による生物への影響は観測されていません。

SCP-2519は、曝露した機器が持つ能力の範囲内で以下の追加効果を発揮します。

  • 任意のアクセス可能なネットワークにおける、SCP-2519の複製と他機器への自動的配布
  • オリジナルの音楽に基づいた諧調の新たな音楽(SCP-2519-1と指定)から成る追加データの生成。これらはSCP-2519ファイルに追加される。

これらの効果は特定種のマルウェアに典型的ですが、SCP-2519ファイルにはこのような結果に繋がるデータやコードが含まれていません。

SCP-2519の存在は、財団がダークネット上の通信監視を通して、ごく普通のMP3ファイル内にエンコードされたウィルスに関する情報を検出した際に発見されました。オリジナルファイルの隔離後、追加6,997曲のSCP-2519-1実例が特定・収容されました。選択された実験ログが以下に掲載されています。

実験SCP-2519-09 - 2016/11/14

対象: 標準的な財団のエアギャップ実験コンピュータ。スピーカーが設置されている。

手順: SCP-2519が実験コンピュータにロードされ、音声送出有りで再生された。

結果: SCP-2519音声の再生が関与した最初の実験。1曲のSCP-2519-1実例が生成された。実験コンピュータの処理速度が30%低下(過去の実験と一致)。室内の監視カメラが実験中に録画を停止したが、機能は実験終了時に自然復帰した。実験を繰り返した結果、SCP-2519音声への曝露がカメラの機能喪失の原因であると確認された。

実験SCP-2519-12 - 2016/11/17

対象: 1.3リットル容量のガソリン車用4ストロークエンジン。

手順: エンジンを始動させた後、実験コンピュータから流すSCP-2519音声に曝露させた。

結果: 実験コンピュータと監視カメラは予測通りの機能低下を示した。SCP-2519への曝露開始から45秒後、エンジンは停止し、再始動できなかった。予測されていなかった事象として、エンジンのオイルタンクから漏出が始まり、約3リットルのオイルが失われた。漏出オイルは実験室の床に特定のパターンを形成しているのが観察され、分析のために撮影された。

サイト管理官の承認に続いて、SCP-2519とSafeクラス機械知能のクロステストが可能となりました。





特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。