SCP-2524-JP
rating: +31+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2524-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 「クックパッド」上に投稿されたSCP-2524-JPは財団ウェブクローラによって捜索されます。発見されたSCP-2524-JPは記録後に直ちに削除してください。またSCP-2524-JPに言及する全ての情報は検閲の対象とされ、存在するアクセス可能なリンクの全ては財団ウェブクローラによって自動的に削除されます。

SCP-2524-JPを実行した対象が現れた場合、対象を確保した後に尋問してください。対象が異常な性質を有さないことが確認された場合、記憶処理を施した上で対象を解放してください。SCP-2524-JPの実行を目撃した人物も同様に一時的に身柄を確保し、記憶処理を施して解放してください。SCP-2524-JPの失敗による異常現象に関連した災害に対しては「ガス管の破裂」や「土砂崩れ」等の被害状況に則したカバーストーリーを適用してください。

しっちゅ

シチュー生成段階のSCP-2524-JP。

説明: SCP-2524-JPは料理コミュニティウェブサイト「クックパッド」上に不定期に投稿される異常な儀式的手順に基づいたシチューの作成技法です。SCP-2524-JPにはキリスト教、仏教、アフリカ民族信仰、古代エジプト信仰等の様々な宗教儀式的要素との一致が認められています。SCP-2524-JPは毎回異なるアカウント1によって投稿されていることが確認されており、様々な調査が行われているにも関わらず投稿者の身元は特定されていません。

投稿の度に文章の細部は異なりますが、内容は全て同様の異常なシチューの作成法について記述されています。以下は実際に2019年7月1日に投稿されたSCP-2524-JPです。

シチュ


簡単絶品シチュー

簡単で美味しい♪料理が苦手でも簡単に出来る絶品シチュー🥰



材料 1人分
にんじん 2本
サラダ油 7t
純金 5kg
牛の血液 7L
石油 35L
TNT火薬 80kg
アンモナイトの化石 20枚
檜 鳥居を作れるくらい
彫刻刀 なるべく掘りやすいやつ
豚 15kg
1975年3月19日午後8時24分以降に生まれたヒト 6kg



作り方

  1. にんじんはすりおろしておく。
  2. こぼれないように気をつけながらサラダ油と牛の血液、石油を混ぜ合わせる。
  3. 混ぜた液体に豚 15kgを入れて強火で83時間加熱する。加熱したら弱火にして90時間放置する。
  4. 加熱している間にTNT火薬とアンモナイトの化石を混ぜておく。アンモナイトの化石は砕いておくこと。
  5. 檜を使って鳥居を作る。着色はお好みで。
  6. 豚入り石油牛サラダ油をよく冷まし、アンモナイトTNT火薬を中に入れてゆっくりかき混ぜる。
  7. 純金 5kgを土に埋める。だいたい8mくらいでOK。
  8. 純金を埋めた場所にアンモナイトTNTと混ぜた豚入り石油牛サラダ油をゆっくり注ぐ。あんまり一気に注ぐと埋めた純金が出てきてしまうので注意!
  9. 注ぎ終わったらそこで鳥居を北側に向けて建てる。
  10. 彫刻刀を使って鳥居に馬頭観音2とミカエル3、キルンギキビ4、オシリス5をモチーフにした彫刻を施す。この際モチーフを間違えると小~中規模の爆発が起こるので注意!
  11. 鳥居の下で1975年3月19日午後8時24分以降に生まれたヒト 6kgを焼く。しばらく焼くと下から長さ4m位の小さな前方後円墳が生えて来ますが正常です。前方後円墳が生えてきたら10分くらい焼き続けましょう。
  12. 焼き終わったら1で作ったすりおろしたにんじんをかける。
  13. 安全な距離まで離れる。だいたい80mくらいでOK。離れたら大きい声で「ぐわー!」と1422回叫ぶ。叫ぶ回数がこれよりも多すぎると突然体が発火したり心臓が潰れたりするのできちんとカウントしながら叫びましょう。
  14. 叫び終わったら1分くらいで焼いた1998年3月19日午後8時24分以降に生まれたヒトが爆発します。この時凄まじい光が発生するので直視は厳禁!
  15. 爆心地に皿に入ったシチューがあります!完成!

コツ・ポイント
〇石油、純金はお好みで増やしてみてください!シチューの量が変わります(^^)

うっかり1975年3月19日午後8時24分以前に生まれたヒトを使うと爆発半径が4kmぐらいに広がるので気をつけましょう♪


レシピの生い立ち
母が昔作ってくれたシチューが大好きで、子供時代は大好物でした。
その思い出から母のシチューを再現したくて作っていたらこのレシピに辿り着きました(*^^*)

手順に基づいてSCP-2524-JPを完遂すると、爆発を経て陶製容器に注がれた調理済みシチューが出現します。SCP-2524-JPに用いた鳥居、純金、ヒトはシチュー出現時の爆発の際に消滅します。消滅のプロセスは不明ですが、ハイスピードカメラの記録から爆発の約0.007秒前に同時に瞬間的に消滅していることが確認されています。出現したシチューは異常な方法によって作成されているにも関わらず、異常な成分や物質再構築の痕跡が認められません。また、このシチューはじゃがいも、トマト、玉ねぎ、鶏肉を具材としており、SCP-2524-JPに用いられた石油、豚、アンモナイト(subclassis Ammonoidea)の化石、ヒト等の全てのものは一切具材として含まれていません。また、出現時の爆発によって混入する可能性の高いはずである粉塵や土砂についても発見された例はありません。

SCP-2524-JPの手順を逸脱した場合、何らかの異常な作用が引き起こされます。これらの多くは突発的な爆発や発火、不可解な人体の損壊という形で引き起こされ殆どの場合でSCP-2524-JP実行者、周辺環境に致命的な影響を及ぼします。これらが引き起こされる基準と相関の詳細は不明であるものの凡そ次のように分類可能です。

手順 引き起こされる事象
サラダ油 生成時の爆発威力の変動。
石油 シチューの生成量。(?)
アンモナイトの化石 不明。(温度?)
鳥居 不明。
1975年3月19日午後8時24分以降に生まれたヒト [編集済み]

SCP-2524-JPの存在は2018年9月3日に岩手県軽米町の山中で発生した異常現象の調査中に判明しました。地元警察への「山から大量のシチューが流れてきた」という通報を傍受したことで調査が開始され、エージェントが到着した時点で通報のあった山には総量830tにも及ぶ非異常性のシチューが広がっていました。付近の民家のいくつかはシチューに押し流されて倒壊しており、複数の住民が下敷となり圧死、またはシチューによって溺死していました。異常現象を目撃した地元住民への聞き込みを行ったところ、当該現象の発生の2時間前から女性の物と思われる叫び声が継続的に確認されていたこと、異常現象発生直前に山の頂上付近で激しい爆発が発生していたことが判明しました。

現地に派遣された調査班がシチューを辿りながら調査していたところ、山頂付近に直径190mにも及ぶシチューで満たされた爆発痕を発見しました。その後の周辺の調査により、爆発痕から290m離れた地点でクリアファイルに挟まれたSCP-2524-JPの印刷された文書が回収されました。これらの文書にはボールペンでの手書きのメモが記されており、SCP-2524-JPが記された分量よりも極めて少ない純金、石油、サラダ油で実行された事を示唆していました。現在、この大量のシチューの出現は不完全なSCP-2524-JPを行ったために引き起こされた現象であると推測されています。回収された文書を元に財団がインターネット上を捜索したところ、「クックパッド」上においてSCP-2524-JPが発見されました。その後、行われた検証実験によってSCP-2524-JPの異常性が判明し、正式にSCP-2524-JPとしてナンバリングされました。

なお、これらの遺留品が残されているにも関わらずこの事案におけるSCP-2524-JPの実行者の素性、足取りは不明です。周辺住民からの目撃情報などから身長160cm位の40代後半~50代前半の女性との人物像が推測されていますが現時点まで個人の特定には至っていません。事案発生現場の状況から直接爆発に巻き込まれた可能性も否定できず、爆発後の爆風や多量のシチューの出現を考慮すればSCP-2524-JP実行者は死亡している可能性が高いと判断されています。遺体が発見されていないことから、SCP-2524-JPの失敗の際に引き起こされた異常現象によって消滅した可能性も考えられています。

補遺1: 発見時の事案、及び収容時の検証実験からSCP-2524-JPの各手順が生成されるシチューの状態に相関を持つことが認められました。SCP-2524-JPの各手順と生成されるシチューの相関を調査することを目的とし、追加の検証実験が行われました。実験はSCP-2524-JPの失敗時に引き起こされる爆発等の影響を鑑み、洋上に設置された仮設実験サイト-8193-βで行われました。以下は過去に行われた実験記録からの抜粋です。

実験記録-2524-JP-1

日付: 2018年9月15日

実験内容: SCP-2524-JPの指定通りに手順を実行する。

要員: D-20544

結果: 正常なシチューが生成された。成分解析の結果からも生成されたシチューに異常な点は確認されなかった。D-20544に摂食させたものの、異常な作用は確認されなかった。食後、D-20544は「普通に食える」との感想を述べた。

なお、原因は不明であるものの石油とサラダ油、牛の血液の混合作業中に液面に体長3m程度のヒジリタマオシコガネ(Scarabaeus sacer)6に類似した実体の出現が確認されました。実体はタンク内を53秒に渡って泳いだ後に溶けるようにして消失し、その後姿を見せることはありませんでした。

実験記録-2524-JP-2

日付: 2018年9月16日

実験内容: サラダ油の量を半分(2.5t)にしてSCP-2524-JPの手順を実行する。

要員: D-20544

結果: 正常なシチューが生成されたものの、生成時の爆発威力が4倍に増した。成分解析の結果は前回と同様に生成されたシチューに異常な点は確認されなかった。D-20544に摂食させたところ、「ちょっと香ばしい感じがする」と感想を述べた。

実験記録-2524-JP-3

日付: 2018年10月12日

実験内容: 石油の量を半分(17.5L)にしてSCP-2524-JPの手順を実行する。

要員: D-18992

結果: 鳥居が赤、青、黄の三色に繰り返し発光した。この発光を1988秒繰り返した後に鳥居の発光は停止した。直後、爆発と共に1.9tものシチューが生成された。成分解析の結果は前回と同様に生成されたシチューに異常な点は確認されなかった。シチューの生成時にD-18992がシチューに流されたものの、迅速に救助されたことで命に別状は無かった。なお、D-18992はシチューの味について「普通」と述べた。

実験記録-2524-JP-4

日付: 2018年10月27日

実験内容: サラダ油と石油を用いずにSCP-2524-JPの手順を実行する。

要員: D-16349

結果: 鳥居が発火する現象が発生したものの、他の現象は発生しなかった。シチューも生成されなかった。

実験記録-2524-JP-5

日付: 2018年11月19日

実験内容: アンモナイトの化石に異常巻アンモナイトの一種であるニッポニテス(Nipponites bacchus)7の化石を用いてSCP-2524-JPの手順を実行する。

要員: D-19986

結果: 正常にシチューが生成された。D-19986に摂食させたところ、「俺は好き」と述べた。

実験記録-2524-JP-6

日付: 2018年11月28日

実験内容: アンモナイトの化石の代わりにオオベソオウムガイ(N. macromphalus)の殻を用いてSCP-2524-JPの手順を実行する。

要員: D-19986

結果: この条件では凍結したシチューが出現した。出現時の表面温度は-46℃であった。解凍した後にD-19986に摂食させたところ「なんか生臭い」と述べた。成分解析の結果、通常生成されるシチューには含まれていないトリメチルアミンが含有されていたことが判明した。

特筆すべき現象として、オウムガイとTNT火薬の混合物の投入作業中に「Hallelujah」という女性の声と共に、突如として2m直上の空間が激しく発光した。この発光の後、周囲4m圏内に存在していた大きさ5cm~9cmの石の全てが瞬間的にライ麦のパンに置換された。

実験記録-2524-JP-11

日付: 2018年12月9日

実験内容: 鳥居へのモチーフの彫刻を行わずにSCP-2524-JPの手順を実行する。

要員: D-19986

結果: 何も起こらず、シチューも生成されなかった。異常現象は確認されなかったものの、手順実行中にD-19986が「そこら中から視線を感じる」と報告した。実験終了後もこの症状は継続しており、経過を観察予定。

補遺: 2018年12月17日。経過観察中だったD-19986が照明設備の配線を用いて自殺を図りました。実験との関連性は不明です。

実験記録-2524-JP-13

日付: 2018年12月25日

実験内容: オシリスをモチーフにした物以外の鳥居への彫刻をせずにSCP-2524-JPの手順を実行する。

要員: D-21133

結果: 次の手順に移った37秒後に突如としてD-21133の肉体が硬直。その後、上半身が発火し下肢を残して崩壊した。

補遺: 後の解剖によりD-21133の下肢には火傷の痕跡が見られないことが確認されました。燃焼部と下肢とのつなぎ目には溶断されたような痕跡が観察されています。

実験記録-2524-JP-19

日付: 2018年12月31日

実験内容: 遠隔操作ロボットによってSCP-2524-JPの手順を実行する。

要員: なし。

結果: 手順を完遂したにも関わらずシチューは生成されなかった。他の異常現象も確認されなかった。

実験記録-2524-JP-24

日付: 2019年1月14日

実験内容: "1975年3月19日午後8時24分以降に生まれたヒト"を用いずにSCP-2524-JPの手順を実行する。

要員: D-15553

結果: [編集済み]。
結果的に観測史上最大規模の爆発が発生。仮設サイト-8193-β施設の63%が消滅した。詳細は観測設備の破壊により未測定であるものの、衛星画像から爆発規模は[編集済み]であったと推測されている。また、周辺海域約2kmに渡って、総量約120tに及ぶ由来不明の大量の血液が流出した。これらの血液を解析した結果、血液は実験に従事していたD-15553と同様のDNAを持つことが判明した。D-15553の血液が何らかの原因で複製、または生成されたものと推測される。なお、周辺海域からシチューの成分、具材は発見されなかった。

補遺2: 2021年2月24日。クックパッド上に新たに投稿されたSCP-2524-JPにSCP-2524-JPを実行したと思われる存在からのコメント(つくれぽ)が投稿されました。以下は投稿されたコメントです。

しちゅ

らみあーママ*さんのつくれぽ
2018年に旅先の岩手で作った時は金とか石油が足り無かったので代わりにヒトを多めに入れたらシチューの濁流ができて失敗しちゃいましたが今回は上手く行きました!ヒトの投入量を増やしてアレンジしてみましたがとても美味しかったです(*´艸`*)♡

この投稿者は2018年9月3日の事案を引き起こした人物と同一人物である可能性が疑われています。サイバー技術班によってこの投稿者の特定と追跡が試みられていますが、現在まで身元特定は成されていません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。