SCP-2525-JP
rating: +45+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2525-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 世界で発売されている全ての電話機には監視装置が埋め込まれており、各地の財団施設で電話通信を監視しています。SCP-2525-JPへの接続条件が満たしやすい天候の地域における通話は特に注意深い監視の対象となり、受話者に着信が通知されずに通話が開始された時点で、SCP-2525-JPとの通話が疑われます。上記の事例が確認された場合は近傍の財団施設から収容チームを急派し、SCP-2525-JPとの通話が確認された場合は発信者に記憶処理を施して開放してください。

説明: SCP-2525-JPは、極限定的な環境においてのみ通話を行うことができる電話交換局1です。以下の8つの条件を満たした状態で電話を発信した場合、およそ8~9%の確率でSCP-2525-JPに接続すると考えられています。

  • 発信者が何らかの建築物内部に存在する。
  • 建築物は、木造であり屋根材が金属である。
  • 発信者が建築物の開口部からおよそ半径3mの範囲内に存在する。
  • 上記範囲内に、ティーカップに淹れられたコーヒーが1杯存在する。
  • 室内に発信者以外の人物が存在しない。
  • [編集済み]
  • 屋外が1時間雨量4~6mmの雨天である。
  • 発信する時期が7月上旬から中旬である。

SCP-2525-JPへの発信に成功した場合、電話交換手2を自称する実体(SCP-2525-JP-A)が応答します。3種類のSCP-2525-JP-A実体(SCP-2525-JP-A-1~3)が確認されており、SCP-2525-JP-A-2およびSCP-2525-JP-A-3は財団に協力的な姿勢をとりますが、SCP-2525-JP-A-1は事務的な対応を徹底する傾向にあります。各通話試行において、応答するSCP-2525-JP-A実体はランダムで決定されると考えられています。

補遺2525-JP-1: SCP-2525-JP-A群の一覧

以下にSCP-2525-JP-A実体の特徴を列挙します。外見はSCP-2525-JP-A-3による証言を基軸として描写していますが、通話で得られた音響情報から一定の裏付けは取られており3、信憑性の高いものと判断されています。また全ての個体に共通する点として、地球上で使用される全ての言語を使用できると確認されています。古語・死語・[編集済み]・地球近傍に生息する知的生命体が用いる言語の使用を確認する実験は現在検討中です。

補遺2525-JP-2: インタビュー記録

以下に、SCP-2525-JP-A実体に対して行われたインタビュー記録を添付します。すべてのインタビューはSCP-2525-JPとの接続条件を特定する実験と並行して行われており、エージェント・猪力からエージェント・田郷への電話連絡という形で行われています。情報は得られたものの解析に直接寄与しなかった場合、及び情報がほとんど得られなかった場合5の記録は省略しています。また、SCP-2525-JP-Aとの通話ではない部分もあらかじめ省略しています。



補遺2525-JP-3: 事案記録

インタビュー記録2525-JP-7以降10回にわたって、インタビュー試行に対してSCP-2525-JP-A-2の応答が確認されませんでした。インタビュー試行2525-JP-17において、SCP-2525-JP-A-1に対してSCP-2525-JP-A-2の近況を質問したところ、「彼女は辞職しました。彼女の個人情報ですので、これ以上の回答は差し控えさせていただきます」との証言が得られました。

財団が、予期しない要因や過去のインタビューの不手際によってSCP-2525-JP-A-2に悪影響を及ぼした可能性が懸念され、またSCP-2525-JPの構成要素が部分的に欠如したとも判断されました。原因解明のため、より協力的なSCP-2525-JP-A-3に対してSCP-2525-JP-A-2の現状を問うインタビューの実行が審議され、可決されました。以下はその際の記録です。











特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。