SCP-2529-JP
rating: +20+x

アイテム番号: SCP-2529-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2529-JPはサイト-81██の大型標準収容ロッカーに車両盗難防止装置を取り付けて収容されます。担当研究員のSCP-2529-JP収容棟への立ち入りは認められていません。未収用のSCP-2529-JP実例発見時や統制下にない教育イベントの発生時は、直ちに機動部隊う-10("貞操隊")により教育イベントの終了およびオブジェクトの回収、SCP-2529-JP-A群への必要に応じたカウンセリング、記憶処理、カバーストーリーの流布が実施されます。SCP-2529-JPの実験の開始または終了には倫理委員会の承認と担当主任研究員による監督が必要であり、実験や移動の申請なしにSCP-2529-JPの車両盗難防止装置が解除された場合は直ちに担当研究員の指揮により機動部隊が出動します。また、SCP-2529-JP収容房を含むサイトでは業務上の過失および服務違反への処罰は担当主任研究員によって発令されます。

説明: SCP-2529-JPは認識汚染作用を有する一定の現象を発生させる車椅子です。SCP-2529-JPの構造は非異常性の市販品と概ね一致していますが、多数の錠前と鍵束を収納した小袋が結び付けられ、破壊耐性を有する革ベルトが座面・肘掛け・足置きなどに複数連結されている特徴を有します。また、SCP-2529-JPの背面部には以下の文言がプリントされたラベルが張り付けられています。

子供たちを育む為に、禁制の道具を! - 体罰選択の解放戦線より寄贈

Planed in Japan

SCP-2529-JPを保管する施設の敷地内で懲罰を行うことを宣言した際に、SCP-2529-JPの異常性は活性化します。懲罰執行者はごく自然な動作でSCP-2529-JPを持ち出し、懲罰対象者に脱衣してSCP-2529-JPに座るように指示します。その後執行者は対象者をSCP-2529-JPに付属するベルトで拘束し、さらにツク棒1に開けられた穴に錠前を通すことで第三者による開放を阻害します。なお、この錠前は備え付けの鍵束によって開錠できますが、鍵束および錠前を小袋から取り出すことが可能であるのは執行者のみです。

その後、対象者を拘束したSCP-2529-JPは講堂、通用口などの共用スペースに設置されます。対象者を衆目に晒す理由として、羞恥を与えることが懲罰の一環であると執行者は説明します。同様に懲罰の目撃者には対象者へ交流を図り退屈させないよう気遣う規定を伝達します。また、この期間中の飲食や排泄は施設内にいる対象者と親密な人物によって介助されます。懲罰の終了が執行者によって宣言され対象者が解放された段階でSCP-2529-JP固有の異常性は非活性化します。このような一連の行動は教育イベントと指定されています。教育イベントの継続期間は懲罰対象者の懲罰事由によって変化し、12時間が下限と推測されています。懲罰対象者が教育イベントの実施に反抗的な場合は特に継続期間が長大化する傾向にあり、統制下における最大拘束日数は████日間です。なお、教育イベントの中止は懲罰執行者への交渉によって可能であることが確認されています。

SCP-2529-JP-Aは教育イベントの立会人を含む全参加者です。SCP-2529-JP-AはSCP-2529-JPと同じ所在地にいる間はSCP-2529-JPの用途や使用手順を漠然と理解した振る舞いを行うことが確認されています。SCP-2529-JPの使用が本来の罰則規定に対し過剰である場合や対象者へ懲罰を与えること自体に不服がある場合にはSCP-2529-JP-Aは反感を露わにしますが、教育イベント実施からの自発的な逃亡や妨害、外部告発は放棄します。SCP-2529-JP-Aには教育イベントを経て学習意欲および運動意欲の向上が確認され、言動は一般的に優等生と評される品行方正な振る舞いへと変化していきます。また、第二次性徴が発現していない場合には精通・初潮が確認されます。この作用はいずれも心身の成熟化の特性を有しSCP-2529-JP-Aを反社会的行動から遠ざけ更生させる結果をもたらします。これは後述の発見経緯と併せて、SCP-2529-JPが未成年者の非行抑止の目的で製造されたという仮説を支持しています。なお、SCP-2529-JP-Aは教育イベント終了時点にて指導目的の乱暴に違和感や忌避感を抱かなくなることが確認されています。これにより、教育イベントの内容を当然の行動として認知するようになるため、SCP-2529-JP-Aは教育イベント後にSCP-2529-JPについて他者から言及されない限り周囲に発信することはありません。

SCP-2529-JPは██県██市の少年院で催された社会貢献活動にて財団の関心を引きました。支援団体のボランティアとして参加した財団エージェントは院内に教育イベント中のSCP-2529-JPを発見し、聞き込みの中でSCP-2529-JPの通常では暴力的と認識されるその使用法が施設内および聞き取り中の財団エージェント本人すら正規の指導法として違和感なく受け入れられていることが財団に報告されました。この報告を受けた財団研究員は認識改変や精神汚染を疑い、施設職員及び収容者へ記憶処理を実施しカバーストーリー『骨折の完治』を適用し懲罰対象者を解放させ、オブジェクトを回収しました。

補遺:事案SCP-2529-JP-01およびインタビュー記録SCP-2529-JP-01 - 20██/06/05

インタビュー記録2529-JP-01を受けた追加調査により、教育イベント発生時点で19歳未満のSCP-2529-JP-A(暫定的にSCP-2529-JP-A-Yと呼称)には感覚器の活性化、性行為への関心の強化が確認されています。この関心は元来抱いていた性嫌悪に関わらず発生し、関係の深化を目的とした対話を誘発します。また、感覚器の活性化には身体接触による快感の増大という副作用が付随し、これらの要因によりSCP-2529-JP-A-Yは心身ともに性的交流による充足を覚え、急速に依存が増長されます。なお、このSCP-2529-JP-A-Yの性的関心の増加現象は同時に発生する素行変容により表面化が回避されるため、事案発生時点までその性質の発見が遅れたと結論付けられています。このようなSCP-2529-JP-A-Yの思想や行動の変化は永続的であると推定されていますが、Cクラス記憶処理はSCP-2529-JP-A-Yの貞操観念を再学習させる程度まで向性行動感情を緩和させる事が報告されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。