SCP-2560-JP
rating: +54+x
blank.png
1630481401550.jpg

SCP-2560-JP内部

アイテム番号: SCP-2560-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2560-JPは収容が不可能ですが、カバーストーリー『回送運行』を適用させ、SCP-2560-JPを時刻表から削除し、乗車拒否の張り紙を貼ることで一般人の乗車を防いでいます。

説明: SCP-2560-JPは、██県██市██町に存在するバス停「██町」において発生する、バスに似た実体です。SCP-2560-JPは1月11日、2月23日、4月29日、5月5日、8月11日、9月20日、11月3日の13時53分にて突如出現し、14時18分にバス停「███駅」に到着した瞬間に消失します。SCP-2560-JPに人間(以下対象)が乗車した場合、SCP-2560-JPはバス停「███駅」まで停車せず、途中での乗車は現在までの実験において不可能であると判断されています。

SCP-2560-JPの異常性は、対象が乗車時に車窓から見える景色を認識した際に発生します。この際、車窓から見える景色は対象の過去に経験した出来事を俯瞰した風景に変化します。認識される景色は、対象が最も後悔した経験と認識している記憶が改変されたもので、多くの場合は後悔の原因となった人物の行動が事実と異なった形で投影されます1。対象が風景を認識すると、この風景に則した形で記憶や認識が改竄され、総じて満足感や多幸感に近い感情を示します。この感覚は降車後も持続し、繰り返し乗車したいと言う強い欲求を獲得します。

SCP-2560-JPには、運転手(以下SCP-2560-JP-1)を務める男性の人型実体が存在しており、一般的な成人男性と大差のない意思疎通が可能です。SCP-2560-JP-1は運転時にのみ覚醒し、それ以外の状態では常に睡眠状態である様子が確認されています。運転中のSCP-2560-JP-1は常に薄い笑みを浮かべており、SCP-2560-JP-1の表情を見た対象はその所感として「満ち足りた表情だった」「嬉しそうだった」と一様に評しています。

SCP-2560-JPは2017年11月█日、近隣住民が地元の警察署に「不可思議なバスに乗った」と言う旨の通報が複数件確認されたことがきっかけとなり、財団によって収容されました。調査の結果、警察署に通報した時期より半年前である5月5日に、SCP-2560-JPが出現していた地域ではバスが崖から転落する事故が発生していたことが判明しています。当事故の被害者は負傷者14名、死亡者1名が現在までに確認されていますが、該当する車体は現場から消失している等の異常な点が見られることから、詳細な事故の原因は不明です。通報の発生時期から、転落事故以降にSCP-2560-JPが発生していることなどから、転落した車体がSCP-2560-JPであると推測されます。

特筆すべき点として、地域住民への調査ではSCP-2560-JPを認識・乗車した人物は過去にも複数人存在していたものの、SCP-2560-JPに対して異常であると認識した人物や違和感を持つ人物は見られませんでした。これは後の実験により判明した、SCP-2560-JPの記憶改竄の異常性から派生したものではないかとの見解が研究班から提言されていますが、詳細は不明です。財団はSCP-2560-JPを認識していた人物の記憶処理を施し、現在の収容体制を確立しました。

補遺: Dクラス職員を用いたSCP-2560-JPの潜入記録と、SCP-2560-JP-1への接触記録です。Dクラス職員にはカメラと通信機を持参させています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。