SCP-2566-JP
RETURNPARADOX.jpg

回帰的な現実の在り方。

評価: +35+x

/* These two arguments are in a quirked-up CSS Module (rather than the main code block) so users can feed Wikidot variables into them. */
 
#header h1 a::before {
    content: "RCT-Δt";
    color: black;
}
 
#header h2 span::before {
    content: "Secure the Past. Contain the Present. Protect the Future.";
    color: black;
}
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}

時間異常部門より通達


要求されたアーカイブ記録は、時間異常部門の権限によって分類されています。貴方が適切なクリアランスを所持している場合、時間異常部門収容規定に基づき厳正にファイルを管理する必要があります。当該文書は参照用の目的で2035年まで保管されます。最新のファイル (SCP-2566-JP) を閲覧する場合は、端末の指示に従って読み進めてください。関連するドキュメントを含む全てのSCP-2566-JPファイルは、レベル5: 最高機密に指定されています。関連するプロジェクトに後見的支援が必要である場合、SCP-2566-JPファイルに関する全権限が付与されます。


終了済みのプロジェクトAUTOMATOSに関する全てのデータはアーカイブに保管され、計画責任者によって管理されます。後期的なプロジェクトに関する全ての提案はSCiP.NETを通じ、関係者によって審議されます。

適切な招待コードを確認しました。情報は保管されます。

ARCHIVE 1/2

Item#: {$item-number}
Level{$clearance}
Containment Class:
{$container-class}
Secondary Class:
{$secondary-class}
Disruption Class:
{$disruption-class}
Risk Class:
{$risk-class}
Item#: 2566-JP
LEVEL5
TOP-SECRET
収容クラス:
radix
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
notice

配属サイト 計画責任者
除外サイト-01, サイト-17 アテナ・アナスタサコス管理官
配属部門 計画指導者
時間異常部門, 戦術作戦司令部, 時空情報コミュニティ, 履歴継続性部門, 応用科学部門 プロスペル・ラングレー管理官, タデウス・シャンク博士

UNFIXABLE.jpg

サイト-17, 収容違反発生前の施設アルファ/SCP-2566-JP.

特別定義/RADIX: RADIXクラスのアノマリーは財団の統制体系に著しく干渉しています。RADIXクラスは標準のYESODクラスに代わり、ユダヤ教に厳密に関係しないアノマリーに定義されます。非標準RADIXプロトコルの明確な違反が発覚した場合、本件の担当である時間異常部門に報告するか、SCiP.NET標準の報告機能を通じて違反を報告してください。

特別収容プロトコル: SCP-2566-JPの更なる調査及び検証を目的として、サイト-17-施設アルファへの一切の侵入が禁止されます。戦術作戦司令部は本件に関わる現場検証や物品の回収を担当し、非常時には可能な限りの戦力を投入し対応します。サイト-17緊急参照施設において、本件に関係するあらゆる情報の共有と討議が進行中です。新規の情報が確認され次第、戦術作戦司令部のメンバーに緊急通達と評価基準の適用が行われ、現場の再評価が実施されます。現時点で確認されている以下の包括的な事象について、最終検証が進行中です。

  • 遡及的に構築された歴史上の矛盾点における検証
  • 承認済プロジェクトAUTOMATOSにおける証言および正確な記録の回収
  • 施設アルファに存在する断片的な記録の調査

最終評価が完了した後、RAISAアーカイブチームとの協力の下に情報の確実な保存と施設アルファの運用実験が開始されます。本件について何らかの異常事態が発生しない限り、必要外の実験や検証は行われません。時空情報コミュニティは現在、時間異常を発生させた直接的な原因とその関係者について調査を行っています。プライム-タイムライン.貴方を含む基底的な世界が存在する時間軸を指します。”時間軸”とは3次元的な構造に時間の要素が付与された次元構造を指します。の各年代を広域にわたって観察し、現在の時間異常が発生した根源的な影響を追求します。必要に応じて - コミュニティは一定のパラドックス.パラドックスとは、正しそうに見える前提と妥当性ある推論から、論理的に矛盾する結論が得られる事を指す言葉です。例示として - 一般的に容認される前提から、その見解に反する不確実的な結論が得られるのなら - それはパラドックスです。しかし本報告書において、例示的な意味を込めた”因果違反”の意味としても用いられます。事象を無視し、本件に関わる重大な時間異常の無力化を行います。財団内部に敵対的な存在が介入している可能性を考慮し、時間異常部門は財団の統制体系にアクセス可能となっています。容疑者は即座に確保され、内部審判部門による判決が下されます。

ALICE_pPb_event.jpg

SCP-2566-JP-A, -B, -Cの同時実行による現実子の衝突実験。

説明: SCP-2566-JPは、サイト-17地下施設-アルファに存在する財団の固有兵器です。2005年に時間異常部門とサイト-17の連携によって建造され、プロジェクトAUTOMATOSの指揮下で現在まで運用が続けられています。SCP-2566-JPは時間的な異常をもたらし、特定の地点から情報を遡及的に抹消する事が可能でした.より正確には、特定の地点から情報を初期化し、全ての事象を無制限に回帰させるものです。。該当の機能は財団によって効果的に活用されており、2015年2月12日のある時点まで問題なく稼働していました。プロジェクトAUTOMATOSは2003年に開始された最高機密の作戦であり、タイムライン全域における大規模な時間異常を修正することを目的として始動しました。本兵器は解明された異常なシステムによって構成されています。システムは以下の通りです。

  • SCP-2566-JP-A: ボール-スクラントン・オムニバース概念写像ユニット(Ball-Scranton Omnibus Conceptual Mapping Unit)。逆因果の事象から算出される行動履歴をマッピングし、情報が逸脱しないように統制する機能を保有します。回帰に伴う情報の初期化に貢献します。
  • SCP-2566-JP-B: エヴァレット-アナスタサコス・ナラティビック生成ユニット(Everett-Anastasakos Narativik Generating Unit)。固定的な集合概念によって、財団は無制限の超常理論と物語的な構成能力を獲得します。確率論的な全ての逸脱事象に対応し、不和を恒久的に消去します。
  • SCP-2566-JP-C: ブレナン-シャンク・ソーモノミコン戦術神秘ユニット(Brennan-Xyank Thaumonomicon Tactical Theology Unit)。既存の天然性を再現し、神的な敵対存在の干渉を阻害します。付与された反ミーム性によってSCP-2566-JP-Cユニット自体が恒久的に秘匿されます。

SCP-2566-JPは現在も継続的に稼働していますが、厳密には不安定化しています。2月12日のある地点を境にこれらの異常が確認されたために - 該当の事象はOVERRUNイベントとして暫定的に定義されています。SCP-2566-JPが正常に運用できなくなったため、時間異常部門と監督評議会はこれの代替となる兵器について開発を検討しています。現時点で発生しているタイムライン上の破滅的なパラドックス事象はこれを阻害しており、SCP-2566-JPの復旧と対応が急がれています。これまでにSCP-2566-JPによって確保されていた統計的なコンセンサスは著しく崩壊し、ヴェールは正常な機能を失いつつあります。想定される副次的なインシデントが発生するまでに - SCP-2566-JPは迅速に復旧されるべきです。

[新着コメント]

RCTチームへようこそ、新人。君がこの装置の概要を知って - そしてこれを何だと思った?疑似的なタイムトラベリングか、或いは無際限のチャンス?君が思うことは真実であるが、客観的に事実ではない。君の渇望は期待されるものではないし、それは決して唯一の理論ではない。確実なのは - これが誤った方法である事だ。

[…]

補遺 2566-JP.I: プロジェクトAUTOMATOS

Langley-OVERRUN.jpg

プロスペル・ラングレー管理官

原理的な現実改変のプロセスに関する調査は、2003年にプロスペル・ラングレー管理官が原型となる問題提起を行ったことで始まりました。ラングレー管理官は現在の時間異常部門長であり、当時は異常科学に携わる本部サイトの研究者でした。反ミーム性の存在が遡及的に情報を抹消する不明な手段についての研究を行い、その方針は徐々に時間的な矛盾への対処に直結するようになりました。2003年に提起された資料の原型は、現在のプロジェクトAUTOMATOSにおける根幹的な機械の設計およびプロセスに応用されています。

反ミーム/遡及改変/過去改変/タイムパラドックス/数学的矛盾など、様々なエイリアスで呼称される該当の現象は、財団が様々な異常を収容する上での不明な要素であり、長期にわたって未解決の要素でした。SCP-2566-JPはこの問題を疑似的に解決および応用した存在であり、同時に危険性を内包する財団の固有兵器として保守され続けてきました。記録の空白化を誘発する一連のプロセスは実証され、現在の時間異常部門における根幹的な機密情報として保守されています。SCP-2566-JPは時間異常部門とサイト-17によって開発され、プロジェクトAUTOMATOSとして後にサイト-17へと引き継がれました。

2005年5月11日、SCP-2566-JPは監督評議会および下位評議会の承認に基づいて運用可能であると宣言されました。OVERRUNイベントによる不安定化が発生するまで運用は続行され、実証試験はSCP-2566-JP自体が明確に作用していることを証明しました。

[新着コメント]

ラングレー管理官は事の始まりから - 或いは全てにおいて自己高揚的だった。前任者が彼のために席を空けた時、前任者が築き上げた秩序が崩壊するのを感じた。彼は奇妙に魅了され - そしてそれらを奇跡と考えた。彼が財団で権力を行使するには、彼は幾分か利己的であり過ぎたのだ。彼の中核は悪に乱された。必要な全てでなく、不要な情報の全てを隠し通そうとした。明らかな愚行の本質は、彼自身が証明してくれた。

アノマリーは、彼が述べるパラドクスが全てでは無い。タイムラインの単なる脆弱性が次元を流入させるなら - その根源はどこに在る、と。彼自身は当然ながら問題に直面したが、彼は事実を否定した。”君の真実は事実より価値あるものか?”と問うのなら、彼はきっと”事実に見劣りする真実は無い”と答えるだろう。先にも述べたように - 君は彼を見てはならない。君には違う道があるからだ。

[…]

補遺 2566-JP.II: OVERRUNイベント

2015年2月12日に発生したOVERRUNイベントは、明確にSCP-2566-JPの異常な活性化を以て発生しました。前述のように、OVERRUNイベントはSCP-2566-JPの不安定化と多大な異常の包括的な呼称です。OVERRUNイベントの詳細について調査する目的で、財団は標準ドレグヨニ・プロトコルを実施しました。

[新着コメント]

強欲なるままに進む闇が、遂に光に触れたのだ。プレース管理官もまた、彼自身の研究に溺れた者だった。それが真実であるとして、彼は今もなお彷徨い続けるだろう。2566-JPの咆哮は長い時間の中で失われていたが、苦しむ人々は再びそれを押し上げた。この時こそ、我々の計画が間違っていたと知らされた瞬間であった。幸福への序曲は、我々の手によって歪められていたと。空想科学は強力であるが、実効的な範囲は彼等のデスク上に留まるものだ。元型の側面は断続的に彼らを苛み、蝕んでいった。人々の”死”こそが最もたるシンボルであり - そして影を作り出したのである。プレースの多数の可能性が存在したが、彼の選択は入り乱れた確立を否定した。彼の意志は確実なものであった。基底イテレーションの彼のパターンは、彼自身を破滅へと導いた。

[…]

補遺 2566-JP.III: 収容提起

補遺 2566-JP.IV: 延長された討議

日付: 2015年2月13日

出席者:

  • アテナ・アナスタサコス管理官 - 応用科学部門長, プロジェクトAUTOMATOS監督者
  • プロスペル・ラングレー管理官 - RCTディレクター, プロジェクトAUTOMATOS高位スタッフ
  • ウェイブラー・デイビス博士 - 時空間異常観測部門幹部役職代理, プロジェクトAUTOMATOS高位スタッフ
  • タデウス・シャンク博士 - 時間異常部門長, プロジェクトAUTOMATOS技術顧問
  • プレースホルダー・マクドクトラート管理官 - 超常技術長
  • ハーロウ・ジュヌヴィエーヴ管理官 - 概念物理学部門長

付記: 当該ビデオトランスクリプションは、プロジェクトAUTOMATOSの結果について審議する目的および最終評価のために - 主要な6名のメンバーによって開催された会議の記録です。


<転写開始>

シャンク博士: — 何度も確認した筈ですよ、管理官。私が実行したサブルーチンに狂いはありませんでした。SCP-2566-JPの根幹的なシステムではなく、他に異常があったと思いますが。

ラングレー管理官: 今ようやく思い出してきたところだ。君に全ての責任を押し付けるつもりは無いさ。ただ、この考え方は - ジーザス、全くもって気持ち悪い。プレース、君が作ったマニュアルにある”ナラティブ要素を含む対抗概念的な思考体系”というのは、これで合っているのか?

プレースホルダー管理官: ええ。時間異常を回避するために - そうではないという否定的な見解から思考することで、名辞的な矛盾を回避できます。マニュアルは口頭でも説明した覚えがありますが、覚えていらっしゃいませんか?

ラングレー管理官: 私が薬物耐性の無い人間だというのは知っているのに、無理矢理に記憶補強材を飲ませたのは誰だと思ってるんだ?お陰様で2時間はトイレに籠っていたと聞いたぞ。

アナスタサコス管理官: お喋りする余裕はあるのですね?

<沈黙。>

ラングレー管理官: アテナ殿、皆が皆、疲弊しているんだ。真剣に議論を進行させたいのは分かるが、懐疑的な見解から取り組んでも何も進行しない。

アナスタサコス管理官: お言葉ですが - 文字通り時間が限られているのです。身近な異変に気付いていないのですか?ラングレー管理官、貴方がここに来るまでの間に軽微な収容違反に遭遇したのを知っています。

ラングレー管理官: ここじゃ良くある事だ。

ジュヌヴィエーヴ管理官: ここは除外サイトです、如何なる神秘も受け付けない真空であって、異常が蔓延る世界じゃない。100分の1にも満たない確率が実際に起き得る状態なんです。それを議論するのでは無かったのですか?

<沈黙。>

ラングレー管理官: (合間を置いて) - 分かった、すまない。— シャンク、”空虚”についての解析は進んでいるか?

シャンク博士: 簡潔に言って - 空虚は私たち自身です。本来のタイムラインにおいて存在する筈であった - 我々の行動ルーチンのシルエットです。映像に映っているのは私たちの虚像であって、本来そこに存在しなかった。宇宙規模で観測した場合に、私たち4人の行動だけが明確に問題であった事を示唆しています。結果的に - そこにあるべき記録は消去され、”埋め合わせ”として確率論的に考えうる別パターンが代入されました。

プレースホルダー管理官: 行動上の問題とは何です?

シャンク博士: はっきりとは理解できません。知っての通り私たちの記憶には空白期間が存在しており、既存の行動が遡及的に抹消されたことに起因すると思われます。ただ - 現場の幾つかの物証から、ある程度の推測は可能です。現場に残存していた血痕はDNA鑑定の結果、アテナ管理官とラングレー管理官のものであると確認されました。心当たりは?

アナスタサコス管理官: いいえ。

ラングレー管理官: 今は無いが - 仮に行動ルーチンが抹消されていたとして、私が実際にはそこで負傷していたと?

シャンク博士: 可能性は否定できません。

プレースホルダー管理官: その、SCP-2566-JPがあらゆる情報を特定の時間まで巻き戻せるとして、あらゆる事象を正確にロールバック処理することが本当に可能なのですか?私が思うに - それはエントロピーの法則に反しています。

シャンク博士: 仰る通りで、実際にSCP-2566-JPにそのような機能はないと考えられていました - 今までは。異常は常に不確定要素を持ちます。仮定が事実であるのなら、SCP-2566-JPは実際に - 全ての事象を巻き戻ししている事になります。そしてそれは、エントロピーの法則を逸脱しています。

ウェイブラー博士: 待ってください - 全ての?それは文字通りの意味ですか?

シャンク博士: 厳密には違うと思います。数学的連続性を有する物質においてはそれが可能であるでしょうし、素粒子がそれを証明しています。しかし - 数学的連続性を持たない存在においては、理論が異なります。物質的な存在の情報を破壊することは、数学的連続性が保証されないために矛盾を生じさせます。これは知っての通りパラドックスであり、OVERRUNイベントにおいて実際に発生した事象です。そして最も特筆すべき問題点は、根幹的な知性の有無に関わる改変が起きた場合 - それは深刻なパラドックスを確実に発生させる事です。

ウェイブラー博士: 知性の有無 - それは生物学的な意味合いであるのなら、生死の情報という事ですね。

ラングレー管理官: ええと、ちょっと待ってくれ。つまり何が言いたい?

シャンク博士: まさに仮説が真実であるとして、OVERRUNイベントの直前に私たち4人が死亡していたのなら - SCP-2566-JPによって修復された世界において、4人の生物的な情報が矛盾します。SCP-2566-JPの視点からすれば、4人はもとより生きていると認識されるためです。世界は矛盾した前提で構築されたために、パラドックスを内包しています。私たちはあの瞬間、既に死亡していたと考えられます。

<沈黙。>

ラングレー管理官: 具体的な対策は。

シャンク博士: 反復によるSCP-2566-JPの再修復が行われるためには、現状の複雑な矛盾を全て解消する必要があります。根源的かつ効果的な解消法は - 矛盾した存在、つまりは私たち4人が再び死亡することです。

<転写終了>


付記: SCP-2566-JPの収容を完全なものとするため、暫定的な収容計画が進行中です。

[新着コメント]

財団がパラドクスについて検証したのは、これが初めての事では無かった。少なくとも、我々は異常の根源が何であるかを漠然と理解しており、そして巨視的な何かがあるとのみ認知していた。人々の半分は戦慄し、それを異常と呼んだ。もう半分はそれらに魅了され、神々の神秘であると思い込んだ。重要なのは、それを脅威として認知しているかという事である。財団の多くが戦慄的な神秘を認識し、あらゆる可能性を探り、そして均衡を保った。均衡は脆く - 内部からそれらが打ち砕かれるまで、我々は薄っぺらなヴェールの下に安全を保証されていたのである。大義は確実な忠誠の為に、そして秩序の為に存在する。彼らが秩序を破った時、彼らが従っていたものは何であったのだろうか?

[…]

ARCHIVE 2/2

Item#: {$item-number}
Level{$clearance}
Containment Class:
{$container-class}
Secondary Class:
{$secondary-class}
Disruption Class:
{$disruption-class}
Risk Class:
{$risk-class}
Item#: 2566-JP
LEVEL5
TOP-SECRET
収容クラス:
apollyon
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
critical

戦術的対抗プロトコル: SCP-2566-JPの継続した臨界状態を抑制する目的で、あらゆる戦術兵器を用いた外部からの干渉が許容されます。機動派遣部隊Yew-3("デッドマンズ・ドリーム")のメンバーには、国際データベースを経由して生存している知性存在の探索が指示されています。機動部隊Yew-1("ディアボロス")は本件に従事する全ての職員の安全確保に努め、異常が確認された場合には上層部への報告が義務付けられます。現時点で確認されている以下の包括的な事象について、最終検証が進行中です。

  • プロジェクトAUTOMATOSにおける最終評価
  • 施設アルファに存在する断片的な記録の調査

以下の人物は迅速に、確実に破壊される必要があります。

  • アテナ・アナスタサコス管理官
  • プロスペル・ラングレー管理官
  • ウェイブラー・デイビス博士
  • プレースホルダー・マクドクトラート管理官

SCP-2566-JPの継続的な即発臨界状態が施設の耐久を超過し、完全な炉心溶融によってシステムを陥落させるまでに最大10日の猶予があると見込まれています。プロジェクトAUTOMATOSの人員は可及的速やかに、SCP-2566-JPのシステムを回復させる必要があります。

SCP-2566-JP.

説明: SCP-2566-JPはプロジェクトAUTOMATOSにおける最終成果であり、財団の保有する高度な超常兵器です。OVERRUNイベントによってSCP-2566-JPが即発臨界状態に陥るまで、SCP-2566-JPは正常に稼働していました。現在のSCP-2566-JPは、サイト-17 施設アルファを中心に、無制限に拡張されるカスケード.いくつも連鎖的に、あるいは段階的に物事が生じる様子を表す言葉。的な収容違反を引き起こしています。SCP-2566-JPが引き起こした回帰的なパラドックスは物理的環境を激甚に破壊し、財団の統制体系に深刻な被害をもたらしました。主要な悪性のエントロピーは4体のヒト実体を原因として拡張し続けています。2015年2月13日以降、該当の人物らはパラドックスの阻害によって段階的に記憶を喪失し始めました。タイムライン全域における該当者の行動に異常が発生しており、周辺環境に極めて深刻な異常が発生しています。基本的な対策のため、該当者は迅速に確保される必要があります。

補遺 2566-JP.V: 超過勤務

日付: 2015年2月13日

出席者:

  • アテナ・アナスタサコス管理官 - 応用科学部門長, プロジェクトAUTOMATOS監督者
  • プロスペル・ラングレー管理官 - RCTディレクター, プロジェクトAUTOMATOS高位スタッフ
  • ウェイブラー・デイビス博士 - 時空間異常観測部門幹部役職代理, プロジェクトAUTOMATOS高位スタッフ
  • タデウス・シャンク博士 - 時間異常部門長, プロジェクトAUTOMATOS技術顧問
  • プレースホルダー・マクドクトラート管理官 - 超常技術長
  • ハーロウ・ジュヌヴィエーヴ管理官 - 概念物理学部門長

<転写開始>

シャンク博士: ご存じかと思いますが、SCP-2566-JPの正確なメカニズムについて理解しているのは私たちのみです。そして、SCP-2566-JPによって破壊された情報は、それ自体が過去のものになる程 - 可逆圧縮され、正確な回帰が不可能になっていきます。情報は激甚に破壊され、タイムラインがより不完全になっているのですよ。

ウェイブラー博士: 分かっていますよ、しかし —

ラングレー管理官: その為に我々が死ぬ事は、SCP-2566-JPを制御可能な人間が存在しなくなる事を意味する。全ての予備的な文書は検証が不完全であるし - 増してや我々に容易く死すべきと言うのか?誓って言うがそれは不可能だ!

ジュヌヴィエーヴ管理官: 落ち着いてください。現状において何をすべきか、冷静に考慮すべきです。

シャンク博士: その通りです。本質的に私たちが死亡する事が意味があるのか、真偽は正確ではないのですから。

プレースホルダー管理官: — 先程から気になっているのですが、オーバーラン・イベント自体は生死情報の矛盾によって発生したのでしょう?SCP-2566-JPは断続的に、これまで長期にわたって運用され続けてきました。その中で同様の事件が起こっていてもおかしくありませんよ。

ジュヌヴィエーヴ管理官: 最も合理的な考えですし、実際にそうだと思います。しかし決定的に異なるのは - その人々は恐らく既に死んでいる事です。

プレースホルダー管理官: パラドックスを回避できたと?

ジュヌヴィエーヴ管理官: はい。彼らが何らかの要因で死亡してしまえば、パラドックスは回避されます。

シャンク博士: 本当に不可解な理由ですが - その理論で言うと、SCP-2566-JPはこれまで断続的に、臨界状態に陥っていた可能性があります - 実際に記録が無いだけで。不本意ながら、生物が確実に死亡することはSCP-2566-JPにとって - 論理的なのでしょう。しかし深刻な問題として - 今回は状況が異なる可能性が高いです。実のところオーバーラン・イベント直前の運用では、前例の無い規模のパラドックスを収容しました。きわめて致命的な、許容量を超過する崩壊現象です。それ自体が破滅的なK-クラスシナリオに相当する可能性すらありました。

ウェイブラー博士: 現状確認されている - SCP-2566-JPの即発臨界状態はそれに依存するものですね?なら、修復しなければなりませんが —

ジュヌヴィエーヴ管理官: 問題はそこです。複雑化したパラドックスの影響で、我々も具体的に”何が影響するか”を理解していません。SCP-2566-JPの臨界状態は我々の生死情報に依存し、それを修復する試みは矛盾点が存在する限り不可能です。

ラングレー管理官: ひ - 1つ思う節がある。パラドックスが拡大して不完全化した世界の中でSCP-2566-JPを破壊するのはどうだろうか?技術的にもパラドックス事象を引き起こしているのは、時間異常を内包するSCP-2566-JP自体だからだ。

シャンク博士: 何を - 正気ですか?SCP-2566-JPが唯一パラドックス事象を正しく理解しており、確実に修復する手段を有するメカニズムを内包しているのですよ。アレを破壊してしまえば、世界規模で起こり得るパラドックス事象は拡大し続け - やがてタイムライン自体を崩壊させる。そうすれば何も再構築できないのですよ。

ウェイブラー博士: 再構築 - 待て、何?大前提としてこのタイムライン自体を完全に修復するのではないのですか?

シャンク博士: 自体 - というのは?

ウェイブラー博士: (狼狽える) - 私たち自身です。私たちの生物的な情報を完全に復元すると - 貴方はそう言っていなかったか?

シャンク博士: 聞く必要なんて無かった、それを知ったらきっとこうなるのが自明の理でしょう。

ウェイブラー博士: 私がいつ - この計画に命を捧げると誓いましたか?純粋な貢献を望んでいたのなら貴方は - 隠すべきじゃなかった。

アナスタサコス管理官: 冷静になりなさい、ウェイブラー。貴方たちもですよ、シャンク、ラングレー。もとより我々に逃げ道など無いと知っているでしょう?今できることは現実を保護する事です。確率的に復元されるタイムラインが全く異なる存在だとしても - それは敗北ではない、そのはずです。結果を結論付けるのは我々では無いでしょう?現実を回帰させる手段を開発した我々は - 今こそ成すべき事があると思いますよ。

<沈黙。>

ウェイブラー博士: ジーザス……

シャンク博士: SCP-2566-JPの機能は、消去したタイムラインの情報を参照して再構築する事です。全ての事象を消去し、バラバラになった世界を組みなおす - それがSCP-2566-JPです。1つの異常な特異点を封じ込めるために、全てを断続的に破壊しています。

ウェイブラー博士: それは - 本質的に有限のタイムラインから、無理矢理にバグを除去しているという事ですね?財団の多くの人々はそれを知らずに - ただ違反の記録を消去し続けて、何か恐ろしいことが起きている事だけを理解するのですね。

アナスタサコス管理官: 少し、違いますね。本来ならば回避不可能な事態でも、全てを復元し直して復旧するのです。有限のタイムラインを実質的に恒常的な存在へと改変し、そして - 永久に正常を守り抜くための理論です。全ての希望を捨て去るよりも - 無駄な戦争で多くの命を犠牲にするよりも - 人々の無制限の犠牲は、もっと素晴らしいことだと思います。

<沈黙。>

ウェイブラー博士: — 我々は死ぬ必要がありますか?

ジュヌヴィエーヴ管理官: 恐らくは。しかし、突発的に矛盾を解消する事が全ての解決になるとは限りません。その為にバックアップを作成する必要がありますね。並行タイムラインへの分岐を作成して、最低限の維持可能性を維持しましょう。

プレースホルダー管理官: しかし - 待っていただけますか?SCP-2566-JPの状態がいつまで保持できるかは不確定的なのです。修復システムを構築して、矛盾点を先に解消すべきではないでしょうか。

ラングレー管理官: プレース - 状況を理解しているのか?それに君だって死ぬ事を理解しているのか?

プレースホルダー管理官: 議論を引き摺る必要がありますか?

ラングレー管理官: それは — オーケイ、好きにしろ。だが私は許容できない。

プレースホルダー管理官: 勝手にしてください。何れ貴方も同じ道を辿る。

アナスタサコス管理官: 両者を尊重しましょう。可能な限り分岐を作成し、矛盾点は先に解消する。合理的でしょう?

ウェイブラー博士: — ええ、はい。それでいきましょう。志は同じです。

<転写終了>


付記: オペレーション・ディザスターを参照してください。

補遺 2566-JP.VI: オペレーションDISASTER

アーカイブ文書の閲覧が完了しました。

時間異常部門より通達


時間異常部門は、回帰性のパラドックス事象を追跡し続けています。貴方の状態から可逆的な連続性を確認できませんでした - プライム-タイムラインは滞りなく進行しています。当該スロットナンバーへのアクセス権限を解禁しました。終了済みのオペレーションDISASTERに関する全てのデータは、収容チームによる回収の後RAISAアーカイブに保管され、計画責任者であるハーロウ・ジュヌヴィエーヴ管理官によって管理されます。後期的なプロジェクトに関する全ての提案はSCiP.NETを通じ、関係者によって審議されます。

SCP-2566-JPファイルを正常に展開しました。要求に応じ、反復へのアクセスが許可されます。

Item#: {$item-number}
Level{$clearance}
Containment Class:
{$container-class}
Secondary Class:
{$secondary-class}
Disruption Class:
{$disruption-class}
Risk Class:
{$risk-class}
Item#: 2566-JP
LEVEL5
TOP-SECRET
収容クラス:
thaumiel
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
notice

配属サイト 計画責任者
サイト-17, 除外サイト-01 ハーロウ・ジュヌヴィエーヴ管理官
配属部門 計画指導者
時間異常部門 [アクセスが保留されました]

特別収容プロトコル: SCP-2566-JPの可逆的な再現性は財団にとって有益であるため、SCP-2566-JPは常に最高機密のアノマリーとして分類されます。SCP-2566-JPはサイト-17 施設アルファに収容され、異常の研究-拡張-安定化を目的として試験的な運用が継続されます。回収された予備的なドキュメントは保安上の目的より保管され、必要に応じて配布されます。スロットナンバー2566-JPへのアクセスが行われた場合、要求に応じて予備文書が転送されます。本報告書の最終管理は、流動的に活動するRCTチーム-Δtの権限に配属されます。時間異常部門は監督評議会(SCPOVERCOM)によって管理され、静的なアクセス資格と潜在的に正当な権限が付与されます。時間異常部門は財団内部に偽装された異常な組織としてカバーされ、その実態を完全に秘匿されます。

説明: SCP-2566-JPは、サイト-17地下施設-アルファに存在する財団の固有兵器です。2005年に時間異常部門とサイト-17の連携によって建造され、プロジェクトAUTOMATOSの指揮下で現在まで運用が続けられています。SCP-2566-JPの保有する大規模な改変能力は回帰的な現実の再構築を行うことが可能であり、特定の情報を遡及的に破壊する事が可能でした。放棄されたタイムラインにおける財団はSCP-2566-JPと同様の兵器を断続的に運用していました。回帰的な再構築に内包され、結果的にSCP-2566-JPの本質が露見するまで、該当タイムラインにおいてSCP-2566-JPは運用され続けました。結果的にはSCP-2566-JPを除く異常存在の完全な根絶に成功していたと考えられます。しかし同時に - SCP-2566-JPの断続的な運用は、それ自体がパラドックスに内包される事による致命的なタイムラインの崩壊を招く危険性を有していました。

現行サイクルにおける財団は、SCP-2566-JPをより効果的な条件の下に運用しています。研究中のプロジェクトAUTOMATOSにおける前提としての条件は以下のようになっています。

  • 小規模かつ、人類文明に過干渉しない低脅威のパラドックス事象は完全に無視される。
  • 既存のアノマリーを抹消する目的で、SCP-2566-JPの機能を活用してはならない。
  • 回避不可能かつ破滅的な事象が発生した場合、SCP-2566-JPの機能を最大限に活用して事象を回避する事に専念する。

最新リビジョンのプロジェクトAUTOMATOSは、これらの前提を基により安定化されたSCP-2566-JPの運用方法に従っています。SCP-2566-JPを積極的に運用する必要はなく、現時点でSCP-2566-JPは低優先度の作戦となっています。

[新着コメント]

タイムラインは不確実である。人間の理外の理論であるからこそ実在し、そして我々を内包する。我々がそれを認知するということは、統計的な理論の崩壊を示し - 何よりも秩序を乱す行いである。RCT-Δtは秩序を守るべくして存在している - チームは常に忠実であり、犯罪的な禁忌を犯すべきではないのだ。

プレースホルダー・マクドクトラート、彼は法を逸脱し - そして理外の逆鱗に触れた。彼が彷徨う空虚な現実は、無際限に彼の罪を憎むことであろう。彼の行いは合理的でなかった。最後まで名を奪われた者、常に罪を憎んだ者。

アテナ・アナスタサコス、彼女は最後まで野心的な研究家であった。常に理性的であり、潜在的には恐怖を抱えていた。誰よりも死を恐れ、そして最後まで罪を拒んだ。彼女は永久に裁かれるであろう - 彼女が望んだ無限の時間の中で、認知のない空虚の中で。

ウェイブラー・デイビス、礎として不完全であった者。彼は情動的であり、常に恐怖に囚われていただろう。彼の心は闇に鎖され、腐り果てるまで生に悶えていた。彼の夢が揺り篭に揺られるままに、”幸あれ”と告げられる日を待っていた。そして彼はここに眠り、安らかな死を迎える。

プロスペル・ラングレー、原初の悪にして最大の貢献者。彼の無慈悲は未来を切り開き、そして大いなる代償を残しただろう。彼を取り巻く無際限の怨嗟は、彼を二度と許さないであろう。死に取り巻かれ、その苦しみの果てに絶頂を失うまで、彼は常に傲慢であり続けた。

君は過ちを犯すだろうか?しかし未来は不確実である。私がそれを見届けたにも拘らず、君は異なる道を歩むかもしれない。君が何を望もうとも、私は君を二度と見ないだろう。願わくば - 我々の秩序の為に、君に幸あらん事を祈る。

タデウス・シャンク


評価: +35+x
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。