SCP-2609-JP
rating: +14+x
chair-statue-museum-macro-artistic-landmark-1248318-pxhere.com.jpg

SCP-2609-JP。

アイテム番号: SCP-2609-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2609-JPは千田家邸ダイニングに以前まで千田家で使われていた通りに配置されます。特別な固定は必要ありません。週に1回プロテクターを装着したD-クラス職員に清掃と点検をさせてください。

千田家では、SCP-2609-JPに関連した事件が連続して発生しています。警察等の外部の人物の頻繁な介入はSCP-2609-JPの収容の妨げとなる可能性があるため、SCP-2609-JP関連の事件の捜査は警察に潜入した財団エージェントによってのみ行われるようにしてください。SCP-2609-JPに座る千田家関係者千田 俊英氏はSCP-2609-JP限定のEクラス職員として採用します。

説明: SCP-2609-JPは華美な装飾が施された椅子です。外見上木製であるとみられていますが、不明な破壊耐性を持っており、材質についての調査の試みは成功していません。

SCP-2609-JPは人間が座って約10秒が経過すると、右後脚部を軸として時計回りに回転し始めます。人間以外の生物や物体を乗せても回転せず、損傷しないことを除いて非異常の椅子と同じ挙動を見せます。座った人間は多くの場合SCP-2609-JPの回転の勢いに耐えきれずSCP-2609-JPから転落します。また千田邸敷地内からSCP-2609-JPを出そうとした場合まるで抵抗するかように激しく動き回ります。千田家への聞き取り調査の結果、千田家の当主とその後継者(当主が生前に後継として選んだ場合)のみがSCP-2609-JPに振り落とされずに座ることが可能であることが判明しました。当主の選別条件についての詳細は現在調査中ですが、「『千田家血族の中で最も能力が高い者』を選んでいる」説が濃厚です。

千田家との関係:千田 育枝せんだ いくえ氏(当時69歳)の代までは、千田家の歴代当主は先代当主の遺言あるいはSCP-2609-JPによって決定されていました。またSCP-2609-JPは千田家において当主の遺言と同列の決定権を持つものとして扱われており、またSCP-2609-JPについての情報は当主に近い関係を持つ千田家親族内のみに伝えられていました。この千田家の方針により、SCP-2609-JPは実質的な自己収容状態に置かれていたものと推定されます。

発見までの経緯: 2020/7/25、千田 育枝氏の孫である千田 俊英せんだ としひろ氏(当時5歳)の「自分の家には車輪もないのに勝手に回る椅子がある」という発言が別件で幼稚園に潜入していた財団エージェントの関心を引き、千田家への調査の結果、SCP-2609-JPの存在と育枝氏が最近死亡していた事実が判明しました。

 また同時期に千田 育枝氏と血縁関係にある市川 健太郎いちかわ けんたろう 氏(当時39歳)と市川 亮いちかわ りょう氏(当時14歳)が千田家邸にてSCP-2609-JPに関連したと思しきトラブルで死亡していることが判明したことも財団による調査の根拠になっています。

以下は千田 育枝氏の主な関係者です。財団の調査より以前にSCP-2609-JPに座っている人物はその結果も記載しています。
氏名 性別 年齢 職業 千田 育枝さんとの続柄 備考 成否
千田 育枝 69(享年) 建設会社会長 本人 2020/7/20、SCP-2609-JPに座った状態で死亡しているのが発見された。司法解剖の結果、死因は服毒自殺であることが判明。肺に持病があったが、死因との因果関係はない。
市川 匠いちかわ たくみ 64 製薬会社幹部 失敗
千田 文子せんだ ふみこ 43 無職 長女 失敗
千田 晃せんだ あきら 40 建設会社社長 長男 失敗
千田 真貴子せんだ まきこ 41 警備会社社長 息子の妻 晃氏の妻 失敗
千田 静香せんだ しずか 36 会社員 次女 千田家邸には住んでおらず、2020/8/6に合流した。 座っていない
千田 由香里せんだ ゆかり 34(享年) 専業主婦 三女 2020/3/25に夫の隆彦たかひこ氏(当時35歳)と共に交通事故で死亡している。また千田家と直接の血縁関係はなく、4歳当時に孤児院にいたところを引き取られた。 座っていない
市川 健太郎 39(享年) 会社員 匠氏の長男。近所の少年野球チームでコーチをしていた。2020/7/23に市川 亮氏と共に死亡している。 失敗
千田 直樹せんだ なおき 22 モデル 真貴子氏の長男。 失敗
千田 美姫せんだ みき 21 大学生 真貴子氏の長女。 失敗
千田 雄介せんだ ゆうすけ 17 高校生 晃氏の長男。問題行動を繰り返す生徒として、通学している高校の近辺では有名。 失敗
市川 亮 14(享年) 中学生 健太郎氏の長男。2020/7/23に健太郎氏と共に死亡している。 失敗
千田 俊英 5 幼稚園児 由香里氏の長男。 現在親権は晃氏が所有。 座っていない

以下はSCP-2609-JPの調査の過程で行った晃氏へのインタビュー記録です。

2020/8/2、SCP-2609-JPの異常性を確かめるために千田家に了承を得て実験を行いました。以下はその実験記録です。

実験記録-2609-JP-1
実験目的: 異常性の確認
被験者: D-8129
実験内容: SCP-2609-JPに普通に座る
結果: D-8129が座って10秒後、SCP-2609-JPは時計回りに回転し始め、その2秒後にD-8129は転落した。
コメント: この後Dクラス3人で試したけど一緒でした。やっぱり千田家の人間でないと無理なんでしょうね。回転の方向やスピードは4人で差はありませんでした。

実験記録-2609-JP-5
実験目的: 異常性の確認
被験者: D-8146
実験内容: D-8146をSCP-2609-JPに座らせ、振り落とされないように可能な限り踏ん張らせる。
結果: D-8146が座って10秒後、SCP-2609-JPは回転し始めた。D-8146が踏ん張りなかなか転落しなかったためか、回転して30秒が経過した時点でSCP-2609-JPはさらに高速で回転し始めた。1分ほど経過した後、D-8146は転落した。

実験記録-2609-JP-6
実験目的: 異常性の確認
被験者: D-8137
実験内容: D-8137の両手両足をSCP-2609-JPに固定して座らせる。
結果: 回転して30秒が経過した時点までは実験記録-5と同じ。さらに3分間ほど回転したのち、D-8137は拘束具とともに振り落とされた。

千田家では、SCP-2609-JPに関連した事件が連続して発生しています。警察等の外部の人物の頻繁な介入はSCP-2609-JPの収容の妨げとなる可能性があるため、情報の取扱いに注意してください。以下はその事件の記録です。

2020/8/9、千田家邸の整理作業中、俊英氏がSCP-2609-JPに座りました。SCP-2609-JPの反応がなかったため、千田家の資産は形式上全て俊英氏に贈与されることとなり、俊英氏の親権を所持している晃氏が管理をすることとなりました。現在は財団の管理下に置かれています。この決定までの経緯は以下の事件記録-2を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。